【あからさま過ぎ】安倍政権が佐川氏の証人喚問を了承(昭恵夫人は拒否)!麻生財務相や太田理財局長も「佐川単独犯行」を猛アピール!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年3月14日、安倍政権がこれまでの一貫した姿勢を一転佐川前国税庁長官の証人喚問を承認する方向に舵を切り始めた(昭恵夫人については拒否)

・野党が欠席の中行なわれた国会審議でも、麻生財務相や安倍総理は自身が文書改ざんを指示したことを強く否定。これまで佐川氏の答弁を引き継いできた太田理財局長も、「正直に言うと、私個人でも理解できないこと」などと佐川氏を強く批判しはじめており、安倍政権とそれに忠義を尽くす財務官僚の間で、本格的な「佐川切り」が展開され始めた。

佐川氏、来週にも国会証人喚問へ 与野党が調整

財務省が森友学園との国有地取引に関する決裁文書を改ざんしていた問題で、改ざん当時に同省理財局長だった佐川宣寿(のぶひさ)・前国税庁長官(60)に対する証人喚問が行われる見通しになった。与野党幹部は14日、参院予算委員会で集中審議を行った上で正式に決めることを確認し、調整に入った。立憲民主党など野党6党は、来週にも証人喚問を実現したい考えだ。

自民党の二階俊博幹事長と野党第1党の立憲民主党の福山哲郎幹事長が14日、電話で協議。福山氏によると、二階氏は佐川氏の国会招致について「委員会の審議を経て必要があれば検討したい」と提案した。うその証言をしたら罪に問われる証人喚問を行う考えなのか福山氏が確認したところ、二階氏は「そうとってもらって結構だ」と答えたという。

これを踏まえ、野党6党の幹事長・書記局長らは会談し、早急に集中審議を行い、証人喚問の実施を議決するよう求めていくことで一致した。与党に対しては、参院だけではなく衆院でも証人喚問を行えるよう調整するとともに、安倍晋三首相の妻昭恵氏の証人喚問についても引き続き要求していく方針だ。

【朝日新聞 2018.3.14.】

太田理財局長「正直言うと私には…」 困惑の表情で釈明

財務省が森友学園との国有地取引に関する決裁文書を改ざんした問題で、同省の太田充理財局長は14日の参院予算委員会で、前任の理財局長だった佐川宣寿・前国税庁長官について「佐川局長の関与の度合いは大きかった」と述べた。公明党の矢倉克夫氏が改ざんについて「佐川氏の関与が全くないか」とただしたのに答えた。

太田氏は予算委冒頭で「書き換えられた資料を国会に提出し、国会を冒瀆(ぼうとく)するものであるとの批判は免れない」と謝罪。公明の横山信一氏に改ざんがなぜ必要になったのか問われると、「自分が答弁したことと誤解を招かないように決裁書を書き換えるのは、私はどう考えても結びつく話ではない」と困惑の表情を浮かべ、「正直に言うと、私個人には理解ができない」と釈明した。

【朝日新聞 2018.3.14.】

追い詰められた安倍政権は、いよいよ太田理財局長を(かつての佐川氏同様に)自在に操り、本格的な「佐川単独犯行説」を演出!

↓「かつてのご主人様」に完全に切られた佐川氏は、いよいよ命の危険も?

出典:YouTube

ついに、安倍政権が「佐川氏単独犯行」の既成事実を作るべく、本格的に動き出しました!
野党の殆どが欠席した中での国会審議の中で、安倍・麻生の両氏は(口もなめらかに)改ざんを指示した事実を強く否定。その上で、「指示を出したのは佐川氏の可能性が大」との論調を強調し、佐川氏の証人喚問を行なう方向で野党と折り合いました。

太田理財局長までもが、(かつての佐川氏と同じく)安倍総理に忠誠を誓った上で佐川氏に全ての罪を覆い被せる答弁を展開し始めた中、佐川氏はそろそろ自身の命とプライドを守る行動に出るべきなんじゃないのかな?

そもそも佐川氏は森友疑獄の直接的な土地取引には関わっておらず、虚偽答弁や文書改ざんの行為も、8億値引きを決定した前任者の迫田理財局長や森友学園を全力支援していた昭恵名誉校長ら安倍一派の存在がなければ、こんなことに手を染めるような羽目になることはなかったはずだ。

一時は安倍政権を信じ、自ら進んで忠誠を誓ってしまった以上、ある程度の自業自得の部分はあるけど、こういう展開になってきた中、彼としても、安倍政権に対する言いようのない怒りや絶望のような思いがあるだろうし、冗談抜きで、この先佐川氏は、(近畿財務局の職員同様に)生命の危険が大きく生じてくるのではないか。

そのためにも、佐川氏は、自らが刑事責任を負う事態になってでも、国民のために働いてきた元トップ官僚として、全てのことを正直に国会や検察に対して供述することで、ご自身の生命やこの国の根幹、そして国民を守るための行動を取るべきなのではないでしょうか?

なんとも皮肉なことに、今度は佐川氏の後任の理財局長に就いた太田氏が「佐川氏と同じ道」を辿り始めており、佐川氏の現在の姿を目にしながらも、太田氏は安倍政権に忠誠を尽くし、佐川氏を切り捨てる”運動”に進んで参加する事態になってしまっている。

こんな(使い捨て状態の)ロボット官僚が思考停止のまま悪辣政権にひたすら尽くすような国の姿が続く限り、例外なく国家は退廃し、国民を含めた全てのものが壊れ、巨大な悪の権力だけが永久にのさばる世界が続いていってしまうことだろう。

いよいよ、オウムの死刑囚が一斉に大量死刑執行されるという、安倍政権による「死の一大パフォーマンス」のカウントダウンが始まったみたいだけど、こんな安倍政権に(たとえどんな凶悪犯罪者であっても)果たして人の命を取り上げるだけの資格や権限を持ち合わせているのか
ついつい色々と考えてしまわざるを得ない展開が、この先も色々と待っていそうだね。

おススメ記事&広告

 
Pocket