■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】聖火リレーの財源「100億円のスポンサー協賛金」だった!、コロナ第4波を利用して「国民投票法改正案」採決を目論む与党!、五輪相も把握できない「使途不明」「ブラックボックス」状態の東京五輪!

【ゆるねと通信】聖火リレーの財源「100億円のスポンサー協賛金」だった!、コロナ第4波を利用して「国民投票法改正案」採決を目論む与党!、五輪相も把握できない「使途不明」「ブラックボックス」状態の東京五輪!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2021年5月3日号)

まさに「カネカネカネ」!「何が何でも強行中」の聖火リレーの財源は「100億円のスポンサー協賛金」だった!

垣間見える商業五輪の醜さ スポンサーで成り立つ聖火リレー

47都道府県で人口が最も少なく、県内総生産も最小の鳥取県。平井伸治知事(59)が、首都東京の五輪の聖火リレーを「アメリカナイズされた大騒ぎ」と評している。

~省略~

4月、本紙のインタビューに応じた平井知事の口調は穏やかだが辛口だった。東京・秋葉原で生まれ育ち「東京の感覚は分かる」とした上で、「全国のリレーを東京基準で作るというのは合理的ではないのではないか」「地域になじむやり方がある」「商業主義と五輪の理想の調和を保つべきだ」と説いた。

~省略~

◆100億円の協賛金 リレー中止できない理由

企業に広告を認める代わりに、莫大な協賛金を負担してもらう―。そんな「商業五輪」の源流は、1984年のロサンゼルス大会にさかのぼる。背景には、その8年前のモントリオール大会が巨額赤字を残したことへの反省があった。
東京大会の聖火リレーがスポンサー優遇に見えるのはなぜなのか? 答えは単純である。リレーの財源が、約100億円のスポンサーの協賛金だからだ。
国からの支出はない。都も他の道府県と同様に、都内の沿道警備や式典の費用を負担するだけだ。

~省略~

【東京新聞 2021.5.3.】


白い「目隠し幕」を張ったりしてまで、異様なまでに聖火リレーを強行していることに強い不審感を持ってみてたけど、、、やっぱりね!
これじゃ、完全に「スポンサーによるスポンサーのための聖火リレー」だし、まんまと聖火ランナーの一般市民がグローバル大企業のダシに使われてしまってる状態だわっ!

まさにボク自身も指摘してきた、「1%の腐敗した権力層による『黒い金儲け』のための東京シロアリンピック」であり、組織委幹部による「世論の批判を浴びたからといって、リレーを途中で中止したら、スポンサーから『逸失利益を支払え』と言われかねない」との言葉が全てを物語っている
言ってみれば、「東京五輪を強行開催することと引き換えに、日本をここまでのコロナ地獄にしてしまった」というのが実情であり、まさに、グローバル資本勢力の利益のために、多くの日本国民が言葉で言い表せないほどの苦難を強いられているどころか、すでに多くの国民がコロナ感染症で犠牲になってしまっている

平たく言えば、(いつも口を酸っぱくして言ってきたけど)「グローバル資本勢力の傀儡政権によって、多くの日本国民が極限まで疲弊させられては殺されてしまった」ということだし、東京五輪は「日本の”死”を象徴する呪われた祭り」ということだね。
(こうした実情を報じてくれているのはごく一部のマスコミだけだし、中でも東京新聞はかなり頑張ってやってくれているね。)

こうした実情があるからこそ、私たち日本国民は全力で「東京シロアリンピックの中止」を叫んでいかないといけないわけだし、そもそも、ここまでコロナ禍が深刻化している中で強行開催すれば、それこそ一体どういうことになるかしら!?

そうだね。
ありとあらゆる面で、想像しないほどの凄まじい損害や、甚大なトラブルが発生する可能性がかなり大きいのではないかな?

 

コロナ第4波を利用して「国民投票法改正案」採決を目論む与党!表向き「慎重姿勢」だった公明がアシスト役に!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事