■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

菅総理が「官邸のアイヒマン」北村滋NSS局長を”クビ”に!自らの”腹心”秋葉剛男外務事務次官が就任へ!安倍前総理に内部情報を流していることを警戒か!?

菅総理が「官邸のアイヒマン」北村滋NSS局長を”クビ”に!自らの”腹心”秋葉剛男外務事務次官が就任へ!安倍前総理に内部情報を流していることを警戒か!?
Pocket

どんなにゅーす?

菅総理が、(安倍政権下で諜報部門のトップに君臨し続けてきた)北村滋国家安全保障局(NSS)局長を辞任させ、後任に自らの腹心である秋葉剛男外務事務次官を就任させる方針であることが報じられた。

北村氏が安倍前総理に内部情報を漏らしていることを菅総理が警戒しているとの報道もある中、北村氏は退官後にコンサル会社を立ち上げる予定だという。

秋葉剛男・外務事務次官をNSS局長に起用へ 北村滋氏は退任

菅義偉首相は外交・安全保障政策の司令塔役となる国家安全保障局(NSS)局長に、秋葉剛男外務事務次官(62)を起用する方針を固めた。警察庁出身の北村滋現局長(64)は退任する。8月上旬にも正式発令する。秋葉氏のNSS局長就任で、外交政策における外務省の存在感が一層高まりそうだ。後任の外務次官には森健良外務審議官(政務担当)が就く。

政府関係者が18日明らかにした。NSSは首相が議長を務め、主要閣僚で構成する国家安全保障会議(日本版NSC)の事務局で、第2次安倍晋三内閣時代の2014年1月に発足。初代局長は元外務次官の谷内正太郎氏が務め、19年9月、元警察官僚で内閣情報官を務めた北村氏が2代目局長に就いていた。

~省略~

【Yahoo!ニュース(毎日新聞) 2021.6.19.】

菅首相“恐怖人事”で延命足場固め「官邸のアイヒマン」粛清

~省略~

「秋葉次官は菅総理の信頼が厚い腹心です。NSSは政府の外交・防衛政策の司令塔で、局長の北村氏は長く内閣情報官を務めたインテリジェンスのプロ。国内や政界のさまざまな情報も入手して、自民1強を支えてきた功労者です。ただ“チーム安倍”の一員だから、官邸内の情報や外交機密を安倍さんに漏らしているんじゃないかと菅総理は疑心暗鬼でした」(官邸関係者)

この人事は、秋の自民党総裁選に向けて動きを活発化させる安倍前首相と菅首相の関係にも影響を与えそうだ。官邸を追い出される北村氏は、個人でコンサルティング会社を設立する方針だという。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.6.22.】

安倍政権下で諜報部門のトップに君臨し続けてきた警察官僚・北村滋氏がクビに!後任は菅総理が深い信頼を寄せる外務省の秋葉事務次官が就任!

安倍前総理が全幅の信頼を置いてきた今井(尚哉)さんに続いて、ついに北村さんも粛清ですか。
日本の安全保障部門(NSS)のトップが、警察庁出身者から外務省出身者に代わるとのことで、これは結構大きな変化が生じていきそうな予感がするわ。

日刊ゲンダイでは、菅総理が、安倍前総理と非常に親しい関係にある北村氏が安倍氏に内部情報を漏らしていることを常々警戒していたことを伝えているけど、どちらにしても「官邸のアイヒマン」が去ることになったのは結構デカいね。

北村氏のヤバさについては、当サイトでも事あるごとに詳しく伝えてきたし、最も思い出されるのは、日本国内のネット監視システムについて話し合うために2012年に密かに渡米し、米国のグローバル諜報組織・NSAに極秘訪問していたこと、そして、安倍前総理と秘書官同然の関係を持っていた元TBSの山口敬之氏が、自身の「レイプ逮捕潰し疑惑」が週刊新潮に報じられる寸前に、北村氏にアドバイスを求めていたことが(山口氏の誤爆送信によって)バレた一件も印象的だった。

こうした動きを見ても、安倍前総理と菅総理は一見すると一心同体のように見えるものの、その中身や系統は全く違っていて、その核心部分では対立し合っていることが仄見えてくるわ。

菅総理の出自や血筋に関しては、安倍前総理と比べても不思議なほどに情報が少なく、謎に包まれている部分が多いのが実情だけど、これらについていくらか詳しく触れている情報をみつけた。

