【これは酷い】日立のイギリスへの原発輸出、政府系金融機関など日本側が3000億円を出資(英は1500億)!しかも損失が出た場合は全額国民負担に!

Pocket

どんなにゅーす?

・日立が日本政府とともに進めているイギリスへの原発輸出について、イギリス側が1500億円に対し、日本側は政府系金融機関を含む3000億円を出資することが判明した。

・さらに、融資額は政府系金融機関など1兆1000億円に及び、万一東芝のように原発事業に巨額の損失が発生した場合全額を日本政府が保障することを決定。この日本国民側に著しく不公平な決定に対し、ネット上では怒りの声が相次いでいる。

日英政府が3兆円投融資 原発輸出で国民負担も

日立製作所が予定しているイギリスへの原発輸出について、日本とイギリスの両政府が総額3兆円の巨額な投資や融資をする方向を確認しました。巨額のリスクを国民が背負うことになります。

イギリスにある日立の原発事業の子会社に日立や政府系金融など日本側が3000億円、イギリス側が1500億円を出資します。さらに、両国がそれぞれ1兆1000億円を融資し、日本側は政府系金融に加えてメガバンク3行の融資に全額、政府保証を付けます。ただ、東芝のように建設費用が増大して損失が出た場合、巨額の国民負担につながるため、金融機関幹部は「リスクが高すぎる」「なぜイギリスの原発で日本の方が多く負担しなければいけないのか」と問題視しています。

【テレ朝News 2018.1.11.】

国民が巨額出資の上に、損失が出た場合も全額負担!最高の”厚遇”で原発事業を推し進める日立(経団連次期会長)と安倍政権が推し進める「グローバリズム」!

日立のイギリスでの原発事業を私たちが出資させられるっていう話はすでに出てたけど、こんなに酷すぎる内容を安倍政権が勝手に決めちゃったなんて、ふざけているにもほどがあるわっ!
なんで、一民間企業の日立のイギリスでの原発事業に対して、私たちが出資も損失が出た場合も、ほとんどすべて尻拭いしなきゃいけないのよ~!!

上のツイートでも指摘している声があるけど、これこそがまさしく「グローバリズム」の本質であり、安倍政権による「貧富の格差助長政策」の最たるものだね。
しかも、日立というのは、一見して日本の企業のように見えるものの、その内情を見ると、その株の比率などを見ても、実質的にグローバル金融資本傘下の企業であり、国籍のない巨大営利企業体と言ってもいいだろう。

こうした状況は、経団連企業全体や日本のテレビ局などの大手マスメディアにも言えていることだけど、もはや株式上場している日本の巨大企業の多くは、実質的な「グローバル企業」であり、これらは無国籍の国際銀行家勢力のコントロール下にあると考えていい。
今回の事例はとても分かりやすいけど、このような国際金融資本と繋がる日本の巨大企業は、もはやいくらその企業の業績が上がっても、それが下層の日本国民にまで恩恵が渡ることはほとんどなく、むしろ、これらの儲けのほとんどは、企業内から国際銀行家・資本家などのグローバリストに流れ、おまけに、その儲けのための原資や損失の補填のみが日本国民から一方的に吸い上げられることとなる。

こうしたことからも分かるように、安倍政権も日立も、国際金融資本にひたすら日本国民の富を横流しする「生粋のグローバリストの一員」であり、こうしたとんでもない内容が勝手に決められてしまっているのを見ても、もはや日本に民主主義国家としての体裁はほとんどなくなっていると考えていい。
つまり、グローバリズムとは、民主主義とは最もかけ離れたシステムなのであり、その先に待っているのは、最下層の国民が「真性奴隷(ゴイム)」として、巨大資本にありとあらゆる財産や生命までむしり取られる世界だ。

グローバリズムって、本当に恐ろしいものなのね…っ!!
安倍政権は、表面的には「右翼」やら「保守」やら「愛国」やらを装っているけど、これじゃあ、日本の国民を真綿で首を絞めてじわりじわりと殺していくために担ぎ出された、ただの巨大外資のグローバリストの工作員じゃないのよ!!

安倍政権に怒っている人々の間でも、まだまだこうした見方が出来ていないように感じられるし、何度も言っているように、ボクたちは「右翼VS左翼」ではなく、無国籍の「国際資本勢力(グローバリスト)VS一般国民」の視点で物事を考えていかなければ見方を誤ってしまう
ネット上でいまだに流布している「右翼やら左翼」の幻想は、”巨大資本勢力による国民支配の実態”を隠すために作り出された騙しの手口なので、(今もモロに引っかかっている人は減ってきているとは思うけど)そろそろこうした”幻想”に囚われて、全ての物事を考えてしまう思考を卒業していかないとダメだと思うよ。

おススメ記事&広告

 
Pocket