富士山登山をニコ生配信していた「TEDZU」さんが滑落、行方不明に!閲覧者から通報相次ぎ救助隊が捜索するも発見できず…ネットでは悪質な「なりすまし動画」も出現!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年10月28日、ニコニコ生放送で富士山登山を生配信していた男性「TEDZU」さんが、頂上付近で足を滑らせ転落する事故が発生。動画の閲覧者から通報が相次ぎ、警察の救助隊が捜索。頂上付近に滑落した後のようなものが見つかったものの、現時点で男性はまだ発見されていないという。

現在、富士山は深い雪に覆われ閉山になっており、ネット上では、事故の瞬間の映像が拡散され、様々な声が上がっている。

富士山に登る様子をライブ配信中に滑落か 山岳救助隊が捜索

~省略~

警察によりますと先月から閉山している富士山で28日、男性とみられる人が登山する様子を動画配信サイトでライブ配信していましたが、午後2時半ごろに滑落する様子が流れ、これを見ていた人たちから静岡県や山梨県の警察署に通報が相次ぎました。

警察は動画投稿サイト「YouTube」に掲載されていた映像などをもとにヘリコプターを出して確認したところ、頂上から7合目付近にかけての静岡県側の斜面に人が滑落したような跡が確認されました。

警察は遭難したおそれがあるとみて29日朝から山岳救助隊10人を派遣して捜索に当たりましたが見つからず、30日も行方を捜すことにしています。

映像を配信していた人の名前や住所などは特定されておらず、動画配信サイトのアカウントなどの確認を進めているということです。

映像では富士山の山頂付近一面に雪が積もり、配信している人が登山道を歩きながら「急ぐわ、剣ヶ峰へ」とか「指やばいけどスマホを操作しなきゃなんない」などと話す様子が確認できます。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2019.10.29.】

なぜこの時期に…ニコ生配信者、富士山で滑落か 「あっ、滑る」最後に動画はストップ

~省略~

「相当埋まってんだけど、雪で」と前進するが…

「指がやべえ!」。雪道を歩きながら、男性は、こう悲鳴を上げる。空気も薄いためか、吐く息も荒い。付近には、人の姿はなかった。

その一方、動画では、山頂付近の壮大な眺めが映し出される。足元に雲海が広がり、青空も見え、「すげ~この景色」とコメントが寄せられたほどだ。

しかし、男性は、寒さで指がかじかみ、余裕もないよう。グローブをした手を脇で温めながら前に進むが、今度は、足元がおぼつかなくなる。滑りそうになり、「危険、ちょっと危険」「斜度が30度ぐらいある」とこぼした。

それにもかかわらず、左手にあった柵が途切れた後も配信を続ける。「道合ってるの?これ。相当埋まってんだけど、雪で」。そう報告して、前に出たときだ。

「あっ、滑る…」。そんな叫び声を上げた後、配信の映像が突然乱れ、スキーのストックのようなものが下に落ちた様子のまま、映像はストップした。

この動画「雪の富士山へGO」は、2019年10月28日10時30分からニコ生で配信され、14時40分ごろにハプニングが起きた。すると、視聴した人から「やばいよ」「滑落した」との声が上がり、ツイッター上では、警察に通報したとの報告も寄せられた。

富士山は、9月で閉山しているが、動画の内容から、男性は、軽装のまま登山し、冬山に必要なピッケルやアイゼンを持たなかったのではないかとの指摘も出ている。

~省略~

【J-CASTニュース 2019.10.29.】

ライブ配信中に富士山から滑落した男性のなりすまし動画に注意。以前にも何度も他人騙る

『ニコニコ生放送』でライブ配信中に富士山から滑落したとみられる男性になりすまし、「無事だ」と伝える動画「ニコ生で生放送中に富士山に滑落したTEDZUです、無事生きてます」が『YouTube』にアップされ拡散し始めていますが、デマです。

「騒ぎになってるのにこの言い草!」や「なぜ届け出をしないのか」と滑落したとみられる男性を批判する声が上がっていますが、動画に出ている人物は他人です。

~省略~

【Yahoo!ニュース(篠原修司 ) 2019.10.29.】

↓滑落した男性「TEDZU」さんのツイッターより。

↓男性が配信していた動画より(YouTubeに転載されたもの。)

「がんからの克服」をツイートしていた「TEDZU」(40歳との情報)さんが富士山登山中(ニコ生配信中)に滑落事故に見舞われる

出典:YouTube

富士山登山をニコ生配信していた「TEDZU」さんが、登山中に滑落事故に見舞われて、ネット上が騒然としています。
「TEDZU」さんのツイートを遡ってみると、ステージ4のがんを克服した過去を持っているみたいですし、一体どうして、このような無茶な登山を敢行してしまったのでしょうか。

うーん、その理由は不明だけど、お金に困っているなどしていて、ニコ生の配信を通じて広告収入を得ようとしていたのかな。
どちらにしても、動画の内容を見る限り、深い雪に覆われ閉山中の富士山を軽装で登っていたとの指摘が相次いでいるし、これは、命の危険を顧みない非常に危険な行為であるといわざるを得ない。

しかし、その一方で、「自業自得なんだから捜索する必要はない」「税金の無駄だ」「愚か者は死んで当たり前」みたいな、血も涙もない「自己責任論コメント」が大量に発生している現状についても、毎度ながら、非常に残念で悲しい事態と言わざるを得ない。
幸い、彼を気遣うコメントや無事を願うコメントも多く寄せられているのが救いだけど、いくら事故に遭った側にどんな落ち度があったとしても、警察・消防や自衛隊が捜索・救助活動を行なうのは、法で定められたごく当たり前のことだ。

こうした、無慈悲で冷血な「安易な自己責任論」は、自分たちが権力に酷使・搾取し続けられる「奴隷洗脳」と密接に繋がっている上に、これらが社会に大量に蔓延すると、やがては、回り回って「自分自身もが社会から切り捨てられる」ことに繋がっていく
一人でも多くの国民がこうした「自己責任論が持つ危うさ」を認識してほしいし、とにかく、今は彼の無事を願っているよ。

加えて、こちらも広告収入目当てなのか、「TEDZU」さんになりすまして、彼への非難を喚起させつつ炎上させる目的の動画がアップされる事態が発生しているのも、何とも嘆かわしい事態です…。
多くの優しい人たちも彼の安否を心配していますし、どうか「TEDZU」さんが無事でいることを祈っています

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。