■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】自民総裁選(誰もなりたがらないせいで)「菅総理再選」の流れに、衆院選で「自民惨敗」の場合・維新と連立を組む可能性も!?、NHKがイベルメクチンのネガティブ報道に腐心!

【ゆるねと通信】自民総裁選(誰もなりたがらないせいで)「菅総理再選」の流れに、衆院選で「自民惨敗」の場合・維新と連立を組む可能性も!?、NHKがイベルメクチンのネガティブ報道に腐心!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2021年8月27日号)

※今号より通常時の「ゆるねと通信」を再開させていただきます。管理人や家族の体調について報告したい変化や問題などが発生した場合、再び「特別寄稿記事」としてお伝えしようと考えております。

自民総裁選は(誰もなりたがらないせいで)「菅総理再選」の流れに…!(今回もまた)安っぽい茶番劇の臭いがプンプン!

自民 総裁選 9月29日投開票で決定 党員・党友による投票も実施

~省略~

菅総理大臣の総裁としての任期が9月末で満了するのを前に、自民党は、午前の総裁選挙管理委員会の会合に続き、午後には総務会を開き、総裁選挙の日程などを協議しました。

その結果、9月17日告示、29日投開票の日程で、党の規程に基づいて党員投票も実施することを決めました。

~省略~

総裁選挙をめぐっては、菅総理大臣が再選に重ねて意欲を示しているのに対し、去年の総裁選挙にも立候補した岸田前政務調査会長が立候補の意向を固め、このあと正式に表明することにしています。

また、高市前総務大臣と下村政務調査会長が立候補に意欲を示しています。

総裁選挙管理委員会は、今後、公開討論会などの日程について調整を進めることにしています。

~省略~


【NHK NEWS WEB 2021.8.26.】

自民総裁選について、早速、虚々実々の駆け引きやネット上で様々な声が飛び交い始めました。
まだ事態は流動的ですが、菅総理と岸田氏の立候補はほぼ確実みたいで、また、ネット上の「自称保守」集団は高市氏を全面的に推す声が高まっているみたいです。

事実上の日本の総理を決める自民党の総裁選なので、言うまでもなくジャパンハンドラーのグローバリストが大々的に介入していることは確実だけど、見たところ、(他にちょうどいい人材がいない&誰も総理になりたがっていないことで)早くも菅総理の再選が見えてきた感じだ。
つまりは、菅総理以外の候補者は完全な「ピエロ役」ということになるけど、岸田氏との一騎打ちの構図になると、(菅総理が国民間で圧倒的不人気に陥っている中で)党員票を加えると菅総理が負ける可能性があり、こうなると(菅氏を続投させるために)不正を行なわないといけない状況に陥る可能性がある。

…というわけで、菅総理の続投に批判的な考えを持っている議員(特に中堅・若手など地盤があまり強くない議員)の票を大きく割るために、出来るだけ多くの候補者を立てる必要があるというわけですね…。

ネット上の「自称保守軍団」は高市氏を異様なまでにゴリ押ししているけど、岸田氏に加えて高市氏が立候補すれば、菅総理を勝たせたい二階幹事長からすれば、かなり都合がいい展開になるし、さらには「民主主義やってるふりパフォーマンス」も出来るからね。
要するに、やっぱり今回の自民総裁選も、グローバリストが大々的に介入したヤラセ・プロレス臭ぷんぷんの茶番劇になりそうってことだし、みたところ、「菅続投で日本壊滅」路線がかなり濃厚になってきた感じだね。

それだけ、二階幹事長が現在の自民党内で圧倒的な権力を維持しているということですし、自民党そのものがすでに中国共産党の完全な傀儡と化してきているということではないでしょうか。

そうだね。簡単に言うと、(これまで主流派だった)「米国の傀儡勢」と、(近年大きく影響力を増してきている)「中国の傀儡勢」で主導権争いをしているということだし、菅総理が再選となると、ますます自民党が中国共産党の実質的な支配下に入ることになるのではとみているよ。

 

衆院選で「自民惨敗」の場合、維新と連立を組む可能性も!?BSテレ東の番組で馬場幹事長が示唆!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事