■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】コロナ大爆発の「国難」の中「政局報道」が全開に!、立憲・枝野氏が改めて共産との連立を否定!、入管における「収容者への暴行行為」が依然止まらず!

【ゆるねと通信】コロナ大爆発の「国難」の中「政局報道」が全開に!、立憲・枝野氏が改めて共産との連立を否定!、入管における「収容者への暴行行為」が依然止まらず!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2021年9月3日号)

コロナ大爆発の「国難」の中、国民間に広がる苦しみや疲弊もそっちのけで「政局報道」が全開に!

自民党総裁選 菅首相が立候補の意向 二階幹事長に伝える

~省略~

9月17日告示、29日投開票の日程で行われる自民党総裁選挙について、菅総理大臣はこれまで「時期が来たら出馬をさせていただきたいと申し上げており、それに変わりはない」と述べ、再選に意欲を示していました。

こうした中、菅総理大臣は2日午後、自民党本部で二階幹事長らと会談し、総裁選挙に再選を目指して立候補することを伝えました。

総裁選挙には、すでに岸田前政務調査会長が立候補を表明しているほか、高市前総務大臣も意欲を示していて、複数の候補者による選挙戦となる見通しです。

~省略~


【NHK NEWS WEB 2021.9.2.】

小泉進次郎氏が菅首相に「降ろすなら降ろせ!」猛ゲキ 内閣改造で官房長官狙いか

小泉進次郎環境相(40)が、自民党総裁選(9月17日告示、29日投開票)で菅義偉首相(72)の再選を強く支持した。

進次郎氏といえば、フリーアナウンサーの滝川クリステル(43)との結婚を当時の安倍晋三前首相(66)より先に、官房長官だった菅首相に報告して話題となった。

「あの時は驚きましたね。菅首相、河野太郎大臣、進次郎氏は神奈川選挙区で親しい間柄。進次郎氏は総裁選の立候補に含みを残す河野氏と違い、菅首相と〝密〟の関係でいられるのでしょう」(自民党関係者)

進次郎氏は27日の会見で菅首相をこう激励した。

「『降ろすなら降ろせ!』と戦う姿勢をもって挑んでもらいたい。首相自身の言葉で戦いきってもらいたい」

進次郎氏が菅首相と〝心中〟する覚悟なのは、次の内閣改造のことが頭にあるからだという。

~省略~

【Yahoo!ニュース(東スポWeb) 2021.8.27.】

今も首都圏や大阪を中心に、コロナ感染爆発による医療崩壊が続いているというのに、この国の与党政治家やマスメディアは一体何をやってるのよっ!!
自宅療養を強いられていることで、多大な不安の中で命と健康の危機に晒されている国民が大量にいる中で、菅総理はそんな国民を完全にほったらかしにして、再選するための奇策を練り続けた末に(万策尽きたとみて)突然辞任を表明するわ、大手マスコミもまんまと「自民党の悪だくみ」に引っ掛かって、政局報道に明け暮れる始末だわっ!!

挙句の果てには、多くの国民が生死の境を彷徨っているコロナ危機が総裁選の自己PRに利用されている事態になっているし、何から何までが根底から狂っているとしか言いようがない。
おまけに、菅総理が今頃になって突然総裁選に出馬しない意向を発表したことで、ますますマスコミはこの事態をセンセーショナルに報じては、「誰が出馬し、誰が当選しそうか」といった報道に終始することになるだろう

本当に、菅総理は、最後の最後までろくなことをしてくれなかったし、次は、これまでよりも少しはマシな総理になってほしいところだけど…これまで名前が挙がっているメンツを見てもしょうもないような人物ばかりだし、どちらにしても、次の選挙で政権交代を果たさない限り、今の日本社会の非常にまずい事態を改善していくことは難しいのではないかな。

 

立憲・枝野氏が(こんな重要な時に)改めて共産との連立を否定!「長期的に目指す社会像に違いがあり、連立政権は考えられない」

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事