■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】二階氏・五輪について「(感染拡大続けば)すぱっとやめないと」!、愛知不正署名・田中事務局長が「自らが逮捕される可能性」に言及!、中国政府・麻生発言に「汚染水飲んでみて」「太平洋は日本の下水道ではない」と非難!

【ゆるねと通信】二階氏・五輪について「(感染拡大続けば)すぱっとやめないと」!、愛知不正署名・田中事務局長が「自らが逮捕される可能性」に言及!、中国政府・麻生発言に「汚染水飲んでみて」「太平洋は日本の下水道ではない」と非難!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2021年4月15日号)

自民・二階氏、東京五輪について「(感染拡大続けば)すぱっとやめないと」と発言!ネット上で憶測相次ぐ!

自民・二階氏「無理ならすぱっとやめないと」 東京五輪、コロナ拡大必至の場合

自民党の二階俊博幹事長は15日、TBSのCS番組収録で、新型コロナウイルスの感染拡大が続く場合、今夏の東京五輪・パラリンピックを「すぱっとやめないといけない」と述べた。五輪中止の可能性に言及したもので、有力幹部の発言だけに波紋を呼びそうだ。

二階氏は、五輪開催でコロナの感染拡大を懸念する声があると問われ、「これ以上無理だということだったら、すぱっとやめないといけない。五輪で感染をまん延させると、何のための五輪か分からない」と指摘した。

~省略~

【時事通信 2021.4.15.】


ついに、自民党の幹部から、東京五輪が中止になる可能性について言及した発言が飛び出しました。
単なる思い付きなのか?といった声から、米国・または中国から”お達し”があった可能性など、様々な推測が飛び交っていますね。

ううむ…現時点では様々な可能性が考えられるし、確たることは言いづらいけど、二階氏の発言は「単なる思い付きではない」のは確かだろう。
タイミングとしては、米大手紙NYタイムズが、東京五輪の強行開催について「一大感染イベントになる可能性がある」と強く非難、そしてバイデン政権との初の日米首脳会談を目前に控えているタイミングであることからも、「支配層の中で”東京五輪中止”のパワーがかかり始めてきた」と考えるのが自然だし、そもそも、前から言ってきたように、物理的に東京五輪を強行開催するのは完全に無理だからね。

東京五輪までおよそ3か月になった現在、第4波が本格的に襲来している状態であり、このままいけば、先の2回の緊急事態宣言時よりもさらにひどい感染拡大に見舞われる可能性があります。
このような状況で、1・2か月のうちに感染を完全に抑え込むことはほとんど不可能でしょうし、それでも東京五輪を強行するとなれば、まもなく世界中からボイコットと非難の嵐が吹き荒れることとなるでしょう。

だからこそ、「昨年の時点で、政権がすぱっと中止を決断すべき」だったのに、またも、安倍前総理によって日本がさらに一段階も二段階も破壊されてしまったね。
首都圏全体も「まんぼう」の発令に向けて本格的に動き出したけど、この流れでいくと国内外で「五輪中止」を求める声が最高潮に達していくだろうし、近いうちに(ジャパンハンドラーからも”お達し”が出ることにより)日本政府から中止が発表されるものとみるのが最も妥当な見立てなのではないかな。

 

愛知不正署名、田中事務局長が「自らが逮捕される可能性」に言及!「署名偽造バイト募集」の発注書に田中氏のサインと印鑑!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事