■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【まさに底なし】岸田総理の最側近、木原誠二官房副長官が統一教会関連団体から推薦状を受け取り!さらに教団関連団体が「誠世会」なる後援組織を設立!

【まさに底なし】岸田総理の最側近、木原誠二官房副長官が統一教会関連団体から推薦状を受け取り!さらに教団関連団体が「誠世会」なる後援組織を設立!
Pocket

どんなにゅーす?

・岸田総理の最側近で「影の総理」ともいわれる木原誠二官房副長官について、今になって反日朝鮮カルト・統一教会との深い繋がりが明らかになった。

・報道によると、木原氏は教団関連団体から推薦状を受け取っていた上に、教団関係者によって「誠世会」なる後援組織が設立されていたといい、木原氏は教団との繋がりについて国会で「選挙活動の支援はない」などと抗弁した。

《写真入手》統一教会関連団体が木原誠二官房副長官の後援会設立の疑い 自民党市議が証言

統一教会(現世界平和統一家庭連合)の関連団体が、岸田首相の最側近・木原誠二官房副長官の後援会の設立に関与していた疑いがあることが、「週刊文春」の取材でわかった。木原氏の地元自民党市議が証言した。

木原氏は東京20区(東村山市、東久留米市ほか)の選出で、当選5回。財務官僚出身で、岸田首相の最側近として知られている。

統一教会との関係を巡っては、9月12日夜、関連団体主催のパネルディスカッションに2016年12月に参加していたとのコメントを発表した。木原氏は自民党の点検に対し、教団側との接点を報告していなかった。外部からの指摘で記憶が「呼び覚まされた」という。

だが、木原氏と教団側との接点はそれだけではなかった。

野島武夫東久留米市議がフェイスブックにアップした写真によれば、木原氏は2019年9月29日、地元・東久留米市の「成美教育文化会館」で行われた会合(演題は「緊迫する東アジア情勢と日本の進路」)に参加している。

主催は「誠世会」、後援は「西東京平和大使協議会」と「アジアと日本の平和と安全を守る東京都フォーラム」。「平和大使協議会」は統一教会の関連団体「UPF(天宙平和連合)」の付設機関、「アジアと日本の平和と安全を守る東京都フォーラム」は、教団の関連団体が主催しているとして木原氏が党に追加報告を行った2016年12月のイベント主催団体と同一の名称だ。

また、野島氏は木原氏の衆院選で東久留米の選対総務部長を務める一方、自身も平和大使協議会から「平和大使」に任命されるなど、教団側との関わりが深い。

では、「誠世会」とはどんな団体なのか。政治団体として届け出はなく、任意団体と見られる。

野島氏に話を聞いた。

――誠世会とはどんな団体か?

「誠世会は、木原誠二さんを応援する団体だと思うんです。だから、平和大使協議会のメンバー、その中でも木原さんを応援する人たちが作った組織だと思うんですね」

――名前の由来は?

「木原先生の名前(誠二)から文字を取ったのと、世界平和の『世』と伺ったことがあります。(設立は)2回ぐらい前の選挙からあると思いますけど」

――2017年?

「そうだと思います」

~省略~

西東京平和大使協議会の事務局長に事実関係の確認を求めたが、期日までに回答は無かった。

木原氏に事実関係の確認を求めたところ、弁護士を通じて以下のような回答があった。

~省略~

前述のとおり、『誠世会』は、地元有志の方々の会で、議員が国政報告会を行う小規模な会合と認識しておりましたので、事務所としては、党による調査の報告対象となるべきものではないと判断しております。

平和大使協議会、旧統一教会関連団体から、組織的な支援を受けたことはありませんし、今後も、組織的なものと確認された場合、事務所として、当該支援を受けるつもりはありません。もっとも、これまで、事務所において、個々の支援者の方々に信仰を問い、信仰如何によって支持を受けるか否かの選別を実施したことはありません。反社チェックとは異なり、このような査問が憲法上の重大な問題を伴うものであることは、ご高承のとおりであります」

~省略~

【文春オンライン 2022.9.21.】

木原副長官、教団側から推薦状 岸田首相最側近、野党は辞任要求―旧統一教会

木原誠二官房副長官は28日の衆院内閣委員会で、2021年10月の前回衆院選の際に、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連団体「世界平和連合」から推薦状を受け取っていたと明らかにした。共産党の塩川鉄也氏への答弁。

木原氏は16年12月に教会関連団体主催の会合に参加していたことが既に分かっている。旧統一教会問題で苦慮する首相にとって、最側近の木原氏に新たな接点が発覚したことは、展開次第で政権の火種になる可能性もある。
推薦状の受け取りについて、木原氏は委員会で「私、スタッフ、事務所を含めて当時の認識が不足していた。正しくなかった。深く反省し、おわびしたい」と陳謝。一方で「具体的に政策要望などを受けたことはない」と述べ、推薦確認書への署名は否定した。

~省略~

【時事通信 2022.10.28.】

旧統一教会“癒着”で岸田政権またも大揺れ…最側近の木原官房副長官もズブズブだった

~省略~

旧統一教会サイドと推薦確認書を交わしていたのは、消費者担当副大臣を兼務する大串正樹デジタル副大臣と、山田賢司外務副大臣。いずれも、昨年10月の衆院解散前に署名していた。憲法改正実現や安全保障体制の強化、同性婚合法化への慎重な対応など、教団が関連団体と一体化して掲げる政策の推進を約束したということだ。井出庸生文科副大臣は提示されたものの、署名は断ったという。

政権にとって、瀬戸際大臣を上回るインパクトなのが木原氏だ。28日の衆院内閣委員会で共産党の塩川鉄也議員から追及され、推薦状の受け取りについて「私、スタッフ、事務所を含めて当時の認識が不足していた。正しくなかった。深く反省し、おわびしたい」と認めた。直近4回の衆院選で受け取った約1000枚の推薦状のリストをチェックし、確認したという。推薦確認書への署名は否定し、「具体的に政策要望などを受けたことはない」などと釈明したが、推薦状をもらったのは、すでに官邸の要である官房副長官の任に就いていた昨秋の衆院選のタイミング。脇が甘かった、じゃ済まされない。

2016年12月に関連団体主催の会合に参加していたことも、報道を受けて「記憶が呼び覚まされた」とか言って渋々認めたくらいだから、濃厚な接点が後から後から出てくる可能性がある。

~省略~

中川貴元総務政務官は昨秋の衆院選で教団関係者に電話かけを手伝ってもらい、井野俊郎防衛副大臣は16年11月に後援会メンバーだった教団関係者を法務省内を見学させた可能性を認めている。

木原氏は今や懐かしい小泉チルドレンの1人。野党から寝返った井出氏と当選1回の中川氏を除く3人は安倍チルドレンだ。地盤が弱い連中が教団票にすがった構図が浮かび上がる。

【日刊ゲンダイ 2022.10.29.】

このままでは「第二の山際」に!?「岸田総理を操る男」との異名を持つ木原官房副長官も統一教会カルトと深いつながり!

出典:TBS NEWS DIG

ついに、統一教会カルトとの癒着問題が岸田総理の最側近にまで波及してきたわっ!
管理人さんが指摘してきた通りに、まさに自民党そのものが「統一教会の政治部門」との実態がますます鮮明に浮かび上がってきたわね!

統一教会の元締め的存在だった安倍元総理は消されたものの、すでにおじいさんの岸信介の時代に自民党そのものが統一教会によって隅々まで侵食されたことで、今や派閥を問わずに統一教会と切っても切れない関係性が築かれてしまっているのが現状だ。

木原官房副長官と言えば、「岸田総理を操る男」との異名を持つほどの現政権の重要人物だし、そんな木原氏が今頃になって教団との深い繋がりがバレてきた中で、この先まさに「第二の山際」と化していく可能性がある。

やっぱり、山際氏以外にも、教団とズブズブの繋がりを持っていながらこれを必死に隠し続けている悪徳売国政治屋がたくさん存在しているみたいねっ!
岸田派の木原官房副長官ですらここまで教団と密接な関係を築いてしまっているのだから、もう自民党自体が完全に終わってることの何よりの証だわ!

まったくだ。
自民党自体が「統一教会の政治部門」同然なのだから、こんな自民党が教団と縁を切ることなんて初めから不可能だし、岸田総理が「『関係を断つ』という方針を徹底していきたい」などとアピールしていること自体、実に滑稽であり、この総理の世迷い言をまともに鵜呑みにする人がいるのであれば、相当なお人好しか深刻な思考停止状態なのではないかな。

岸田総理自身も教団関係者と仲良く写っているツーショット写真が流出しているし、この先総理と教団とのより具体的な繋がりが発覚する可能性も大いにありそうだわ!

少なからず、木原氏が「第二の山際」になれば、岸田政権そのものが存続不能な状態になる可能性が大きいし、岸田総理自身に決定的な教団との繋がりが明らかになれば、この政権も完全に終わりだろう。
しかし、その後も自民党が政権に居座り続ける限り、この先も反日朝鮮カルトが日本の政治や一般社会に強大な悪影響を及ぼし続けることは未来永劫変わりないし、どちらにしても、国民の力で自民党本体を壊滅に追い込まない限り、日本国民が”大量死”を免れる術は他にないのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事