【意味なし】安倍総理、春節が終わり大勢の中国人が帰った後に「ウイルス対策強化」を叫ぶ!相変わらず、各国と比べて「いい加減すぎる対応」に国民から怒りの声!

Pocket

どんなにゅーす?

・ようやく大手メディアでも「武漢での実際の感染者数は数十万人」との報道が出始めた中、安倍総理が今頃になって「まず感染拡大を防止、国民の命と健康を守ることに全精力をつぎ込む」などと宣言。春節の連休の終了に合わせて、大勢の中国人観光客が日本から帰った後に「対策強化」を叫び出した安倍総理に、国民から批判の声が集まっている。

・その上に、世界の主要国では、中国全土から渡航してきた外国人全員の入国を拒否する対応を行なっている中で、いまだに日本は、湖北省からのみから渡航してきた外国人の入国を「自己申告制」で拒否する対応を続けており、「おざなり対策」しかやろうとしない安倍政権に対し、日に日に国民からの怒りの声が増してきている。

新型ウイルスで観光・地域経済に影響、万全の対策取る=安倍首相

[東京 3日 ロイター] - 安倍晋三首相は3日、衆院予算委員会で新型コロナウイルスに関連し、感染拡大防止に全力を尽くすと同時に、観光・地域経済への影響にも万全の対策を取ると強調した。石田祝稔委員(公明)への答弁。

~省略~

政府として「まず感染拡大を防止、国民の命と健康を守ることに全精力をつぎ込む。と同時に観光や地域経済にも大きな影響をもたらし始めており、政府として万全の対応を取る」と強調した。

【朝日新聞 2020.2.3.】

「感染規模はSARSの10倍!」武漢だけで最大35万人が感染する新型肺炎が健康な大人こそ危ない理由は

中国の新型肺炎の患者数は28日(2020年1月)午前の段階で4225人、死者は106人に達した。また米英の研究チームは、2月4日までに武漢で最大35万人が感染すると予測した。

香港理工大が発表したデータでは、新型肺炎が一人の感染者から平均何人にうつるかを示す数値は、推定3.3人~5.5人。季節性のインフルエンザはだいたい2人だという。また、感染者の年齢の幅も広がっている。いずれも軽症だが、湖北省に行ったことがある生後9か月の乳児、2歳と、9歳の女児にも感染が確認されたのだ。

白血球が体の組織を攻撃してしまう

この新型肺炎で怖いのが、持病も合併症もない若い人にも死亡事例が出ている点だ。36歳男性が、突然の心停止と血圧低下で死亡した。元WHO(世界保健機関)西太平洋地域事務局長の尾身茂さんは、「当初はSARSに比べて病原性は低いと考えられていました。しかしこの事例から、感染性はもとより、病原性も高くなっていることが疑われます」と話す。

~省略~

「毒王はすでに出現している」と中国報道

現地を調査した香港大学の管軼教授は「感染規模はSARSの10倍以上となる」と見ている。

猛威を振るう理由は10人以上に感染させる「スーパースプレッダー」の出現だ。体の免疫反応が弱く、ウイルスを体の中に増殖させ、それを効率的にばらまいてしまう患者のことで、中国名は「毒王」だ。武漢市では1人の新型肺炎患者が医療従事者14人に感染を広げたと言い、「毒王(スーパースプレッダー)はすでに出現している」と報道された。

~省略~

【J-CASTニュース 2020.1.28.】

湖北省滞在の外国人、すべて入国拒否 1日午前0時から 首相「前例のない対応」 

安倍晋三首相は31日夕の新型コロナウイルス感染症対策本部会合で、入国の申請日前14日以内に武漢市を含む中国湖北省の滞在歴がある外国人の入国を拒否することについて、「前例のない対応」とした上で「無症状にも関わらず、ウイルスの陽性反応が出た人がいる事実」を踏まえた対応だと説明した。入国拒否などの措置は2月1日午前0時に発効する。

~省略~

【産経新聞 2020.1.31.】

すでに中国全土に感染が広がっているのに、自己申告制で「湖北省限定」で入国拒否!あまりにおめでた過ぎる安倍政権に国民から怒りの声噴出!

