【ゆるねと通信】「新人記者を総理番記者に起用」する日本マスコミの体質に批判の声!、東京都で隔離できていない感染者が1000人超に!、河井夫妻買収事件・安倍自民の1億5千万円に踏み込まずに捜査終了へ!

Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2020年7月27日号)

「新人記者を総理番記者に起用」する日本マスコミの体質に、多くの批判の声!


出典:阿修羅

ネット上で、まだ立場も地位もろくにないような新人記者を「総理の番記者」に積極的に起用する日本マスコミの歪んだ体質が話題になっています。
なるほど。安倍総理に対して、記者陣から厳しい質問がほとんど出てこない背景には、こういった内情があったのですね。

これは2016年のNHKの記事なんだけど、この記事を読むと、「総理番の記者」が一体どのようなものかがおおよそ分かるので、是非とも読むことをおススメするよ。
この記事によると、第一次安倍政権で総理番だった高橋佳伸記者は、安倍総理の退陣後に総理と一緒に登山に行ったというし、「こうしたエピソード」が日本の番記者の実態をよく表しているといえるだろう。

つまり、「総理の番記者」とは、総理と親交を深めては、悩んだり困っている総理を元気づけたり応援したりする仕事であり、みんながよく想像しているような、(社会の裏側に潜む)政権の不正や腐敗を国民に向けて次々と暴いていく…いったものとは最もかけ離れた、「総理を全力で”お守り”する仕事」ってことだね。

これはもう、ほとんど、総理の身の回りの世話している官僚や総理補佐官・秘書官と変わらないような仕事ですね…。
あの山口敬之氏もまさに「安倍総理の秘書官」のような存在だったといいますし、山口氏のように、総理に気に入ってもらえると、「特権階級」「上級国民」の仲間入りを果たすことができるというわけですね。

こうした実態がある以上、日本のマスコミは「不偏不党の”報道機関”を装った、事実上の”安倍サポ広報機関”」ということになりそうだし、こうした実情に加えて、各報道機関の幹部も頻繁に安倍総理と会食しているのだから、もう手の施しようがない
国民にとって真に有益なスクープが報じられるのが週刊誌や中小零細メディアばかりなのは、「こうした内情」があるということだし、ここまで既存のマスコミが腐りきってしまっている以上、日本のマスコミを根本から体質改善するか解体でもしない限り、この先も安倍政権が(ますます腐敗度を増しながら)延々と続いていってしまうような未来もがぼんやりと見えているといえそうだ。

 

さらなるコロナ感染爆発の危機!東京都で隔離できていない感染者が1000人超に!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事