【批判殺到】山口敬之氏による詩織さんへのレイプ疑惑、検察審査会が「不起訴相当」と決定!「不起訴処分の裁定を覆すに足りる理由がない」

Pocket

どんなにゅーす?

・「安倍総理の代弁者」との異名を持つ元TBSのジャーナリスト山口敬之氏によるレイプ疑惑において、被害者の詩織さんが検察に対する不起訴処分に対して不服申し立てを行なっていたところ、これに対し、検察審査会が「不起訴相当」と議決していたことが判明した。

・検察審査会は、「不起訴記録及び申立人(詩織さん)の提出資料を精査し、慎重に審査したが、不起訴処分の裁定を覆すに足りる理由がない」としており、この議決に対し、ネット上では多くの批判の声が飛び交っている。

スポンサーリンク

元TBS記者は「不起訴相当」 「性犯罪被害」で検審

ジャーナリストの詩織さん(28)=姓は非公表=から準強姦(ごうかん)容疑で告訴された元TBS記者の男性ジャーナリスト(51)に対する東京地検の不起訴(嫌疑不十分)処分について、東京第六検察審査会は22日、「不起訴相当」とする議決を公表した。議決は21日付。詩織さんが5月に審査を申し立てていた。

議決書は「不起訴記録及び申立人(詩織さん)の提出資料を精査し、慎重に審査したが、不起訴処分の裁定を覆すに足りる理由がない」としている。

議決を受け、双方が弁護士を通じてコメントを発表。詩織さんは「判断をしっかり説明していただきたかった。性犯罪、性暴力に関する司法、捜査のシステム、社会のあり方を変える必要性は引き続き伝えていきたい」。元TBS記者は「一連の経過で犯罪行為を認定されたことは一度もなく、今回でこの案件は完全に終結した。一部報道などで名誉が著しく傷つけられ、法的措置も検討している」としている。

【朝日新聞 2017.9.22.】

安倍御用記者・山口敬之レイプ疑惑がまさかの不起訴相当に! 官邸による逮捕もみ消しをうやむやで済ませるのか

これまで何度も指摘してきたことだが、そもそもこの事件には、目撃証言や防犯カメラ映像などといった証拠がしっかりとある。

詩織さんは山口氏と会食した際、それまで酒で酔いつぶれた経験もないのに突然、記憶を失ったという。最初に問題を告発した「週刊新潮」(新潮社)も、事件当日、山口氏と詩織さんをホテルまで乗せたタクシー運転手からこんな証言を得ている。

「女性は何度か“駅の近くで降ろしてください”と訴えていたのですが、男性が“何もしないから。ホテルに行って”とそれで、結局、2人をホテルに連れて行ったのですが、到着しても彼女はなかなか降りようとしませんでした。けれど最終的には彼女は体ごと抱えられて、座席から降ろされたんです」

さらに、ホテルの防犯カメラを捜査員とともに確認したところ、そこには詩織さんを抱えて引きずる山口氏の姿が映像に残っていた。このほかにも、ベルボーイの証言やDNA鑑定の結果も出ており、こうしたことから捜査を担当した高輪署は山口氏の逮捕状を請求、発行もされた。

意識を失った女性をホテルの部屋に引きずり込み、性暴力を働く。これは準強姦罪(準強制性交等罪)に該当する犯罪だ。これだけの証言・証拠があるにもかかわらず、今回、検察審査会が「不起訴相当」と議決したことはまったく理解できない。いや、性犯罪に対するこの国の司法の“甘さ”には、怒りを覚えずにはいられない。

しかも、この事件は許しがたいレイプ事件という側面だけではなく、安倍官邸が関与して捜査を握り潰した疑惑まである重大事件だ。

高輪署の捜査員は被疑者を逮捕するため、山口氏がアメリカから帰国する日に成田空港で待ち構えていた。ところが、その直前、上層部からストップがかかった。決裁したのは警視庁の中村格刑事部長(当時)。捜査ストップが中村氏の判断であったことは、「週刊新潮」の直撃に対し、中村氏本人も認めている。所轄が扱い逮捕状まで出た準強姦のような事件に、警視庁刑事部長が介入するのは異例中の異例であるが、この中村氏は“菅義偉官房長官の子飼い警察官僚”なのだ。

