■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】林芳正氏の外相就任に安倍元総理が大激怒!、立憲・泉健太政調会長「維新とやれる部分は一緒に」!、政府の前にまずは「皇室がAI化」!?

【ゆるねと通信】林芳正氏の外相就任に安倍元総理が大激怒!、立憲・泉健太政調会長「維新とやれる部分は一緒に」!、政府の前にまずは「皇室がAI化」!?
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2021年11月12日号)

林芳正氏の外相就任に安倍元総理が大激怒!政治記者の間では安倍氏の「激やせ」が話題に!

安倍元首相が怒り心頭! “天敵”林芳正氏の外相起用で「選挙区争奪戦」への危機感露わ

~省略~

予想通り、林氏の外相起用に対し、安倍晋三元首相がカンカンになっている。週刊現代によると「党の反対を押し切って強引に鞍替えした人が、いきなりポストを得るのはおかしい」と文句をつけているそうだ。

■選挙区がなくなる

もともと、安倍元首相と林氏は地元山口で親子2代にわたって対立してきた“天敵”同士。嫌いなヤツが外相就任でスポットライトを浴びるだけでも不愉快なのだろうが、このままでは林氏に選挙区を奪われかねないと危機感を強めているらしい。

「山口県内では“林総理”への期待が強く、安倍さんは“過去の人”になりつつあります。今回の選挙でも、安倍さんは地元に張りついてガムシャラに選挙運動をやったのに前回から2万票も減らしている。ややこしいのは、次期衆院選から山口県の選挙区は定数4から定数3に1減になることです。恐らく、林さんの山口3区と安倍さんの山口4区が統合され“新3区”になるはず。安倍VS林の公認争いが勃発するのは間違いない。もし、2人とも無所属になってガチンコで戦ったら林さんの方が強いと思う。次回、安倍さんは選挙区を手放さざるを得なくなる可能性があります」(政界関係者)

岸田首相の「挑発人事」か

安倍元首相の怒りの矛先は、当然、岸田首相に向かっているはずだ。そのためか一時、林外相を断念し、小野寺五典元防衛相を外相に起用するプランも取り沙汰された。岸田首相は安倍元首相の怒りを十分承知しながら、林氏を外相に就ける判断をしたとみられている。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.11.9.】

最大派閥「安倍派」発足でも消えないストレス…スーツぶかぶか元首相の“激ヤセ”が話題

~省略~

名実ともにキングメーカーとして清和会の実権を握った。さぞや意気軒高かと思いきや、痩せてしまったのか、この日もスーツのゆったり感が少し気になった。ワイシャツの首元もユルユル。どうやら、ストレスをため込んでいるらしい。

安倍元首相の会長就任は「全会一致」と伝えられている。だが、安倍元首相が「派閥の総意」を要望したから表向きそう説明されているだけで、内実は違う。

「会長だった細田さんが役員会で、『安倍さんに会長を継いでもらいたい』と表明した時も、拍手がなくシーンとしていた。『総理までやったのに、今さら派閥会長か』という冷ややかな視線がある。安倍さんが派閥に戻ったら、高市さん(政調会長)も戻るのか、という反発もある。稲田さん(元防衛相)なんて、酔った勢いで安倍さんに電話して『冗談じゃないわよ。高市さんとは一緒にやれないわよ』と直接伝えたらしい」(細田派事情通)

~省略~

「さらに安倍さんをイラつかせているのは、林芳正さんの外相就任です。安倍さんは難色を示したのに、岸田総理が押し切った。安倍さんと林さんは地元山口で長年、敵対してきたうえ、山口は選挙区の区割り変更で、現状の4から次回は3に減らされるので、対立が激しくなるのは必至。ただでさえ安倍さんから林さんに移っている地元の求心力が、ますます離れそうで、安倍さんはかなり焦っている」(自民党関係者)

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.11.12.】


出典:YouTube

どうやら、安倍元総理が、林芳正氏の外相就任に相当怒ってるみたいねっ!
記者の間でも「激やせ」が話題になってるみたいだし、そんなにストレスが溜まっているなら、これを機に潔く政界を引退して、自らが犯した多くの罪に真摯に向き合っていけば、少しは救いようがあると思うんだけど…!

残念ながら、そんな気はさらさらないみたいだし、これからも(党内だけでなく国民からも白い目で見られながら)政界に居座り続けては、あの手この手で権力を維持させることで、どうにかして逮捕される事態を回避しようとしているみたいだね。
その「凄まじい執念や熱意」を一度たりとも「日本国民のため」に向けてくれれば、もう少しこの国もマシな状況になっていたのではと思うけど、この男の頭の中は、常に「私利私欲」と「権力維持」、そして「どうすれば、海の向こうのご主人様に気に入ってもらえるか」だけで一杯だ。
ここ最近(特に衆院選で勝利して以降)、(かねてよりボクが予測していた通りに)岸田総理が安倍氏の意向をますます平然と突っぱねるようになっているし、こうした様子をみても、すでに、世界支配層にとっても安倍氏が「オワコン扱い」になっていることがよく分かる。

これに対して、安倍氏は「安倍派の結成」を通じて、どうにかして岸田総理に圧力を脅しをかけて自身の権力を維持しようとしているみたいだけど、このままの勢いで、最後は安倍氏が地元(山口3区)を追われることで”完全失脚”することを願っているわ!

安倍氏もそうした展開を強く危惧しているからこそ、最近やつれて元気がなくなっているのだろうし、これを機に、岸田総理が安倍氏を本格的に”切り捨てる”ことで、森友や桜疑獄の再捜査などを通じて(しかるべき手続きに則って)安倍氏が逮捕されることを願っているよ。

 

立憲・泉健太政調会長が「維新とやれる部分は一緒に」!”憲法改悪”と”野党共闘崩壊”がますます深化・進行へ…!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事