■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【最高のお笑い】”疑惑まみれ”の甘利幹事長が、地元演説で噴飯物の”ウソ発言”を炸裂!「私は日本を率いているという自負がある。私がいなければ日本は立ちゆかない」!

【最高のお笑い】”疑惑まみれ”の甘利幹事長が、地元演説で噴飯物の”ウソ発言”を炸裂!「私は日本を率いているという自負がある。私がいなければ日本は立ちゆかない」!
Pocket

どんなにゅーす?

・衆院選の選挙戦が最終盤に差し掛かっている中、口利きワイロ疑惑などを抱える自民・甘利幹事長が、神奈川・綾瀬市の演説で「私は日本を率いているという自負がある。私がいなければ日本は立ちゆかない。経済界は全員わかっている。(略)でも世の中の人がほとんどがわかっていない!」などと絶叫。この甘利氏の”崩壊ぶり”にネット上で失笑や突っ込みの声が殺到している。

[衆院選2021・発言録]「私がいなければ日本は立ちゆかない。経済界は全員わかっている」

自民・甘利幹事長「4年前に経済安全保障政策が大事と訴えた。戦略を練って対応してきた。私は日本を率いているという自負がある。私がいなければ日本は立ちゆかない。経済界は全員わかっている。関係官界、優秀な教授陣はわかっている。でも世の中の人がほとんどがわかっていない」(神奈川県綾瀬市での街頭演説で)

【読売新聞 2021.10.29.】

甘利幹事長まさかの落選危機で錯乱状態!「私がいなくなれば大変なことになる」と絶叫演説

~省略~

■UR口利き疑惑に恨み節

白ジャンパーに名前入りのタスキをかけ、ビールケースに乗って始まった演説は、URをめぐる“口利きワイロ疑惑”について、「卑劣な誹謗中傷戦。これはもう犯罪です!」と泣き言から始まった。「後ろ指をさされるようなことは何ひとつしていない」「私が知らないところで起こった」というのだ。誹謗中傷は「絶対に許すことはできない」とヒステリックに叫んでいたが、足を止める人はいなかった。

経済安全保障に話が及ぶと「私は未来を見通せる」と言いだし、「その私がいなくなれば大変なことになる」「未来は変わっちゃう」と訴えた。最後は「私の手の中には日本の未来が入っている」「私の妨害をしたら、これは国家の行く末を妨害しているのと同じことなのであります!」と絶叫。ほとんど錯乱状態だ。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.10.30.】

焦る甘利幹事長“ナルシスト選挙ポスター”全面張り替え 応援そっちのけで異例の地元ベタ張り

甘利幹事長が消えた。自民党は公式サイトに岸田首相をはじめ、幹部クラスの全国遊説日程を連日掲載しているが、28日分から甘利氏の名前が抜け落ちた。

その姿は地元・神奈川13区(大和市など)にあった。東急・小田急両線が乗り入れる「中央林間」駅。選挙区内の主要駅前で甘利氏はナント、朝6時半から道行く人々に頭を下げていたのだ。

~省略~

〈選挙期間中地元に入れるのは今日の2時間だけ。よってタスキをかけるのもこの2時間だけ。コスパの悪い選挙備品だね。でもその分、同志の応援に全国を走り抜けます〉

その1週間後に余裕の“つぶやき”を撤回し、異例中の異例の地元入り。何があったのか。

~省略~

■「デス応援」消滅に同僚は安堵感

選挙終盤に2時間どころか、3日間も地元ベタ張りとは甘利氏の焦りが手に取るように分かる。モノトーンで渋く決めた選挙掲示板の“ナルシスポスター”(写真上)も評判が悪いのか、全面張り替え。オーソドックスな選挙ポスターに直した。

甘利氏が応援に入っても常に口利きワイロ疑惑がつきまとい、逆効果。「応援を受け入れれば無党派層が離れる」と“デス応援”に戦々恐々だった自民候補は、ホッとしているに違いない。

【日刊ゲンダイ 2021.10.29.】

自身の落選危機に甘利幹事長がついに”錯乱状態”に!過去には「日本なんてどうなったっていい」と言い放ち、今度は「私がいなければ日本は立ちゆかない」と言い出す!

出典:Twitter(@Akira_Amari)

もうこの人、完全に”アッチの世界”に行ってしまったみたいだわっ!!
過去には、「日本なんてどうなったっていい」なんていう信じがたいような売国宣言を言い放ったといたかと思えば、今度は「私は日本を率いているという自負がある!」「私がいなければ日本は立ち行かない!」なんて絶叫し出すなんて!!

にゃにゃあああっ!!
このおじさん、ちょっともう完全に「アブナイ人」だにゃあ!
こんなおかしすぎるおじさんが自民党の幹事長を務めているにゃんてぇ~、世の中も完全に末だにゃ!!

上の「お笑いナルシストポスター」を本人が懸命に自慢していた時点で、”ヤバい兆候”が大いに醸し出されていたけど、まさに「錯乱状態」と言うにふさわしいほどの精神崩壊ぶりだ。
「自身の当選が危ない」というデータが出てきていることで、よほど焦ってるんだろうけど、いくら何でもこの演説は完全に逆効果だろう。
「有権者は何も分かっていない!」などとあからさまに日本国民を攻撃してしまっているし、過去の甘利氏の数々の所業を見る限り、この人の本音といえば、まさに「自分さえ儲かればあとはどうでもいい」、つまりは「この日本なんてどうなったっていい」ってことだ。

「自身の本心とは180度正反対の台詞」をこんなにも狂ったように叫んでいる時点で、まともな国民は誰も投票しないし、まあ、この調子でどんどん”自爆”してもらって、二度と日本の政界に足を踏み入れて欲しくないところだ。

甘利氏以外にも安倍元総理麻生副総裁平井前デジタル大臣などなど、何としても落選させなければいけない”悪徳自民売国政治屋”がごまんといるのが現状だし、とにかくも、明日の衆院選で「日本国民の底力」をしっかりと見せつけないといけないわね!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事