維新・足立康史議員、質問中に「(立憲)福山氏と(希望)玉木氏は犯罪者」と発言!「朝日新聞死ね」ツイートに続いて批判殺到!懲罰動議も検討へ

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年11月15日、衆議院文部科学委員会において、維新・足立康史議員が、日本獣医師会から献金を受け取っている立憲・福山哲郎議員と希望・玉木雄一郎議員に対して「犯罪者だと思っている」と発言。これを受けて懲罰動議の提出が検討されている。

・足立議員は、加計疑獄を問題視する朝日新聞の社説に対し「朝日新聞、死ね」とツイートしたことでも炎上しており、足立議員の暴言とモラルを欠いた異常な行動が止まらなくなってきている

維新 足立氏の発言で懲罰動議提出も検討 野党側筆頭理事

日本維新の会の足立康史衆議院議員は15日の衆議院文部科学委員会で、加計学園をめぐる問題に関連して「立憲民主党の福山幹事長と希望の党の玉木代表は、獣医師会側から献金をもらっている。献金をもらって、仮に、請託を受けて、あっせんし、国会質問をしていれば、すなわち犯罪者で、私は犯罪者だと思っている」などと述べました。

この後、足立氏は記者団に対し「答弁義務を果たすことは国会の再生に向けて不可欠であり、玉木氏や福山氏は答弁しないといけない」と述べました。

これに対し、衆議院文部科学委員会の野党側の筆頭理事を務める立憲民主党の川内博史衆議院議員は、記者団に対し「国会議員は、国会の品位や名誉を傷つけてはならないという規則がある。党の国会対策委員会と相談するが、懲罰動議を出すことになるのではないか」と述べ、懲罰動議の提出も含めて検討する考えを示しました。

【NHK NEWS WEB 2017.11.15.】

維新・足立衆院議員が「朝日新聞、死ね」とツイート

日本維新の会の足立康史衆院議員が、学校法人「加計(かけ)学園」をめぐる朝日新聞の11日付朝刊の社説に対し、自身のツイッターに「朝日新聞、死ね」と投稿した。複数のメディアが報じたのを受け、14日も朝日新聞に対して「ねつ造報道」などと投稿を繰り返した。

~省略~

■識者「言論の元断つ物言い、不適切」

元共同通信記者でジャーナリストの青木理氏は朝日新聞の取材に「一般の市民が切羽詰まった状況を伝えようとして過激な言葉を使うのと、公共的な存在である国会議員が使うのは出発点が違う」と指摘。「政治家は言葉が命。『朝日新聞、死ね』と言論の元を断つような物言いは適切ではない」と批判した。

足立氏の一連の投稿について、朝日新聞社広報部は「現職国会議員がこうした暴力的な言葉で正当な報道・言論活動を封じようとしたことに強く抗議します。本紙報道を『ねつ造』などとする事実無根の批判を重ねていることと合わせ、看過できません」とのコメントを出した。

【朝日新聞 2017.11.14.】

足立議員が必死に加計疑獄を擁護している背景は”これ”か?あまり知られていない維新と加計学園との繋がり!

出典:Twitter(@adachiyasushi)

維新の足立康史議員の暴走が止まりません
すでに大炎上となっている「朝日新聞、死ね」のツイートに続き、今度は国会内でも(日本獣医師会から献金を受け取っている)立憲の福山議員と希望の玉木議員に対して「犯罪者だと思っている」などと発言し、野党の国会運営の関係者が懲罰動議を提出することを検討しているようです。

一時期、維新の議員の中で薬物使用疑惑が持ち上がって、その際にも足立議員を疑う声が上がったものだけど、ここに来て「本当に薬でもやっているのではないか」と思うくらいに国会議員とは思えない常識外れの暴言が連発しているね。

一体どうして、自民党でもない維新の議員がここまで必死に加計疑獄の幕引きに躍起になっているのか?といぶかしがる声もあるけど、以前に当サイトでも紹介したとおり、実は維新の共同代表である片山虎之助議員は、加計学園から名誉博士号をもらっているだけではなく、加計学園系列の千葉科学大で来賓としてスピーチしたり、加計学園獣医学部の建設を担当している、片山氏の地元・岡山の業者から献金を受け取っている情報もあり、(あまり表に出ていないものの)加計学園は維新とも深い繋がりあるのが実情なんだよ。

どんどん広がる加計学園の輪、維新の片山虎之助代表も名誉博士号や寄付を受けていた

そういうばそうでしたね!
森友疑獄でも、安倍政権以外にも維新の影が色濃く見えていましたが、やはり加計疑獄にも維新の存在が関与しているのですね。

まさに、維新は「野党を装った自民の下請け政党」と言われるゆえんだね。
安倍政権と維新、双方の背後に控えているのは、竹中平蔵氏を窓口にしたCSISなどのグローバリストであり、日本会議や統一教会などのカルトを使って工作活動を行なっている好戦的なネオコン勢力だ。

それにしても、どうもここのところ、維新の議員たちが率先してわざと暴言や騒ぎを起こして維新そのものを破壊し始めている動きが目立っているし、こうした動きが意図的なものなのかどうかを見極めていく必要がありそうだ。

意図的なものであるにせよ、そうではないにせよ、ここまで国民の模範となるべき国会議員が秩序やモラルを乱した暴言を看過してはいけないのは確かかと思います。
大手メディアでは、足立議員のこれらの異常行動について強く批判する動きが目立っていますが、今後の展開を注意深く見守っていこうと思います。

おススメ記事&広告

 
Pocket