出典:YouTube

なんだか、今頃になって安倍総理が「まず感染拡大を防止、国民の命と健康を守ることに全精力をつぎ込む!」なんて勇ましく声を上げてるけど…春節の連休が終わって、多くの中国人の人々が故郷に帰っていった後にこんなことを言ったところで、まるっきり意味がないじゃないのよっ!!

何から何までピントがずれまくりだし、真性の反知性の”おバカ集団”を日本のトップに据えると「こうなってしまう」という最高の事例だろう。

しかも、ようやくおみこしが上がったと思いきや、新型コロナウイルスの感染がすでに中国全土に広がっている中で、「湖北省限定で入国拒否」したところで、まったく何の意味もない
おまけに、(朝のニュースで観たけど)その内容というのも、「湖北省から来た人のゲート」と「それ以外の場所から来た人のゲート」を作った上で、「湖北省から来た人はこちらのゲートに並んでください」とのプラカードを掲げて、全て自己申告制で対応しているというのだから、これはもう笑ってしまうしかない。
(入国拒否され追い返されてしまうのを分かった上で、一体どれだけの人が「湖北省から来た人用のゲート」に並ぶというのだろうか?

とにかく、米国やロシア、フィリピンやシンガポール、ニュージーランドオーストラリアなど、世界各国が中国全土から渡航してきた外国人全員を入れない対応を徹底している中で、日本はその他の先進国と比べてもトップクラスのずさんさで、まさしく「日本国民の生命や健康よりも、中国人観光客の消費」の本音が丸出しの状態となっている。

まったくもぉ、「まず感染拡大を防止、国民の命と健康を守ることに全精力をつぎ込む」なんて言いながら、全く何の対策にもなってない「やってるフリ」しかやってないじゃないのよっ!!
やっぱり、この安倍政権はわざと日本にウイルスを広めようとしているとしか思えないし、本当に真面目にウイルス対策をしたいなら、まずはこのおバカすぎる安倍政権をどうにかするのが先なんじゃないかしら!?

そして、ようやく、大手のマスコミからも、中国国内の感染者は「数十万人レベル」との情報が報じられるようになってきた。
当サイトでは、いち早くこの実態を予測してきたけど、疑っていた通りに、中国政府は実際の感染者数を大幅に隠蔽していることが確実になっている。

なんせ、日本政府のチャーター便で武漢から帰国した日本人の数と、その中で感染していた人の数の割合(200人中3・4人程度)を武漢の人口数(およそ1100万人)に換算しても、単純計算で「武漢市内だけで20~30万人程度が感染」しているということになるし、やはり、以前に当サイトが紹介したYouTuberの試算はおおむね正しかったということだ。

こんな状況でもなお中国政府を異常に賛美しているWHOのインチキさもますます露呈しているし、これらのいかがわしいグローバリスト連中の発表を真に受けつつ、安倍政権のデタラメ対応を放置していると、いよいよ、日本も数十万人レベルが新型ウイルスに感染するパンデミックに見舞われる恐れがあるだろう。
(全体の状況を俯瞰するに、すでに数百・数千人レベルで日本国内で感染が広がっている可能性が高いものと考えているよ。)

ようやく、一部のニュースでも安倍政権の水際対策について「ほとんど意味なし」みたいな報道が出てきたけど、ほんとに、何から何までがあまりにも遅すぎるわっ!!
中国政府の発表ですらも、死者数が300人超えした上に、フィリピンではついに中国以外で死者が発生してしまったし、安倍政権がわざと日本にパンデミックを起こそうとしているような動きが見える中で、私たち日本国民は細心の注意を払いながら、出来るだけの感染防止を徹底する必要がありそうだわ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事