■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【小池劇場プランB】都議選、自公で過半数届かず!都民ファは大きく減らすも自民に続く第二党に!小池知事は部下からの要請に(渋々)応じ、最終日に「サプライズ応援」!

【小池劇場プランB】都議選、自公で過半数届かず!都民ファは大きく減らすも自民に続く第二党に!小池知事は部下からの要請に(渋々)応じ、最終日に「サプライズ応援」!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年7月4日、東京都議会選の投開票が行われ、事前予測通りに自民党が議席を増やしたものの、自公合わせて過半数に届かず伸び悩む結果に終わった。

・一方、惨敗が予測されていた都民ファは数を大きく減らしたものの、自民に続く第二党を確保立憲や共産は前回と比べ数を増やしたものの、勢力を大きく拡大させるまでには至らなかった。

都議選 自民第1党も自公で過半数届かず 都民は議席減で第2党に

~省略~

東京都議会議員選挙は開票が行われ、42の選挙区の127の議席が確定しました。

選挙前は45議席で第1党だった都民ファーストの会は14議席減らして31議席にとどまりました。

2人を擁立した八王子市でいずれも落選したほか前回の選挙で2人が当選した選挙区で今回は1議席にとどまるケースが相次いだためです。

一方、選挙前25議席だった自民党は議席を上積みしたとはいえ、33議席の獲得にとどまって、過去2番目に少ない議席数になり都議会第1党にはなったものの目標としていた自民・公明両党での過半数にも届きませんでした。

2人を擁立した品川区と目黒区の選挙区ではいずれも1議席も獲得できなかったほか、大田区では3人中2人が落選するなど厳しい結果となりました。

自民党と選挙協力を行った公明党は23人の候補者全員が当選し、平成5年の都議会議員選挙以降、8回連続での全員当選となりました。

また共産党は、選挙前の18議席から1つ増やして19議席を確保しました。

さらに、選挙前8議席だった立憲民主党は15議席に伸ばしました。

日本維新の会と、東京・生活者ネットワークは、いずれも選挙前と同じ1議席を獲得しています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.7.5.】

小池知事の都政運営「評価する」が64% 都議選 NHK出口調査

NHKは、4日、有権者の投票行動や政治意識を探るため、出口調査を行いました。調査は都内484の投票所で投票を終えた有権者4万3600人を対象に行い、60.5%にあたる2万6359人から回答を得ました。一方、3日までに有権者のおよそ12.4%が期日前投票を済ませていますが、これらの方々は調査結果に含まれていません。

~省略~

小池知事の都政運営
小池知事の都政運営について聞いたところ、
▼「評価する」が64%、
▼「評価しない」が36%でした。

都のコロナ対策
東京都の新型コロナ対策について聞いたところ、
▼「大いに評価する」が9%、
▼「ある程度評価する」が52%、
▼「あまり評価しない」が28%、
▼「全く評価しない」が11%でした。

東京オリンピック
東京オリンピックの観客の上限は1万人が原則で、状況次第で無観客の可能性があります。
これについて聞いたところ、
▼「現時点で無観客の方針にすべき」が38%、
▼「大会は中止すべき」が26%、
▼「今の方針に賛成」が21%、
▼「大会は再延期すべき」が10%、
▼「観客の制限なく開催すべき」が5%でした。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.7.4.】

都ファ31議席獲得で小池知事は高笑い 奇手“寝たふり作戦”の全内幕と今後の政局

自公はもちろん、都民もまた“女帝”に「してやられた」のか。

~省略~

「小池知事、応援いただきましてありがとうございます」

都議選ラストサタデーの3日午前、小池知事がガラス張りの選挙カーに乗って現れるなり、涙ながらにそう“絶叫”したのは、都ファの荒木千陽代表だ。この日、小池知事はマイクこそ握らなかったが、都ファ候補10人超の事務所を激励して回った。下馬評を覆したのは、突然の応援行脚が奏功したと言っていい。

「小池知事の応援入りの裏には、側近らの必死の要請があったようです。2日の会見で知事が『都ファには頑張ってもらいたい』と発言したのを受け、側近らは勝手に知事の『遊説スケジュール』を提示。ウワサされた自民の二階幹事長との〈都ファ候補は応援しない〉という密約が頭をよぎったのか、小池知事は当初、『それはできない』と怒って突っぱねたそうです。しかし、荒木代表以下、側近に押される形で『演説はナシ』という条件で応援行脚を受け入れたと聞いています」(官邸事情通)

