■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】「桜前夜祭」安倍前総理側が(違法に)補填した分は800万円超!、菅総理が官房長官時代に受け取った「官房機密費(闇カネ)」は年11億円超!、「#安倍晋三の逮捕を求めます」のハッシュタグがあっという間に20万超に!

【ゆるねと通信】「桜前夜祭」安倍前総理側が(違法に)補填した分は800万円超!、菅総理が官房長官時代に受け取った「官房機密費(闇カネ)」は年11億円超!、「#安倍晋三の逮捕を求めます」のハッシュタグがあっという間に20万超に!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2020年11月24日号)

「桜前夜祭」安倍前総理側が補填した分は800万円超!重大な公選法違反&政治資金規正法違反がほぼ確実に!

検察が「桜を見る会」前夜祭の公選法違反の証拠をつかんでいた! 安倍が「ない」と言い張った費用補填800万円の明細と領収書が

~省略~

さらにNHKは夜の『ニュース7』でも続報を打ち、具体的な補填金額まで報じた。内容は以下のようなものだ。

「会場となった2つのホテルは、懇親会の費用の総額などが記された明細書を安倍前総理大臣の事務所側に宛てて作成していて、去年までの5年間の費用の総額は合わせて2000万円を超えることが記されているということです。
さらに、この総額から、参加者から集めた会費分などを差し引いた少なくとも800万円以上については、安倍前総理大臣側が負担したことを示す領収書が作成されていたということです。
東京地検特捜部もこうした経緯を把握し、後援会の代表を務める安倍前総理大臣の公設第1秘書らから任意で事情を聴くなどして確認を進めているものと見られています」
つまり、5年間で最低でも800万円以上を安倍首相側が補填していたことを示す証拠が出てきて、それを検察が押さえていたのである。

安倍前首相は国会でも「事務所側が補填したという事実はまったくない」「後援会としての収入、支出は一切ない」と言い張ってきたが、やはりあれは真っ赤な嘘だったわけだ。

~省略~

【リテラ 2020.11.23.】


↓いよいよ、安倍前総理の逮捕がカウントダウンか!?

出典:YouTube

「安倍前総理の秘書らが事情聴取」「800万円超にも上る安倍氏側の補填分を示した、ホテル側による領収書が存在」と、これらのセンセーショナルな報道に対し、ネット上もかなり大きな反響となっているようですね。

正直言って、安倍前総理の重大な違法行為と虚偽答弁を示す、ここまで強力な証拠が出てくるとは思っていなかったし、(特捜によるお墨付きを得たことで)それなりに各マスメディアも大きく報じているみたいだね。
ネット上でも相当大きく盛り上がっているみたいだし、これで、特捜が「(安倍氏の違法行為が認定されたものの)不起訴で捜査終了」なんていう展開になれば、相当大きな抗議や怒りの声が噴出するのは確実だろう。
そういう意味では、上のリテラの記事で推測しているように、国民の世論を盛り上がらせるために特捜がわざとこれらの情報をマスコミにリークした可能性があるし、果たして、この先、「安倍逮捕」の「重大局面」があるのかどうか

いずれにしても、この先も目が離せない展開が続いていきそうだ。

 

菅総理が官房長官時代に受け取った「官房機密費(つかみカネ)」は年11億円超!しんぶん赤旗は「閉鎖的で既得権益なのは一体どちらか?」と痛快にバッサリ!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事