【朗報】広島高裁(野々上友之裁判長)が伊方原発の運転差し止めを命じる決定!原発利権者からは不満の声が噴出!ネットでは喜びの声が続々!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年12月13日、広島市の市民らが求めた愛媛県・伊方原発の運転差し止めを求める即時抗告審において、広島高裁の野々上友之裁判長が住民らの訴えを認め、伊方原発3号機の18年9月30日までの運転差し止めを命じる仮処分の決定が下された。

・原発の運転差し止めを認める高裁の判断は、福島原発事故以降初めて。ネット上では画期的な判決に大きな喜びの声が上がっている。

高裁、愛媛・伊方原発差し止め 火山リスク重視 規制委審査「不合理」

四国電力伊方原発3号機(愛媛県)の運転差し止めを命じた13日の広島高裁決定は、原発の新規制基準を「合理的」としつつ、火山噴火リスクについての原子力規制委員会の判断を「不合理」と断じた。近くに火山を抱える原発は多く、司法判断による停止リスクが高まったことで、電力各社の経営や政府のエネルギー政策に影響が出る可能性もある。

広島高裁は、伊方原発から約130キロ離れた阿蘇カルデラの破局的噴火による火砕流の危険性、火山灰など降下物の影響を指摘した。差し止めの根拠にしたのは、規制委自身が火山噴火対策の審査の手引として作成した「火山影響評価ガイド」だった。

決定は、ガイドに基づいて、阿蘇カルデラで過去最大規模の約9万年前の噴火でも火砕流が敷地に到達する可能性が小さいと示すことが必要とした上で、四電の地質調査などでは「評価できない」と判断し、そのような場所に原発は建てられないとした。四電が想定した噴火による影響も「過小」と認定した。

広島高裁は「発生頻度が著しく小さいリスクは無視できるというのが社会通念」と認めつつも、「破局的噴火を自然災害として想定しなくても安全性に欠けることはない」とした地裁の判断について「ガイドが考慮すべきだと定めた自然災害について、判断基準の枠組みを変更することは許されない」として覆した。

決定に対し、原子力規制庁の担当者は取材に「阿蘇カルデラは前回の破局的噴火から9万年たっているうえ、地下に大規模なマグマ構造もない。運転期間中に破局的噴火はしないと判断しているのに……」と不満を漏らした。

【毎日新聞 2017.12.14.】

「歴史的な転換点」=住民側、差し止めに歓喜-伊方原発

「やった」「歴史的な決定だ」。午後1時半、広島市の広島高裁前。伊方原発3号機の運転差し止めを命じる仮処分決定が伝えられると、支援者から大きな歓声が上がった。拍手や太鼓の音とともに横断幕や旗が振られ、握手する人や涙ぐむ人の姿もあった。

「勝ったー」と高裁から走り出た住民側の河合弘之弁護士は、「高裁レベルの決定で原発が差し止められたのは初めて。極めて重要な意義がある」と力強く語った。
広島地裁をはじめ、各地の裁判所で訴えが退けられるケースが続いていた。河合弁護士は「流れを大きく変える歴史的な転換点だ。政府や電力会社は決定を真摯(しんし)に受け止め、原発を再稼働させない方向に転換するよう心から要望したい」と訴えた。
差し止めを申請した広島市の会社員綱崎健太さん(37)は「72年前に広島から始まった無差別な放射線被ばくの歴史を終わらせる重大な一歩だ」と評価。「闘いは続く。これからも被ばくを拒否する姿勢で臨んでいきたい」と語った。
市内で開かれた記者会見には、広島地裁で係争中の伊方原発差し止め訴訟の原告団長で、被爆者の堀江壮さん(77)=広島市=も出席。「私の人生で画期的な日になった。『できることは頑張った』と次の世代に伝えられる。満足している」と話した。

【時事通信 2017.12.13.】

安倍政権に司法全体が取り込まれつつある中で、これに一石を投じた価値ある司法判断

出典:Wikipedia

本当に久しぶりに、日本の司法が良心ある判断を出したように思えます!
今回の伊方原発の運転差し止めを命じる判断が、今後、日本の脱原発の流れに結びついていくことを願うばかりですね。

ネット上では、相変わらず原子力利権集団にくみするような野々上裁判長への批判も目立っているけど、多くの良心的な有識者も言っているように、世界が次々と脱原発に舵を切りつつある中で、世界随一というほどの火山・地震大国の日本で、ここまで世界に例を見ないほどに原発が密集している現実そのものが異常だと言わざるを得ない。

このような状況になってしまった背景には、日本占領以降の米戦争屋による覇権拡大に基づいた軍事戦略があったほか、日本の原発で使用された核燃料が米国の核兵器に秘密裏に転用されているとの疑いを持つ声もある。

こうした米(&イスラエル)覇権勢力による「軍事的な目的」を実現させるために、日本国内で麻薬のように強力な依存性を持つ「原子力利権」が構築されてしまい、現在の日本国内では、そんな目先の利権に目がくらみ、原発から一向に足が洗えない(金の亡者の)原子力ムラが日本を支配している有様だ。

こんな中でも、国内でここまで既得権勢力や核フリークからの圧力に満ちている中で、このような判決を下した野々上裁判長は素晴らしいと思うし、まだまだ道のりは厳しいけど、どうにか少しずつ日本にも脱原発の流れが生まれていくことを願うばかりだね。
(早速、今回の判断を受けて、世耕経産相が司法に強い圧力をかけ始めている状況だ。)

野党第一党の立憲民主党は、脱原発をはっきりと公約に掲げていますし、そうした流れをより大きくしていくためにも、軍産利権ばかりに腐心する安倍政権を弱体化させることは必須かと思います。
本当に久々に司法が社会弱者の側に立った良識ある判断を出したくれただけに、これを少しでもプラスの方向に繋いでいくことに期待していきたい思います!

おススメ記事&広告

 
Pocket