【重要】菅義偉の黒い正体 ― スパイ、田布施システム、MI6、小渕恵三との繋がり…ジェームズ斉藤が暴露

~省略~

ジェームズ斉藤(以下、ジェームズ) 下馬評通り、菅さんが総理になりましたね。早速日経の世論調査が出てましたが、支持率74%はさすがに異常です。発足したばかりで何日も経っていない政権を10人中7人以上が支持するのはありえないです。さすがは取材権を餌にアメとムチを駆使して、マスコミに菅グループと呼ばれる御用ジャーナリストを養成している菅さんらしい老獪さです。今後日本の主要メディアは壊死するでしょう。

──いきなり辛口ですね。菅さんって一見地味な方ですが、実際どういう人なんですか?

ジェームズ はっきり言えば怖いですよ。まず、彼のお父さんの菅和三郎さんですけど、謎多き人物で、公開情報のほとんどがフェイクです。私の情報源である永田町のドンの方々の話によると、和三郎氏は●●●●の調査部出身です。これはググっても出てきません。

──えっ! ●●●●の調査部って!

ジェームズ そうです。バリバリの諜報機関です。特に、菅総理のお父さんが所属した時期は第二次世界大戦の真っ最中で、関東軍肝入りの特務機関の頃でしたから、世界最高レベルのエージェントばかり揃っていました。ゾルゲ事件の尾崎秀実や大川周明なんかもいましたので。ただ、日本が戦争で負けたあとは、秋田で暮らし始めたんです。

──秋田で!?

ジェームズ そうです。日本の政治家の中枢がそうであるように(詳しくはこちらの記事を参照)、菅さんのお父さんも朝鮮半島の人ですから。正確に言うと日本統治下の朝鮮で生まれているので日本の臣民とも言えますが。菅総理の名前菅義偉が朝鮮名みたいなのもそういう理由です。これで「すが・よしひで」と読むのは珍しいですからね。また、菅和三郎氏も「和」という、「清和会」の由来にも通じる朝鮮系が好む漢字を使っています。しかもあえて音読みとなっているので、朝鮮系であることはほぼ間違いないところです。

──ということは今回の総理も、例の永田町独特の朝鮮系の人ということなんですね。

ジェームズ いえ、朝鮮系は朝鮮系なんですけど、安倍(晋三)さん、今井(尚弥)さん、二階(俊博)さんみたいな人たちとは違います。彼らは李氏朝鮮の両班出身で、要は貴族です。彼らの祖先が渡日した時期も古く、ほとんどが豊臣秀吉の朝鮮出兵時に日本に連れられてきた人たちです。一方、菅総理は戦後日本に来た家系なのでかなり新参者です。

だからこそ、お父さんは切った張ったの世界でのし上がれる特務機関に入っていったんだと思います。そこで人脈を作った。そして諜報活動の経験が功を奏してか、新天地秋田ですぐにイチゴ栽培の事業に成功し、後に地方議員にもなり、地元の「ドン」になっていきます。

ですから、菅総理はそこそこの名望家の出ということになるのですが、永田町でいう「両班朝鮮系」ではありませんので、そっちのグループには入れません。じゃあ、何系かという最初の派閥が宏池会の小渕派なんです。この小渕(恵三)さんと最初につながったというのが菅総理らしいんです。実は、小渕さんは菅総理と一緒の諜報系の人なんですよ。

~省略~

【TOCANA 2020.9.27.】

確かに、「菅義偉」って、何だか朝鮮っぽい名前で前から違和感を感じていたけど、こうした背景があるのだとしたら、安倍前総理と表面的には仲良しに見えても、その奥底では反目し合っているっていうのも良く分かるような気がするし、菅さんが総理に就任することをジャパンハンドラーに許してもらえた理由も分かる気がしてくるわ。

この情報が本当か分からないけど、でも、菅総理が「竹中&アトキンソンの操り人形」として、安倍前総理の路線を受け継いでグローバリズム(中小企業や労働環境の破壊など)を一心不乱で進めているのも、日本国民の命や健康を重大な危険にさらす東京五輪の強行を海の向こうの連中と一緒になって推し進めてきたのも、全て辻褄が合う感じだね。

恐らく、今回の人事においても様々な”裏”があるのだろうし、米国の諜報組織と非常に深い関係を持ってきた北村氏が粛清されたことで、一体どんな「変化」が生じてくるのか、よく見ていく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事