【リテラ 2017.9.22.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

深刻な腐敗にこの国が覆われている中、またも「大きな壁」に阻まれてしまった詩織さん、多くの黒い影が見え隠れする中、真相は闇の中へ…

出典:Twitter(@Buffalo1999)

ジャーナリストの山口敬之氏による詩織さんへのレイプ疑惑について、詩織さんの不起訴処分に対する「不服申し立て」が検察審査会によって退けられる結果となりました。
この不起訴相当の理由を要約すると「証拠不十分」ということかと思いますが、一部のネットメディアをはじめとして、早速この決定に怒りの声が多く上がっております

やっぱり、ボクが予感していた結果になってしまったか…。
すでに彼女は、山口氏から受けたレイプに対するショック、そして、警察が乗り気でない中、ようやく必死に証拠をかき集めて逮捕寸前までこぎ着けることが出来たにもかかわらず、直前で中村格刑事部長(現在は総括審議官に栄転)による逮捕中止命令と不起訴処分になってしまったことによる絶望感、さらにはようやく週刊新潮に報道してもらったにもかかわらず、他のマスメディアがほとんど追随しようとしない現実や、安倍政権の内調(内閣調査室)が詩織さんのセカンドレイプを促進する資料までをもばらまいていた実情まで直面し、すでに数え切れないほどの痛みと絶望感を味わってきたけど、またしても…という感じだね。

↓内閣調査室が関係者に配っていた詩織さんを中傷する資料。これがネット上に大量に拡散し、セカンドレイプが横行する事態に。(詳しくはこちら

出典:Twitter(@sangituyama)

あまりにもいたたまれなくて、ボクもちょっと適切な言葉が見つからないけど…責任を問われることを恐れた警察が、すでに重要な物証を破棄してしまっていたことが考えられるのと、以前にも何度か書いたけど、検察のフィールドにおいても、安倍総理と非常に昵懇な「官邸の代理人」との異名を持つ黒川弘務氏が強い権力を持っており、こうした安倍官邸による何らかの力が検察審査会にもかかった可能性もある。
(ちなみに検察審査会は、有権者の中から無作為に選出されるとの話だけど、実際にどのようなプロセスで選出され、どのように話し合いが行なわれるのかなどの情報が少なく、不透明な部分が多いように感じる。)

詩織さんの話によると、当初の予定よりかなり決定が早まって、ご本人も驚いているようですが、解散総選挙の影響を避ける意味で、安倍政権による強い力がかかったことで決定が早められたのではと推測している人もいますね。

その真相は闇の中だけど、いずれにしても、警察のみならず検察そのものすでに安倍政権の息がかなりかかってきており、三権分立やそれぞれの独立性もすでにかなり失われてしまっていることが今回さらに明らかになったと言えるだろう。

当の山口敬之氏は相変わらず姿を見せないまま、まるで勝ち誇ったようなコメントを出してきているけど、この国が真相究明の役割を放棄してしまったとしても、良心のある国民から今回の一連の出来事の記憶が消えることはないし、これから先、ボクたちはこの出来事を決して忘れることなく、この事件の真相究明と、弱い人々を容易に見捨て、倫理や実態を歪めてでも「強い者にひたすら忖度する」行政や司法の腐敗を追及し続けていくことが大切だろう。

そして、彼女のコメントが物語っているように、ボクたち有権者は、チェック機能を十分に果たしてこなかったせいでここまで国家を堕落・腐敗させてしまったことを心から反省し、その責任を取り、せめてかつてのまだ三権分立が機能していた状況の日本に戻していくことが大切だ。

今はまだ大きな無力感に支配されている状態かもしれないけど、決して諦めることなく、これからより一層大きな声を上げ続けていこう

それこそが、詩織さんが何より望まれていることですものね。
今回の悔しく辛い出来事を大きなバネに変え、今まで以上にこの腐敗した政治状況に強くNOを突きつけつつ、私たちが主導して安倍政権による未曾有の暴政を根本から変えていくことが必要なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket