【戦争屋の傀儡】佐藤正久外務副大臣「グアムへのミサイルを撃ち落さなけれければ日米同盟どうなる」「親友と思った人間に背を向けたらどうか」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年8月15日、靖国神社で行なわれた日本会議が主催した式典の中で、「ヒゲの隊長」こと佐藤正久外務副大臣が、北朝鮮のミサイルが日本の上空を通過してグアムに飛んでいった場合に、日本がミサイルを撃ち落す必要性を強調した。

・佐藤外務副大臣は「もしも(北朝鮮からのミサイルが)日本の上空を飛び越え、(日本が)撃ち落とせるのに撃ち落とさず、グアムに被害が出たら、日米同盟はどうなると思うか。皆さんの商売でも、自分が本当に苦しい時に親友と思った人間が背を向けたら、もはや親友とは言えないかもしれない。」などとスピーチし、「親友」であるアメリカのために北朝鮮と戦うことが大事であると語った。

スポンサーリンク

「撃ち落とさなければ、日米同盟どうなる」外務副大臣

■佐藤正久・外務副大臣(発言録)

北朝鮮から日本の上空を飛び越えてグアムの方へ(ミサイルが)行く。そういう時、日本の自衛隊は本当に撃ち落とさなくていいのか。日米同盟の真価が問われている。リスクを共有しない同盟はない。もしも(北朝鮮からのミサイルが)日本の上空を飛び越え、(日本が)撃ち落とせるのに撃ち落とさず、グアムに被害が出たら、日米同盟はどうなると思うか。皆さんの商売でも、自分が本当に苦しい時に親友と思った人間が背を向けたら、もはや親友とは言えないかもしれない。まさに今、同盟国・日本の覚悟が問われている。(「英霊にこたえる会」と「日本会議」が主催した「戦没者追悼中央国民集会」のあいさつで)

【朝日新聞 2017.8.15.】

スポンサーリンク

「ヒゲの隊長」が米国盲従&憲法無視の稀代のメチャクチャ発言を展開し、ネット上で批判が殺到!

出典:Twitter(@SatoMasahisa)

「ヒゲの隊長」こと佐藤正久外務副大臣が、ご覧のとおり、「稀代のメチャクチャ発言」を展開して、ネット上から大量の批判を浴びているわ。
確かにこれは、どこをどう突っ込んでいいのかさえも分からない、最強の支離滅裂さを伴った究極の売国発言ね。

まったく、いくら「アメリカの忠犬」であり、「ネオコン戦争屋の傀儡」といえども、ここまで”それ”を丸出しにしてしまうとは…いくらネオコンカルト宗教の信者たちの前でのリップサービスとはいえ、こりゃコメントのしようもないね。

しいてコメントするとすれば、今でも違憲(違法)状態が続いている集団的自衛権を振りかざした上で「ほとんど命中する可能性がない」といわれている迎撃ミサイルを撃つことが「日米の防衛」になると大嘘をつき、しまいには、国家同士の関係を「個人の人付き合い」に例えた上で、「アメリカは親友である」と、最大限の敬意と信頼を表してしまう始末だ。

モロに利害がぶつかる国家同士の関係性を「親友」に例えてしまうことも、あまりにメチャクチャで頭がくらくらしてきちゃうけど…そもそも、米軍の攻撃によって戦死した人々が大量に祀られている靖国神社の式典で、どうして、ここまでアメリカを崇め奉ってるんだろうね~。

もう、ほんとに何から何までが支離滅裂すぎて、私もついていけないわ。
とにかく、大日本帝国を賛美しながらも、大日本帝国を滅亡させたアメリカに対してはそれ以上に賛美している日本会議は、この上なくインチキくさい団体だってことは確かね。

つまり、日本が「破滅」と「欧米の属国化」に向かうことが分かっていた太平洋戦争に突入していったことも、そして大日本帝国だけでなく日本を完膚なきまでに負かしたアメリカをも賛美している日本会議も、どちらも、欧米戦争ビジネス勢力の影がちらついているってことだね。

これら「戦争屋の傀儡」である安倍政権に課せられた「役割」は、海の向こうの軍産の余剰になった兵器の在庫を引き取ることであり、茶番でも何でもいいので、とにかく戦争の危機を煽り、これら軍産の利益誘導をする見返りに、日本会議をはじめとする「サポーター」たちからの支援を受け、軍産から派遣された言論人国民を洗脳にかけることで、政権を延命させていくシステムが構築されている様子が見られる。

つまり、日本会議も、それと繋がる政治家も、安倍政権の興隆とともに現れた胡散臭い言論人たちも、すべては米・イスラエル軍需産業の傀儡勢力であり、その「源泉」は大日本帝国以前にまで遡るということだろう。

前に、靖国神社そのものも、「長州明治政府とそれを支援していた欧米軍事勢力のシンボル」である可能性について考えてみたけど、結局はこれらすべてが有機的に繋がって、日本の権力者が軍産の利益のためだけに、ひたすら日本売りに勤しむ構図が、明治政府を「源泉」として続いてきているってことね。

だからこそ、かの大日本帝国も、あそこまで日本国民の命を粗末に扱って、自国民を大量に殺すことすらも厭わなかったんじゃないかしら。

うむ。ボクにはそういう風に思えて仕方ないね。
どちらにしても、大日本帝国の指導者の末裔である、安倍一族や日本会議一派は、「破壊・破滅思想」を持つ、非常に危険な勢力であることは間違いないだろうし、この「ヒゲの隊長」の耳を疑うような売国発言も、それを如実に表しているといえるだろう。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket