【驚き】飯森裕次郎容疑者を「息子に酷似」と通報した父は、関西テレビの飯森睦尚常務取締役だった!?(吹田拳銃強奪)

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年6月17日、大阪・吹田市で発生した「警察襲撃・拳銃強奪事件」について飯森裕次郎容疑者が箕面市内で逮捕された中で、「息子に酷似している」と警察に通報した父親が、カンテレ(関西テレビ)の常務取締役を務めている飯森睦尚氏だったとの情報が出ており、ネットで話題になっている。

逃走中の拳銃強奪犯を大阪府箕面市の山中で逮捕 父親は在阪メディア役員

~省略~

飯森容疑者を早朝、現場近くの阪急電車「関大前駅」で目撃した住民はこう話す。

「急に男の声で、うぉーという声が聞こえてなんだろうと思った。そのままホームに行き、電車を待っていると、何人もの人が『救急車を呼んで』『すごい血だ』などと言いながら、駅に駆け込んできた。改札近くに戻ったら警官らしき人が倒れていて周囲を人が囲んでいた。すごい血が流れていた。うぉーと叫んでいた男がやったんじゃないかと思った」

防犯ビデオの公開直後から飯森容疑者の目撃情報が相次いだ。

「公開すると、現場から2kmほど先にあるホテルに泊まった男ではないかという情報が寄せられた。調べると6月14日にチェックインした。防犯カメラの男に似ており、挙動不審でチェックインの際も周囲をきょろきょろと見まわしていたという。その後、報道を見た飯森容疑者の父親から、『うちの息子ではないか』との情報が寄せられた。さらに調べると、現場近くの量販店で血が付いた服を着て男が現れて衣料品を買っていたことが判明した」(捜査関係者)

飯森容疑者の生まれは神奈川県だが、育ちは現場近くの大阪府吹田市だという。通報した父親は在阪メディア役員で、飯森容疑者は大阪府内の中学校から公立高校に進み、東京の大学に進学したという。

飯森容疑者は大学を卒業後、東北地方の民放テレビ局で仕事をしたが、なじめずに辞めたという。

その後、東京に戻り、事件直前までは品川区内のゴルフ練習場で仕事をしていたという。職場の同僚がこう話す。

~省略~

【AERA dot. 2019.6.17.】

「吹田拳銃強奪事件」で逮捕された飯森容疑者、筋金入りのエリート家庭(上流家庭)だった!?

出典:Twitter(@kantele)

「吹田拳銃強奪事件」で逮捕された飯森裕次郎容疑者だけど、彼の家が筋金入りのエリート家庭だった可能性が高まっているわ。
ネット上では、前日の時点からお父さんがカンテレ(関西テレビ)のお偉いさんとの噂が持ち上がっていたけど、AERA dot.さんの記事を読む限り、どうやらこの話は本当だったみたいね。

カンテレと言えば、少し前に山本太郎議員を貶める内容の「悪徳洗脳番組」を放送したフジテレビ系列の関西の大手テレビ局だけど、飯森容疑者のお父さんが、このカンテレの常務取締役とはね…。
息子の裕次郎容疑者も、父親のコネだったか、同じくフジテレビ系列の岩手めんこいテレビに就職したらしいけど、馴染むことが出来ずにほどなくして退職したとのことだ。

そんな父親が、テレビで報じられた防犯カメラの画像を見て、すぐに「うちの息子だ」とピンときたということは、恐らく、以前より息子が多くの問題を抱えており、父親自身が「いずれ息子が大きな問題を起こすかもしれない」なんて、心の中で密かに案じていた可能性もあるかもしれないね。

先日に発生した、元農水事務次官による殺人事件とも少し共通している部分があるような気がするし、その前の川崎で発生した無差別殺傷事件も、それぞれの事件における犯行の引き金になっているような気もしないでもないわ。
とにかく、今回の事件も、多くの闇が介在しているものであるのは間違いなさそうね。

うむ…。
いずれも、日本が抱えている様々な「政治的・社会的な歪みや闇」が影響している事件であるように思えるし、大手マスコミがどこまでこの事件に内部に切り込むことが出来るか、今後の報道を気をつけて見ていくとしよう。

Pocket

 

おススメ記事&広告