■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】ついにバイデン大統領が「台湾有事に関与する」と発言!、テレ朝世論調査「与党の議席が増えた方がいい」が半数近くに!、バイデン氏(死神)の来日に熱狂する日本国民!

【ゆるねと通信】ついにバイデン大統領が「台湾有事に関与する」と発言!、テレ朝世論調査「与党の議席が増えた方がいい」が半数近くに!、バイデン氏(死神)の来日に熱狂する日本国民!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2022年5月24日号)

ついにバイデン大統領が「台湾有事に関与する」と発言!→日本の憲法改悪と(米国の身代わりに)中国と戦争させられる未来が確定的に!

バイデン大統領 台湾有事に軍事的関与の考え示す

アメリカのバイデン大統領は、日米首脳会談のあとの記者会見で、中国が武力で台湾統一を図ろうとした場合、台湾防衛のために軍事的に関与する考えを示しました。台湾をめぐり、対応をあらかじめ明確にしないことで、中国の行動を抑止する戦略から踏み込んだ発言だという受け止めが広がっています。

バイデン大統領は23日午後、東京 港区の迎賓館で、日米首脳会談のあと行った共同記者会見で、台湾有事の際の対応を記者から問われると、「台湾についての政策は全く変わっていない。台湾海峡をめぐる平和と安定を支持し、現状が一方的に変更されることがないよう取り組み続ける」と述べました。

その一方で、記者から、台湾防衛のために軍事的に関与する用意があるかと改めて問われると、「ある。それがわれわれの決意だ」と答えました。

そのうえで、「われわれは『1つの中国政策』に同意しているが、力によって奪い取れるという考えは全く適切ではない。地域全体を不安定なものにし、ウクライナで起きたことと同じような状況になる」と述べ、台湾防衛のために軍事的に関与する考えを示しました。

アメリカは台湾をめぐり、中国が軍事力を駆使して台湾統一を図ろうとした際の対応をあらかじめ明確にしないことで、中国の行動を抑止する「あいまい戦略」とも呼ばれる、戦略をとってきましたが、バイデン大統領の発言はこの戦略から踏み込んだものだという受け止めが広がっています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2022.5.23.】


出典:YouTube

次から次へと、私たちが懸念していた展開が現実のものになりつつあります。
バイデン氏のこの発言について、早速ホワイトハウスが「(認知症?による)いつもの失言」などと火消しを行なっていますが、米国内(好戦的なネオコン勢力)において「台湾有事」を通じた中国との戦争を想定した準備が進められており、その中で米国の代わりに日本を最前線に立たせる計画が存在していることは間違いないでしょう。

まったくだ。日米首脳会談の共同会見でこうした発言を行なった意味は非常に大きいし、これ自体が「お前らが俺らの代わりに中国と戦うんだよ」と言ってるも同然だろう。
(中国も早速かなり強烈な表現で敏感に反応しているし、言うまでもなくこれが「ただの失言」で済まされるはずがない。)
やはり、グローバル軍産勢力が主導して(想定している数々の戦争のために)日本の憲法が改悪されるのは「すでに決まっている流れ」ということだろうし、特に日本国民にとってはこのバイデンの発言は最上級の「危険フラグ」のはずなんだけど…。
やはり、Twitterなどの言論空間において日本の人々の反応が非常に薄いというか、むしろ改憲派(軍拡賛成派)によるバイデンの発言を歓迎する声の方が多いようにすら見える。

むしろ(なぜか)野党支持者の方がバイデン氏を信奉している人が多いように見えますし、多くの人々が今でも「バイデンさんなら何とかしてくれるはず」と信じ込んでいるのでしょうか…。
少なくとも、トランプ氏が再選されて同じようなことを発言すれば、ネット上もテレビも、鬼の首を取ったような凄まじい非難の嵐だったでしょうね。

結局のところ、前からボクが指摘してきたように、トランプはロシアともある程度うまくやりながら、中国に対しても(厳しい経済制裁を掛けながら)上手に手綱を握りながらどうにか世界のパワーバランスを維持することが出来ていたということだし、改めて、米国が「世界のボス」としてしゃしゃり出てくるとロクなことにならないことが強烈に証明された。
実際のところ、バイデンが大統領になった途端にウクライナ戦争どころか台湾問題も本格的に緊迫化してきてしまったし、まずはバイデンこそがグローバル資本勢力が送り込んだ「第三次世界大戦勃発のための(悪魔の)使者」であることを多くの人々が理解しないといけないだろう。

 

テレ朝(報ステ)世論調査「与党の議席が増えた方がいい」が45%に(「野党が増えた方がいい」は34%)!すでに「野党大敗」(改憲勢力大勝)が”お膳立て”されてしまっている次期参院選!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事