■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】岸田総理・ロシア産石油の禁輸を表明!、”Wアンドリー”(日本会議と懇親)もウクライナ戦争でヒーロー扱い!、日本のテレビがステパン・バンデラまでもを英雄視!?

【ゆるねと通信】岸田総理・ロシア産石油の禁輸を表明!、”Wアンドリー”(日本会議と懇親)もウクライナ戦争でヒーロー扱い!、日本のテレビがステパン・バンデラまでもを英雄視!?
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2022年5月9日号)

岸田総理がついにロシア産石油の禁輸を表明!欧米グローバリストにひたすら隷属しながら国民の首をより強力に絞めつけ!

岸田首相 ロシア産石油を原則禁輸の方針を表明 G7首脳会合で

ウクライナ情勢をめぐって、日本時間の9日未明、G7=主要7か国のオンラインの首脳会合が開かれ、岸田総理大臣は、ロシア産の石油を原則禁輸する方針を表明しました。

オンライン会合は、日本時間の9日午前0時から1時間余り開かれ、ウクライナのゼレンスキー大統領も参加しました。

この中で、岸田総理大臣は、「ロシアによるウクライナ侵略は、ヨーロッパのみならずアジアを含む国際秩序の根幹を揺るがす行為であり、歴史の岐路に立つ今ほど、普遍的価値を共有するG7の結束が求められている時はない」と述べました。

そして、資産凍結の対象におよそ140人の個人を追加したことをはじめとするロシアへの制裁措置や、ウクライナや周辺国に対する支援の実施状況を説明し、G7が連携して対応を強化していくことが重要だという認識を示しました。

そのうえで、「エネルギー資源の大半を輸入に頼っている日本としては厳しい決断だが、G7の結束が何よりも重要な時だ」と述べ、今回の首脳声明も踏まえロシア産の石油を原則禁輸する方針を表明しました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2022.5.9.】


出典:YouTube

ついに岸田総理がロシア産石油の禁輸措置を表明しました。
これまでは(日本国民への影響を考慮してか)曖昧な態度を示していましたが、私たちの日本を本気で滅ぼそうとしているジャパンハンドラーやウクライナ政府からの強い脅しについに屈してしまったようです。

あーあ。
いよいよ岸田政権も(自分たちの保身と引き換えに)日本国民を本格的に生贄として差し出すことを決めてしまったみたいだし、この国が戦後かつてなかった規模のエネルギー・食糧危機に見舞われる事態がますます現実味を帯びてきた。
(実際のところ、欧州はちゃっかりと”裏ルート”を通じてロシア産石油を入手し続けていく公算が大きいし、ここでも最も甚大な
損害を被るのは他ならぬ日本国民自身だということだ。)
まずは、火力発電において非常に大きな影響が出そうだし、この先必然的に「原発」への依存度やさらなる再稼働への機運が大きく高まっていくことが考えられる。
日本が再び本格的な”原発依存体質”に戻っていってしまうとどうなっていくか…?
当サイトの読者さんであれば詳しく説明しなくともわかるはずだ。

ウクライナ戦争から第三次世界大戦に発展していった場合、ほぼ確実に憲法改悪が実行され「戦争が出来る国」に変えられてしまうはずですので、ますます日本国内で核テロのリスクが高まっては、経済・エネルギー軍事などあらゆる分野において破滅的事態に見舞われる危険が大きく高まってきます

総理になる前は「自民党内の良識派」を気取っては、「安倍・菅との違い」をアピールしていた岸田総理だけど、ふたを開けてみると、アベスガと全く同レベルの売国&国賊屋の本性が明らかになってしまったし、このままでは冗談抜きで餓死する日本国民が続出しては、この国が本格的な戦場と化す危険性も出てきた。
というか、(全体的な動きをみても)グローバル支配層は本気で日本を破滅させようとしているみたいだし、少なくとも、岸田総理の最悪の売国政治を支持したりゼレンスキー政権を賛美し応援し続ける限り、日本国民の前代未聞の”大規模集団自殺”を避けることはできないだろう。

 

(日本の改憲を主張し日本会議と深い関係を築いてきた)”Wアンドリー”もウクライナ戦争でヒーロー扱いに!(右派左派関係なく)世界大戦の道に誘導されつつある日本の人々!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事