~省略~

当選した都ファ都議はこう言う。

「入院後、われわれに対する街中の反応が激変したのです。自民、公明支持を公言する人から『今回は都ファに入れるよ』『頑張って』と声をかけられる機会が圧倒的に増えました。入院した時は不安でしたが、結果的に『知事不在』が同情票を集めたと実感しています」

わざわざ開いた退院後の会見でも小池知事は頼りない足取りで現れ、「どこかでバタッと倒れるかもしれないが、本望だと思ってやり抜く」とかすれた声で話した。この“お涙頂戴”の姿も、都民の同情を誘ったのだろう。

~省略~

この状況こそ小池知事にとって願ったりかなったりの展開だ。自身の言動ひとつで今後の政局のキャスチングボートを握れるからだ。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.7.5.】

(事前予想を覆し)都民ファが第二党にとどまったものの、結局は小池都知事が”高笑い”!小池氏が強大な権力を維持する「Bプラン」の茶番劇に!

出典:NHK

小池都知事の怪しげな「入院パフォーマンス」で様々な憶測や噂が飛び交っていた東京都議選が終わりました
マスコミは「自民党惨敗!」などとしきりに報じていますが、結局は都民(国民)にとっては「非常に良くない結果」に終わった感じですね。

マスコミは、自公と都民ファを常に「天敵同士」と見立てたうえで報じているけど、これ自体が壮大なフェイクであり国民騙しだからね。
実際には、自民と都民ファは「敵同士のフリをした仲間(大阪における維新みたいなもの)」であり、自公に都民ファを加えたうえで全体の勢力を見ると、やはり、「野党」が圧倒的に少ないことが分かる。
投票率が過去2番目の低さで40%そこそこだったことが報じられているけど、そりゃ、こんな状況では「国民第一の政治」を真剣にやろうとする政治勢力が増えるはずがないし、結局は、1%のグローバル資本家らによる思惑通りの結果が出たということだ。

その一方で、選挙前には「小池氏はわざと都民ファを壊滅に追いやった上で、次期衆院選で自民から出馬するシナリオが進行している」との噂が飛び交っていましたが、確かに都民ファは大きく数を減らしたものの、第二党の勢力を維持しましたし、この予想はいささか外れた感じですね。

(全体的な状況を俯瞰してみた限り)ボク自身もこうした展開を予測していたけど、上の日刊ゲンダイによると、選挙最終日に部下が小池氏に応援を要請したものの、小池氏が「それはできない」と怒って突っぱねたらしい。
しかし、最終的には、懇願してきた側近に押される形で「演説はナシ」という条件で(仕方なく)応援行脚を受け入れたとのことだし、こうした動きをみても、小池氏は直前まで本気で都民ファを潰そうとしていた疑いが強い
しかし、結果としては、あの小池氏の「入院&復帰パフォーマンス」が、多くの有権者の同情を引き、当初の予測に反して、選挙戦終了間際になって小池氏の都民ファが大きく巻き返した結果となった。
簡単にいえば、これは「小池劇場プランB」であり、これもあらかじめ想定していたシナリオといっていいだろう。

どちらにしても、小池氏の権力の維持・強大化に直結する結果であり、「国民最優先の政治」からはますます遠のいていく(グローバリストによるグローバリストのための都政)結果とみて間違いないですね。

現在マスコミがしきりに騒いでいる「自民惨敗」との喧伝も、こうした本質を覆い隠すための露骨な世論誘導といえるだろうし、正しくは、「自公&都民ファが大きく過半数超えでグローバリスト側が大勝利」だ。
本来であれば、自民党が前回のままかさらに議席を減らしたうえで、都民ファも勢力を減らし、立憲・共産・れいわが残りの議席を獲ることが出来れば最高の結果といえたかもしれないけど、野党側も微増で終わったし、まあ結局のところは、今回も、小池氏と彼女を操るグローバリストによって、思い通りの「茶番劇」をやられてしまったということだね。

どうやら、グローバリストは小池氏の権力をますます増長させようとしている一方で、菅総理の”お払い箱”はさらに一歩近づいてきたといえそうですし、現在国民が最も警戒すべきは、やはりこの小池都知事といえるかもしれません。

おまけに、都民における小池氏の支持率が非常に高い有様だし、このまま多くの人々が深く騙され洗脳され続ける限り、グローバリストが追い求めてきた「ディストピア」に向けて、既存の社会システムの完全なまでの崩壊が着々と推し進められていくことになりそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事