■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【意味不明】橋下氏、ウガンダ選手団からの陽性反応に「水際対策が上手くいった」と菅政権を賛辞!同時に、PCR拡大を求めていた人々に「反省しろ」と猛非難!

【意味不明】橋下氏、ウガンダ選手団からの陽性反応に「水際対策が上手くいった」と菅政権を賛辞!同時に、PCR拡大を求めていた人々に「反省しろ」と猛非難!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年6月20日、フジテレビ系「日曜報道THE PRIME」に橋下徹元大阪府知事が出演。五輪参加のために来日したウガンダ選手団の一人から新型コロナ陽性反応が出たことについて、「水際対策が上手くいった」などと菅政権を賛辞した。

・その一方で、橋下氏がPCR検査拡大に全力で反対してきたことにこれまで多くの批判が集まってきた中で、「PCR検査を『いつでも、だれでも、どこでも、みんなでやることによって陽性者を隔離する』なんてことを言ってた人、たくさんいますけど、(隔離は)できないんですよ、1回のPCR検査では」などと言い始め、「とにかくむやみに検査拡大を言ってた人たちは、よくこれを見て反省してもらいたい」PCR検査の拡大を求めてきた人々を激しく非難

・この橋下氏の意味不明な非難コメントに、ネット上では批判が殺到。表面的には「歯に衣着せぬキャラ」を装いつつも、菅政権やグローバリストにくみする支離滅裂なコメントを繰り返している橋下氏について、「もうテレビに出すな」などの怒りの声が上がっている。

橋下徹氏、PCR検査拡大論者に「反省して」 五輪代表団の陽性者への対応例示

元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が20日、フジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」に出演し、PCR検査拡大を主張する人々に反省を促した。

~省略~

ウガンダ代表団の残り8人は陰性だったが、入国後も「プレーブックにのっとって適切に対応している」と淡々とコメントした。橋下氏も「対策が機能したということ。陽性者を見つけることができて、きちっと対応できた」と水際対策が功を奏したことを評価した。

橋下氏は、「こういう状況を見てもらえればね、今までずーっと、PCR検査を『いつでも、だれでも、どこでも、みんなでやることによって陽性者を隔離する』なんてことを言ってた人、たくさんいますけど、(隔離は)できないんですよ、1回のPCR検査では」とバッサリ。ウガンダ代表団が複数回の検査をしていたことを具体例に「何回も何回も繰り返し(検査)することによってしか、こういう風に対応できない。とにかくむやみに検査拡大を言ってた人たちは、よくこれを見て反省してもらいたいです」とあきれながら指摘した。

【デイリー 2021.6.20.】

「詭弁と論理すり替えのプロ」橋下氏のクオリティーの低下が止まらず!事あるごとにネットで大炎上する中、マスコミは相変わらず橋下氏を全力ヨイショ!

出典:Twitter(@bokuhadokoniiru)

事あるごとに(菅政権やグローバリストに利益誘導するための)有害で悪質な詭弁や論理すり替えを繰り返してきた橋下氏が、またまたトンデモな妄言をかまして大炎上になってるわっ!!
改めてよく読みなおしても、何から何までが全く意味不明ですし、こんな悪質な男を相変わらず横並びでヨイショし続けているマスコミも根底から狂ってるわっ!!

上のデイリーの記事をみても、いかにも橋下氏のコメントが素晴らしい”金言”かのように書かれているし、スポーツ報知の記事も、全く無批判のままに、橋下氏の発言が正論であるかのように錯誤させる内容になっているね。
本来であれば、こうした記事において「橋下氏がまた大炎上」「意味不明な詭弁を弄す」みたいな内容で報じるべきはずなんだけど…やはり、橋下氏をここまで横並びでマスコミが全力ヨイショしているこの現状はどうみても異常と言わざるを得ない。

少し前に、「ゆるねと通信」において、橋下氏の不可解で謎に満ちた出自について(ごくわずかに存在している手掛かりを元に)色々と考察したことがあったけど、ここまで橋下氏が”特権”を得ている背景にあるのは、やはり、橋下氏が薩長のテロリストによる”明治維新”とも何らかの関連や繋がりがある出自があることで、グローバル資本勢力から特別な”庇護”を受けている以外に考えられないね。

そもそも、橋下氏が設立した売国政党の名前が”維新”なのだから、これそのものが明治維新と何らかの深い関係がある以外に考えられないわっ!!

「革新」や「刷新」というのならまだしも、「維新」という言葉は「明治維新」以外に使うことは普通ないからね。
とにかくも、(この記事でも軽く触れたけど)維新そのものがグローバル資本勢力からの強い後ろ盾がある「コアな傀儡売国集団」であることは確かだし、これまでこの政党が行なってきた(既存の日本の民主主義システムを破壊し、日本の貴重な財産や公共システムなどを巨大外資に売り渡す政策を繰り返してきた)ことを振り返っても、それを強力に裏付けているといえるだろう。

橋下氏については、ジャパンハンドリングの総本山にあたるCSISでも「米国のために日本も血を流せ」なんていう最悪の売国発言をしたことも忘れてはいけないし、改めて、日本の大手マスコミは「グローバリズムを推進する”売国・壊国勢力”のみを全力でヨイショする」実情があることについて、私たちはしっかりと認識しておく必要がありそうだわっ!!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事