【大炎上】麻生財務相がまたも暴言!「セクハラ罪という罪はない」「殺人とか強制わいせつとは違う」→ネット上では「早く辞めろ」の大合唱!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年5月4日、麻生太郎財務相が訪問先のフィリピン(マニラ)において、福田前財務次官のセクハラ問題について「セクハラ罪という罪はない」「殺人とか強制わいせつとは違う」などと発言。またも国民から批判が殺到する事態になっている。

・その上で、財務省が福田氏のセクハラの事実関係を認め、処分を行なう決定をしたことに対し、麻生氏は「福田氏の人権も考えなければならない」と処分に懐疑的な考えを示し、双方で考えが食い違う事態になっている。

事務次官セクハラ問題、麻生財務相「セクハラ罪という罪ない」

「セクハラ罪という罪はない。あなた(記者)も良く知っているように。殺人とか強制わいせつとは違いますから。訴えられない限りは、親告罪ですからあれは」(麻生太郎財務相)
訪問先のフィリピンで、福田前財務次官のセクハラの認定について問われた麻生財務大臣はこのように述べました。その上で、「福田氏本人がそういうつもりはなかったと否定している以上、福田氏と被害女性側の言い分を聞かないと、公平さに欠く」「福田氏の人権も考えなければならない」とこれまでの主張を繰り返しました。
また、福田氏の処分の理由については、「役所に対しての迷惑とか品位を傷つけた、そういった意味で処分をさせていただいた」と述べていて、財務省がセクハラを認定して処分した対応と食い違う説明となっています。

【TBS News 2018.5.5.】

セクハラ問題に対する意識が極限まで高まっている海外で、「日本のアソウ」が全世界(特に女性)を敵に回すような暴言!

今まで数え切れないほどの暴言・放言を繰り返してきた麻生大臣が、ついにフィリピンでも史上最悪の暴言を炸裂させたみたいねっ!!
ここまで世界でセクハラや女性差別に対する意識が高まっている中で、平然とこんなことを口走るなんて、日本のイメージを再起不能なまでに地の底まで墜としたいとしか思えないじゃないのよ!!

上のツイッターにおいても、過不足ないほどに麻生氏に対する批判や怒りのコメントが多く出ているので、ボクが多くをコメントする必要はないかと思うけど…とにかく、「副総理兼財務相」という政治的にも非常に強い権力を持つ人間が「最も口にしてはいけない発言」であるのは言うまでもない。

言い換えれば、「セクハラは罪ではないので、どんなにセクハラをしても問題にはならない」と言っているも同然だし、世の中のあらゆるセクハラを正当化させ、認めることにも繋がってしまう、実に恐ろしく危険な発言だ。

さすが、過去に「婦人に参政権を与えたのは失敗だった」などをはじめたとした、究極の女性蔑視発言を繰り返してきた麻生氏らしいコメントだし、こんなクレイジーな人間が圧倒的な権力を持ちながら、選挙で圧勝し続けているということ自体が、いかに日本が民主主義からかけ離れた”クレイジー(反知性)国家”であることを示しているだろう。

さすがにネット上でも怒りのコメントが殺到中だし、一体いつまでこの大臣は(安倍総理同様に)財務省のトップの座に平然と居座り続けているのよっ!!

福田前次官に対する認識も財務省側の見解と完全に食い違っているし、財務省そのものも完全に「ゾンビ同然」ともいえるような、中身はすでに腐敗・崩壊しきっている組織と化しているね。
すでに多くの謎の死も発生していることからも、財務省も麻生財務相ともども「完全リセット」する必要がありそうだし、いよいよ世界から完全に孤立しきっている北朝鮮外交ともども、日本の国家の”瀕死同然”の惨状をこれでもかと世界中に見せつけている状況になっているね。

さてと、すでに国家組織そのものも崩壊しかかっている中、一体いつまで大臣を辞任せずにのさばり続けることが出来るのか、今後の展開を見ていくとしよう。

おススメ記事&広告

 
Pocket