大洗の原子力施設での被曝事故、作業員5人全員の尿からプルトニウムが検出され、再入院!放医研関係者「深刻な状況ではない」

Pocket

どんなにゅーす?

・日本原子力研究開発機構の大洗研究開発センターで発生した作業員被曝事故において、「再度検査したところ、プルトニウムが検出されなかった」として退院していた作業員5人全員が再入院したことが分かった。

・2017年6月19日、量子科学技術研究開発機構は「作業員5人全員の尿からプルトニウムが検出された」と発表。これで作業員全員がプルトニウムを取り込んでいたことが確定的となったものの、担当者は「深刻な状況ではない」と説明している。

スポンサーリンク

5人の尿からプルトニウム 被ばく事故作業員再入院

日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」の作業員被ばく事故で、量子科学技術研究開発機構は19日、作業員5人の尿からプルトニウムを検出したと発表した。体内に取り込んだ放射性物質が排出されたとみられる。検出はごく微量だったが、内部被ばくは確定的となった。

また量子研は5人全員が、運営する医療施設に再入院したと発表。5人の体調は悪化しておらず、容体も急変していないが、継続的な治療が必要と判断した。

量子研は、放射性物質の体外排出を促す薬剤を投与した効果として、尿からプルトニウムが検出されたとみている。

事故は6日午前に発生。点検作業をしていた50代の機構職員ら5人が飛散した放射性物質で被ばくした。5人は7日に入院し、13日に全員が退院していた。〔共同〕

【日経新聞 2017.6.19.】

出典:日テレNEWS24
スポンサーリンク

スポンサーリンク

肺から大量のプルトニウム検出→実は5人全員プルトニウムは検出されず→5人全員の尿からプルトニウム検出の報道!二転三転した後に最終的に内部被曝確定に…

大洗での放射性物質被曝事故について、関係機関の発表が二転三転した後、最終的にプルトニウムの内部被曝が確定的となりました
量子科学技術研究開発機構は、5人全員の尿からプルトニウムが検出されたとして、退院していた作業員全員が再入院したと発表しました。

これに加えて、原子力機構によると、「このほかによく分からない状態の容器が20個ほどある」などと説明しており、信じられないようなずさんな管理体制も浮き彫りになっている状況だ。

なんだか担当者は「深刻な状況ではない」「ただちに健康に影響が出るような状況ではない」なんて説明しているみたいだけど、「尿から猛毒のプルトニウムが検出された」という事実は相当重いと言わざるを得ないだろう。
「尿からプルトニウム」のワードは、ネット上でもかなり衝撃を持って受け止められているようだ。)

そして、報道が二転三転した後に、やはり最終的には5人全員がプルトニウムを吸い込んでいたことが確定的となった経緯を見ても、どうも、本来であれば「最悪のケース」を想定した上で事態に当たらなければならないものの、「希望的観測」や「最も軽いケース」を想定した上で情報を出しているような印象が否めない。

こうした状況になってしまうのも、多くの国民が不安に感じ、反対をしている原子力政策を国や原子力ムラが強行している影響があることが考えられるし、この調子では、今後も重大な情報の隠蔽や改ざんが行なわれることは、ほぼ確実にあると言わざるを得ないだろう。

こうなると、もし万一作業員の方々に悪い事態が起こってしまっても、正しい情報が出されない可能性がありそうですね…。

ボクは、福島原発事故においても、まだまだ表に出されていない情報が多くあるものと見ているけど、今回の事故で被曝した作業員の今後の健康状況についても、あらゆる情報が隠蔽されてしまう恐れがあるといえるだろう。

こういう事態を何としても防ぐためにも、今後も市民団体やジャーナリストらが積極的に情報開示を求め続け、出来る限り正しい情報を公表していくように、国民側が強くプレッシャーをかけ続けていく必要がありそうだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket