■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【話をよく聞く男?】岸田総理、一転して「現金10万円年内一括給付」の可能性示す!「5万円クーポン」に国民や自治体から批判が殺到したことを受け!

【話をよく聞く男?】岸田総理、一転して「現金10万円年内一括給付」の可能性示す!「5万円クーポン」に国民や自治体から批判が殺到したことを受け!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年12月13日の衆院予算委員会において、岸田総理が、18歳以下の国民への給付について、年内に「一括10万円給付」に応じる可能性を示唆した。

・「5万円分のクーポン配布」に国民に加えて自治体からも批判が集まっている中、岸田総理は「自治体の判断によって、地域の実情に応じて、選択肢として年内からでも先行分のこの5万円の給付と合わせて、10万円の現金を一括で給付する形で対策を実行することも、選択肢の一つとして是非加えたいと思っている」と答弁。この先の政府の決定に注目が集まっている。

10万円給付、首相「現金で年内一括給付も選択肢」 方針転換示す

岸田文雄首相は13日の衆院予算委員会の答弁で、18歳以下の子どもへの10万円相当の給付について、「自治体の判断によって地域の実情に応じて選択肢として年内からでも先行分のこの5万円の給付と合わせて10万円の現金を一括で給付する形で対策を実行することも選択肢の一つとしてぜひ加えたいと思っている」と語った。

これまで政府は5万円分を来春にクーポンで支給とするとし、10万円を全額現金給付するためには「特別な事由」が必要だと都道府県に説明。首相の答弁は、これまでの政府方針の転換を図る考えを示した形だ。

~省略~

【朝日新聞 2021.12.13.】

岸田総理が(自治体&国民からの)批判を受け「年内現金一括給付」の可能性示すも、すでに2021年も残り僅かに!

出典:Twitter(@kishida230)

18歳以下への「現金5万円+クーポン5万円」の給付に多くの批判や不満が噴出している中、岸田総理が一転して「年内一括10万円給付」の方針を示しました。
当初の方針から比べるとかなりマシになりましたが、すでに2021年も終わりが近い中、果たしてこれが実現できるのでしょうか。

ほほう。
これを「話を聞く男の本領発揮」と捉えればいいのか、ここにきて中々思いきったことを言い出したものだね。
本来であれば、一番最初の段階でこれを即断すればよかったはずだけれども、今回の動きの背景には一体どんなものがあるのだろう

初めから「クーポン5万円」に対して国民がある程度の批判が集まることを想定していた上で、「国民の声をよく聞く姿」をアピールするために、前もって現金一括給付についてもある程度の準備を進めていた可能性もありますし、果たして、大きな混乱やトラブルもなく、これがスムーズに実行されるのかどうかが見ものですね。

岸田総理が本当に「国民の声をよく聞く男」なのであれば、「全国民への一括10万円給付」についても、多くの国民が強く要求すれば何らかの対応があるかもしれないし、改めて日本国民は、「大きな声を出して意見や要求をどんどん発信していくことの大切さ」について、今まで以上によく認識する必要があるのではないかな。

いずれにしましても、「国民に寄り添った政治」を少しでも実行するためには、グローバリストからの凄まじい圧力や脅しを命懸けではねのけるほどの覚悟とモラル・良識が必要不可欠ですし、岸田総理の今後の動きについて、これまで以上に注意深くウォッチしていこうと思います。

そうだね。
とにかくも、現金一括給付への道筋が付いたのは朗報だし、果たしてこれがスムーズに実現できるのか、よく見ていくとしよう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事