■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【長期政権に?】NHK世論調査、岸田政権の支持率が7Pアップの57%に!不支持率は20%に低下し、政権発足以降最高に!コロナ対応も6割以上が「評価できる」!

【長期政権に?】NHK世論調査、岸田政権の支持率が7Pアップの57%に!不支持率は20%に低下し、政権発足以降最高に!コロナ対応も6割以上が「評価できる」!
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年1月8日~11日に行なわれたNHK世論調査において、岸田政権の支持率が7ポイントアップの57%に不支持率は6ポイント下がって20%に低下し、過去最高の支持率に達している。

コロナ対応の是非についても、計6割以上が「評価できる」と回答しており、岸田政権が安定化・長期化に向かう様相を呈している。

岸田内閣「支持」7ポイント上がり57%「不支持」20% 世論調査

~省略~

NHKは、今月8日から3日間、全国の18歳以上を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。
調査の対象となったのは、2150人で、57%にあたる1219人から回答を得ました。

岸田内閣を「支持する」と答えた人は先月より7ポイント上がって57%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は、6ポイント下がって20%でした。

~省略~

新型コロナウイルスをめぐる政府のこれまでの対応を、どの程度評価するか尋ねたところ、「大いに評価する」が7%、「ある程度評価する」が58%、「あまり評価しない」が24%、「まったく評価しない」が7%でした。

政府は、沖縄、山口、広島の3つの県に「まん延防止等重点措置」を適用することを決めました。
重点措置の対象をほかの地域にも拡大する必要があると思うか聞いたところ、「必要がある」が58%、「必要はない」が29%でした。

~省略~

来月から始まる北京オリンピックとパラリンピックについて、アメリカなどが外交的ボイコットを表明する中、日本政府が閣僚など政府の関係者を派遣しないと決めたことについて聞いたところ、「適切だ」が61%、「適切ではない」が21%でした。

【NHK NEWS WEB 2022.1.11.】

(立憲の自滅劇もあり)岸田政権が安定・長期化の様相に!新型コロナ対応も多くの国民が支持!

私たちも年初の「ゆるねと通信」において岸田政権が長期政権になる可能性を予測しましたが、早速、世論調査でその兆候を示す数字が出てきました。
中でも、コロナ対応や北京五輪における政府関係者の派遣見送りについても多くの国民が支持しているようで、このままでは、次の参院選で野党がさらに敗北する可能性が高いでしょう。

いやあ、先の安倍・菅政権があまりにも酷すぎたがために、日本語がまともに話せて最低限の政治判断が出来る総理が就任しただけで、かなり大きく支持が上がってしまったね。
このボクでさえも、岸田総理になっていくらかマシな状況になったと思うし、返す返すも、安倍政権で三権分立の仕組みが徹底的に破壊されては、菅政権では史上最悪の東京五輪強行によるデルタパニックの発生によって、日本国家の根幹が壊滅的な損傷を受けてしまったことの大きさを感じる。

ボクでさえもそんな風に感じているのだから、国民の多くの岸田総理を支持するようになるのはある意味自然な流れだと思うし、改めて、去年の衆院選で野党共闘が敗北に終わってしまったダメージのデカさを痛感しているよ。

全くです。
あそこまでの「またとない大チャンス」を自ら潰してしまった当時の立憲幹部の罪は計り知れないほど重いですし、次の参院選までいくらも時間が無い中で、これは相当な「挽回策」を行なわない限り、野党が勝利することは限りなく難しいでしょう。

立憲といえば、年が明けてもなお「CLP騒動」などでさらに多くの失望や怒りを買ってしまったし、現状考えられる打開策は「れいわのさらなる躍進」くらいしかなさそうだけど、しかし、現実問題として、次の参院選でれいわが野党第一党になるのは困難の極みだろうからね。
ネット上を見ても、岸田総理を強く嫌っているのは、非自民層よりもむしろ安倍シンパが目立っている(実際のところ、岸田総理は表から見えないところで”安倍潰し工作”にせっせと励んでいる感じだし、岸田総理がよほどの失策をしない限り、この先さらに支持率がじわじわ上がっていって、場合によっては数年にわたって政権が続いていく可能性も出てきたように感じているよ。

安倍・菅氏と違って、放言や失言による炎上もほとんどないでしょうからね。
この先、さらに野党の衰退が進んでいっては、マイルドな形でグローバリズムの深化が進んでいき、気が付いたら憲法改悪やワクチン義務化までやられてしまっている展開も有り得ますし、今後の政治の動きやコロナ危機がどうなっていくのか、注意深く行方を見守っていく必要がありそうです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事