■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

「新型コロナワクチン接種と死亡事例の因果関係を考える勉強会」で、福島雅典京大名誉教授が”ワクチンゴリ押し”政府と御用医師らに怒り!「即刻(今の)評価委員を解散してワクチン被害の全数調査をせよ」

「新型コロナワクチン接種と死亡事例の因果関係を考える勉強会」で、福島雅典京大名誉教授が”ワクチンゴリ押し”政府と御用医師らに怒り!「即刻(今の)評価委員を解散してワクチン被害の全数調査をせよ」
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年11月25日、「子どもへのワクチン接種とワクチン後遺症を考える超党派議員連盟」(会長:川田龍平立憲民主参院議員)が「新型コロナワクチン接種と死亡事例の因果関係を考える勉強会」を開催。出席した福島雅典京大名誉教授が、国策としてmRNAワクチンを強く推奨してきた政府や御用医師らを強く批判した。

福島名誉教授は「このワクチンは最初から科学的にミスコンセプションである」「ワクチンの被害が全世界的に問題になっている」「心血管障害や脳に異常を起こす危険性がある」と指摘した上で「このワクチンによる全数被害調査を今すぐ行うべき」と強く提言。ネット上でも新型コロナワクチン被害の全容解明を求める声が強まっている。

良心ある医師・学者からmRNAワクチンの危険性を訴える声が続々!世界中で被害を訴える声と訴訟の嵐が起こり始めた中、政府と御用学者が隠蔽とウソを突き通すことは不可能!

出典:Twitter(@Trilliana_z)

やはり、ここに来て確実に流れが変わってきたようですね。
立憲・川田龍平議員が会長を務める「子どもへのワクチン接種とワクチン後遺症を考える超党派議員連盟」が勉強会を開催。
その場で、福島雅典京大名誉教授が、mRNAワクチンの実態を痛烈に指摘しつつ、被害の実態を徹底的に葬り去ろうとしている政府や御用学者らを徹底批判しました。

福島教授が指摘している全てがど正論だし、やはり、mRNAワクチンは、打てば打つほど人間の免疫機能をおかしくさせ、新型コロナに感染しやすくなるばかりか、あらゆる病気に罹りやすくなるという認識が世界の医療界でも広がりつつあるみたいだね。
まさに全ての日本国民が視聴するべき非常に重要な内容だけど、例によってYouTubeはこの動画を速攻で削除したみたいだし、こうした状況をみても、GoogleやYouTubeは一般市民の敵であり、グローバル製薬企業やその上に控える世界政府主義のグローバル資本家勢力と一心同体である実態がよく分かるね。

世界支配層が地球規模で進めている「グローバル共産主義」の柱となるのが、これらGoogleやYouTubeなどの巨大民間IT企業であり、すでにこれまで存在していた国境や政府体は限りなく形骸化しつつあり、世界中の一般市民がこれらのグローバル企業体に生殺与奪を握られている実情があります。

でも、世界中の人々は確実にこうしたディストピアへの警戒感を強めつつあり、実際、GoogleやYouTubeに代わる「自由やプライバシーを保障した良質なネットコンテンツ」が次々と生み出されてきているし、このまま世界の人々がグローバル共産主義にNOを突きつけていけば、彼らの計画を破綻させることは十分に可能だと思っている。
とにかくも、ボクたち自身の命と健康を守り、民主主義システムを守り続けていくには、まずは一人でも多くの人々が新型コロナ危機の実態とワクチンの正体をよく知り、グローバル支配層とその傀儡政府による「人口削減&市民完全奴隷化計画」の凶悪犯罪行為を徹底的に糾弾していくことが必要不可欠だ。

はい。
そのためには、福島名誉教授のような、「人々の命と健康を守る」という「まっとうな使命感と良心を持つ学者」を支援し支えていくことが特に重要ですし、この勢いでワクチン被害者の救済と一刻も早い接種の中止を実現させるべく頑張ってまいりましょう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事