【批判殺到】小泉進次郎議員が少子化対策名目で「こども保険」の導入を検討!実質的な年金保険料アップの恐れ!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年2月21日、自民党の小泉進次郎議員が少子化対策の財源確保を理由に、「こども保険」制度の開設を提言した。

・これが実現されると、実質的に年金保険料のアップとなり、負担がさらに重くなることになる多くの国民から反対の声が出てきている。

スポンサーリンク

少子化対策財源 「こども保険」新たに検討

小泉進次郎議員ら自民党の若手議員は現在、社会保障制度改革についての新たな提言の取りまとめに向け、議論を行っている。21日の会合では、少子化対策の財源確保に向けて、現在ある公的年金の保険料に上乗せして徴収する「こども保険」を新たに設けるべきだとの意見が出され、今後検討していくことになった。

少子化対策の財源を巡っては、消費税の増税や新たな国債発行なども取りざたされているが、小泉氏は消費税では低所得者への負担が大きくなり、国債では将来にツケを残すことになるとして否定的な考えを示している。

1

【日テレNEWS24 2017.2.21.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

際限の無い海外ばら撒きと身内の金儲けのための税金の無駄使いを繰り返す一方で、「少子化対策」名目で年金負担額増を検討!あまりに身勝手な国民いじめに怒りの声が殺到

あおいちゃんむっssa最近おかしなことを次々言い出している進次郎議員が、また変なことをやろうとし始めているみたいね。
「こども保険」なんて、いかにも人情を誘うようなネーミングをつけているけど、その前に自分たちのどうしようもないくらいの税金の無駄遣いを何としなさいよっ!

管理人まったくだ。
国会議員の歳費を減らしたり、出来る限りの節減や税金の無駄使いを改めた上で、それでもお金が足りない場合にはある程度仕方の無い部分はあるかもしれないけど…なんせ安倍政権といえば、すでに何十兆もの前例の無い海外ばら撒きを繰り返してきた上に、アメリカのトランプ政権に至っては、向こうが求めていないのに、自ら進んで公的年金も含めた51兆円以上の異例の大規模ばら撒きを(国民の了承なく勝手に)敢行してしまったようだからね。

こんなに際限なく勝手に国民のお金をバンバンばら撒いているようじゃ、日本国民のために使うお金がなくなっちゃうのは当然だし、公務員の給料もどんどんアップさせている中で、その一方で「こども保険」なんていうネーミングをつけながら、すでに増税や社会保障費増、アベノミクスによる貧富の格差が招いた不景気で苦しんでいる国民から容赦なくさらに搾取していこうというのだから、多くの庶民から怒りの声がネット上から出てくるのは当然といえるだろう。

おまけに、「少子化対策」と言っても、実際にどういうことをやろうとしているのかも一向に見えてこないし、もうとっくの昔に日本は危険水域を越えてしまっているのも確かで、残念ながらすでに手遅れになりかけている感もあるのが現状だ。

小泉進次郎氏も、今や、親父の後を引き継いだ筋金入りの弱者切り捨ての新自由主義者(グローバリスト)の本性を完全に現わしているし、安倍総理だって、今回の森友学園疑惑に対する対応を見ても、ここまで国民の財産である国有地を不当に横流している事態が明らかになっているにもかかわらず、ただ民進党の追及に逆ギレしているだけで、全く国民に対する謝罪の声も出てくる気配も無い
こういう姿を見ていても、完全に総理本人も、自らの権力維持の対策と、どうやって国民を騙して大人しくさせるか…といったことだけで頭が一杯なのは明白だね。

もう少し日本国民のことを大事に考えてくれる人間が総理にならない限り、ここまで疲弊してしまった日本が好転することはありえないだろうし、もっと国民が積極的に政治に関与して、おかしいことについてはしっかりと自己主張をしていくことが大事なのではと思うよ。

あおいちゃん怒りssa私も全く同じ思いだわ。
森友学園の件もそうだけど、安倍政権の長年続いてきた税金の無駄遣いや庶民いじめについても、もっと強く批判していく必要がありそうね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket