【なぜ?】フェイスブックで大規模障害!長時間にわたり世界中で投稿不能な状態に!インスタグラムも!原因は非公表

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年3月13日から14日にかけて、SNS最大手のフェイスブックにおいて過去最大レベルの障害が発生。ログインや投稿ができないなどの不具合が長時間にわたって発生し、同様の障害は傘下のインスタグラムでも起こった。

・障害の報告は日本をはじめ世界中に及んだ。ネット上では「DDoS攻撃を受けたのでは?」との推測が広がっている中で、フェイスブックはこれを否定。その上で実際の原因については一切の公表を控えている

フェイスブックに大規模障害 写真など投稿しづらく

【シリコンバレー=白石武志】米フェイスブックが運営する交流サイト(SNS)で13日午前から大規模な障害が発生した。米メディアの報道によると、アカウントにログインできなかったり、コメントや写真が投稿できなかったりする問題が報告されている。障害は世界の広範囲に及ぶとみられる。

~省略~

インターネット上の各種サービスの接続障害などを検知して公表しているウェブサイト「ダウンディテクター」によると、障害の範囲は米国や欧州、日本、南米、東南アジア、オーストラリアなどほぼ全世界に広がった。

~省略~

【日経新聞 2019.3.14.】

フェイスブックに大規模障害、インスタやメッセンジャーも使用不可に

ソーシャルメディア大手のフェイスブックは13日、同社史上最も深刻な障害に見舞われ、世界中で関連サービスが使用できなくなった。

この規模の障害が最後に起きたのは2008年で、当時のユーザー数は1億5000万人だった。現在、フェイスブックの月間利用者数は約23億人。

障害の影響はフェイスブック本体に加え、同社が提供するメッセージアプリ「メッセンジャー」と「ワッツアップ」、傘下の「インスタグラム」にも及んだ。

障害の原因は公表されていない。

フェイスブックは声明で、「フェイスブック関連アプリにアクセスできないユーザーがいることを確認している」と発表。

「早急に問題を解決するよう動いている」と述べている。

一方、分散型サービス妨害(DDoS)攻撃と呼ばれる、サービスに意図的に過剰な負荷をかけて妨害するサイバー攻撃を受けているのではないかというソーシャルメディア上のうわさは否定している。

~省略~

インターネットサービスの障害情報を提供している「ダウンディテクター」によると、この障害は世界規模で起きていることが明らかになった。

~省略~

【BBC 2019.3.14.】

一体なぜ!?グーグルに続き、フェイスブック・インスタグラムでも過去最大級の障害が発生!

SNS最大手のフェイスブックで過去最大級の障害が発生して、世界中のユーザーの間で、「ログインできない・投稿できない」などの不具合に見舞われたわ。
見た感じ、今は復旧したみたいだけど、ビジネスにフェイスブックを活用している人々が、世界規模で大きな損害を受ける事態になったわ。

当サイトも、記事の更新に当たってフェイスブックと連携しているけど、昨日は全く同様の事態に見舞われ、おまけに一向に回復する兆しがなかったことから、「ただ事ではないことが起こっている」ことが理解できたよ。
折しも、同じアメリカのネット企業最大手のグーグルでも、13日に比較的大きな規模の障害が発生しており、ネットユーザーの間で何らかの関連性を疑う声が出ているようだ。

しかも、フェイスブック側は、DDoS攻撃を否定しつつも、その原因について現時点で「完全非公表」にしており、これも”何かの裏”があることをついつい勘ぐってしまうし、図らずも、米国によるファーウェイ潰しから端を発した「米中情報戦争」との関連を疑いたくなるような事態だ。

いずれにしても、これらのウェブサービスは「国境が完全にない」分、一度大きな不具合が出ると、全世界規模で甚大な被害が出ることが改めて示された形ね。
障害の真相はいまだ「謎のまま」だけど、米中をはじめとしたサイバーレベルでの対立や競争が激化している以上、想像もしないような大規模なサイバーアクシデントがいつ起こってもおかしくないとの認識を持っておくのがいいのかもしれないわ。

Pocket

 

おススメ記事&広告