【森友事件】地中ゴミを試掘した業者が「学園・財務局に虚偽の報告書を作らされた」と特捜に証言!安倍総理はゴミ撤去交渉時に迫田理財局長と頻繁に会合!

Pocket

どんなにゅーす?

・森友事件において、地中ゴミを試掘した業者が「学園・財務局に虚偽の報告書を作らされた」と大阪地検特捜部の調べに証言していたことが判明。国と学園側で進んでいた8億円の値引きの正当性がますます大きく揺らぐ展開となっている。

・そんな中、森友と国の間でゴミ撤去交渉が進んでいた間、安倍総理が当時の国有地担当のトップ、迫田理財局長と頻繁に会っていたことも分かっており、安倍総理本人が不当な8億値引きに関与していた疑惑も高まっている

<森友>「ごみ報告書は虚偽」 業者が証言「書かされた」

学園は2015年5月、大阪府豊中市に小学校を建設するため、国と借地契約を結んだ。16年3月、深さ9.9メートルのくい打ち工事中に地中から「新たなごみ」が見つかったとして国に対応を要求。国はごみの撤去費を価格に反映させて土地を売却する方針を決め、学園にごみに関する資料提出を求めた。

学園側は4月11日、建設業者が8カ所を試掘した結果、最深で地下3.8メートルにごみがあったとする写真付きの報告書を提出した。国はその3日後、報告書などを基にごみ撤去費を約8億2000万円と算定。6月20日、土地評価額から同額を引いた1億3400万円で学園に売却した。

捜査関係者によると、業者は3.8メートルの記載について過大だったと認め、「事実と違うことを書かされた」「書けと言われてしょうがなくやった」などと説明。当時、学園は小学校の開校時期が翌年の4月に迫っているとして、損害賠償をちらつかせて国に対応を迫っていた。

ただ、業者はごみ撤去費については「周囲の汚染土壌も撤去する必要がある」として約9億6000万円と試算し、検察にも説明している。

【Yahoo!ニュース(毎日新聞) 2018.3.16.】

安倍首相がまたも大嘘答弁! さらに土地取引に首相も関与との情報も…安倍首相が頻繁に会っていた「もう一人のキーマン」とは

公表された改ざん前文書によって、土地取引に昭恵夫人が深く関与していたことがはっきりしたが、問題はそれだけではない。じつは、安倍首相自身が、土地取引の段階から何らかのかたちでかかわっていた可能性もあるのだ。

というのも、森友学園と国の間で土地のゴミ撤去費用交渉が行われていた最中、安倍首相は国有地払い下げの“責任者”と何度も会っていたという事実があるからだ。

たとえば、借地契約締結後の2015年9月4日、小学校建設工事を請け負った設計会社所長ら森友学園関係者が近畿財務局を訪ね、近畿財務局の統括管理官と大阪航空局調査係と話し合いをおこなっているが、この森友学園と国が面談した日の前日、安倍首相も官邸である人物と会っていた。その人物とは、当時、財務省理財局長だった迫田英典氏だ。

首相動静によれば、15年9月3日午後2時17分、迫田氏は理財局長として、財務省の岡本薫明官房長とともに官邸入り。10分間、安倍首相となんらかの話し合いをもっている。しかも、この日の午後、安倍首相は国会をサボって大阪入りし、読売テレビの『情報ライブ ミヤネ屋』に生出演したあと、冬柴鉄三元公明党幹事長の次男の料理店「かき鐵」で食事。一方、昭恵夫人はその翌日の9月5日に、森友学園の経営する塚本幼稚園で講演をおこない、その場で小学校の名誉校長に就任している。

安倍首相と迫田氏が面談したのはこれだけではない。迫田氏は2015年7月に国有地を管轄する理財局長になってから、首相動静に記録されているものだけでも、7月31日、8月7日、9月3日、10月14日、12月15日と、半年の間に5回も会っているのだ。総理大臣が、主計局長や主税局長と違って傍流の理財局長とこんなに頻繁に会うというのは異例のこと。実際、前任の理財局長・中原広氏が総理と面談したのは在任中2回だけだった。

【リテラ 2018.3.15.】

ゴミ担当業者が「学園・財務局に虚偽報告書を作らされた」と証言!そして、安倍総理はゴミ撤去交渉中に何度も迫田理財局長(当時)と”異例”の会合!

出典:Wikipedia

森友事件に関して新情報が出てまいりました。
ゴミを試掘した業者が、特捜からの調べに対して「学園や国側から虚偽の報告書を作成させられた」などと証言していたことが分かったとのことです。

そして、リテラでは、森友と国の間で不可解な8億値引きが決まっていった中で、当時の理財局長の迫田英典氏と異例なまでに頻繁に会っていた事実を伝えています。

当時の不可解な国有地の8億値引き昭恵名誉校長が就任したプロセスにおいて、安倍総理が何らかの形で関与していた可能性は疑獄発覚当時から言われてきたことで、当サイトでも、当時に昭恵名誉校長が就任したのと同じタイミングで、安倍総理が迫田氏と「謎の会談」をしていたことや、その翌日に「謎の大阪入り」をしていたことを紹介していた。

●過去参考記事:森友学園と国との交渉、安倍総理異例の大阪入り、安倍昭恵夫人の名誉校長就任、この3つがタイミングが見事に一致していることが判明!(2017.2.26.)

この動きが発生した2015年9月初旬というのは、安保法の強行採決に繋がった重要な国会審議が行なわれていた最中で、迫田氏と「謎の会談」を行なった直後に安保法制特別委員会を欠席してまで大阪入りしていた安倍総理に対し、当時は自民党関係者の間でも「どういうことなのだろう?」と話題になったと伝えられている。

何から何まで平然と大嘘をつく安倍総理のことだから、普通に考えれば、公文書改ざん事件だけでなく)森友の8億値引きにも関与していると考えるのは全く自然なことであり、(ようやく「安倍の呪縛」から解き放たれつつある)マスコミ各社も、公文書改ざんだけでなく、虚偽のゴミ(すでに国交省もゴミの量が値引き額の100分の1だったことを認めている)に基づく8億値引きについても、安倍総理の関与について丁寧に取材と調査を進める必要があるだろう。

森友学園だけでなく、国側までもがここまで前のめりになって虚偽のゴミに基づく8億値引きを実行に移していた実態が分かっている以上、こちらについても「よほどの強い権力の後ろ盾があった」と考えるのは当たり前であり、官僚が独断で進めることなど有り得ませんね

そう言う意味でも、安倍総理がこの疑獄の中心にいることはほぼ完全にあぶり出されている上に、麻生財務相もこれを知りながら一緒に進めていた可能性が大です。

すでに、自民党内でも安倍一派に見切りを付け始め、小泉氏や経済界などのグローバリストも本格的に距離を置き始めた以上、そろそろマスコミ連中も空気を読んで、安倍一派と縁を切る方向に舵を切った方がいいと思うよ。

それだけ、すでに、冷静な判断を持ち合わせている財界や権力者はすでに「安倍はもう終わった」「もう逃げ切れない」と読んでいる状況だし、すでに「ポスト安倍」も党内で大きく動き出している中で、安倍一派の未曾有の犯罪を裏付ける「最後の詰め」を行なう段階に差し掛かってきた感じだね。

いよいよ本腰を入れ始めたように見える検察の今後の動きにも要注目ですし、私も注意深くこの先の展開を見守っていこうと思います!

おススメ記事&広告

 
Pocket