【ゆるねと通信】トランプでもバイデンでもない「第3の人物」が米大統領に!?、菅総理が国会で「鬼滅ネタ」を披露するも盛大にスベる!、時事通信が菅総理の答弁を「安全運転」と”支離滅裂”擁護!

Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2020年11月3日号)

トランプでもバイデンでもない「第3の人物」が米大統領に!?苫米地氏「事実上内戦状態であり、ネオコン(海外勢力)vsトランプ(アメリカ) であり、 両者、民間軍事会社の戦いにもなる」

 米大統領選、3日は各州の投票所に州兵部隊が派遣され厳戒態勢に

<選挙結果が判明後の混乱に備えるほか、投票システムへのハッキングに備えるサイバー部隊も投入される>

米ウィスコンシン州のトニー・エバーズ知事は29日、米大統領選投票日の11月3日、州兵を動員して投票所運営を支援することを明らかにした。

~省略~

また州兵のサイバーセキュリティー専門部隊が、コロラド州をはじめ、いくつかの州で投票システムへのハッキングの警戒にあたる。コロラド州のジャレッド・ポリス知事は10月、州兵のサイバー部隊10名に対して、ハッカーによる有権者の個人情報の漏洩に警戒する知事令を出した。

デラウェア州でも、州兵サイバー部隊20名が選挙データベースのハッキング防止策を州選挙管理担当と協力して策定している。このほか、イリノイ州、ペンシルベニア州、テネシー州、ワシントン州でも州兵が選挙システム関連のサイバーセキュリティー強化にあたっている。

また暴動など不測の事態が生じた場合に備えて、アラバマ州では州兵部隊が派遣される。27日に公表された声明によると、アラバマ州兵の選任部隊が「地元警察と協力して支援を行う」という。

~省略~

今回の大統領選では、選挙結果が正式に決まっても、各候補の得票数が数日間、確定しないことが予想されている。連邦最高裁は28日、ノースカロライナ州とペンシルベニア州に対して、郵便投票の集計を3日の投票日以降に行うことを認める判断を示した。

~省略~

【Newsweek 2020.10.30.】



出典:FNNプライムオンライン

いつも面白い話を聞かせてくれる苫米地さんが、トランプさんでもバイデンさんでもない「第三の米大統領の誕生」の可能性に言及したわ。
私も、こうしたシナリオは十分にあり得ると思うし、文字通りに「何が起こってもおかしくない」のが今回の大統領選だわ。

まさに、これから起ころうとしている米国内の大混乱は、グローバル資本勢力が推し進めてきた「世界規模の”グレートリセット”」「ニューノーマル世界の構築」の一環であり、全ては「あらかじめ周到に計画されていたこと」だろう。
今の米国で起こっていることや今回の大統領選の概要は(ものすごくざっくりと言うと)大体苫米地氏が言っている通りだと思うけど、どちらが当選しても、米国の混乱や崩壊を阻止するのは難しい情勢になっているようにみえる。
さらにいえば、特にトランプ氏において”暗殺”の危機が高まっているようにみえるし、結果として、彼(トランプ氏)が第三次世界大戦(ハルマゲドン)を引き起こそうとしているグローバル資本勢力に利用されるシナリオも十分に考えられる。
つまり、グローバル資本勢力による「両建て主義のシナリオ」が展開されているともいえるし、どこの道を通っても、米国の内戦勃発や既存の民主主義システムの崩壊は免れるのは難しい情勢になっているようにも見えるんだよね。

つまりは、グローバル資本勢力による「共産主義社会(非政府勢力の民間資本による完全独裁社会)の台頭」がいよいよ現実味を帯び始めてきたってことね。
もちろん、こうした米国の「グレートリセット」は私たちの日本にも多大な影響を及ぼすことになるし、こうした米国発の「国家による資本主義・民主主義の終焉→民間資本による完全独裁社会」の流れが、いずれは日本でも強力に推し進められていくことになるのは確実だわ。

ああ。日本だけでなく、同じような流れが世界中で起こっていくことで、彼らによる地球規模の”グレートリセット”が行なわれ、新型コロナワクチンや5G、既存の通貨制度の終焉とグローバル暗号通貨の台頭などによって、いよいよ、彼らによる「新世界秩序(NWO)」の実像がはっきりと姿を見せてくることになる。
今回の米大統領選を通じて、一気に世界レベルで社会構造が激変していく可能性が高いし、世界大戦後、かつてなかったまでに「米国崩壊の危機」が高まっているといえそうだ。

 

菅総理が国会で「鬼滅ネタ」を披露するも盛大にスベる!立憲・江田氏の質疑に対し「私も『全集中の呼吸』で答弁させていただく」!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。