【情報戦】小池氏と前原氏の交渉が難航との報道!菅&野田元首相らが外されるのか否かの情報が錯綜!

Pocket

どんなにゅーす?

・解散総選挙に際して、民進党が希望の党に合流する流れは決まったものの、その合流メンバーについて交渉が難航しているとの報道が流れている。

・小池都知事がメンバーを厳しく選別することで、菅&野田元首相らが外されるとの見方が高まっているものの、その一方で「その限りではない」とのコメントも彼女自身が発しており、事態は不透明な状況。

スポンサーリンク

小池氏 民進全員受け入れ「さらさらない」 

民進党・前原代表「昨日の経緯を説明をして、これからいよいよ一緒に仲間としてやっていくということで固い握手を交わして、今後の政策、あるいは候補者調整、これを急いでいこうということで一致いたしました」

希望の党・小池代表「これから、私どもの政策に合致するのかどうか、様々な観点から絞り込みをしていきたいと考えております。全員を受け入れるということは、さらさらありません」

2人の会談は29日午前8時過ぎから始まり、15分ほどで終わった。会談では、今後、立候補者については玄葉元外相と若狭氏、政策については階政調会長と若狭氏の間で協議していくことが決まった。

【日テレNEWS24 2017.9.29.】

元首相合流は「総合判断」=小池氏【17衆院選】

希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は29日午前、同党の細野豪志元環境相が民進党からの合流に関し、首相経験者の菅直人、野田佳彦両氏に辞退を促したことについて「一つの考え方だと思うが、総合的に考えたい」と述べ、必ずしも排除しない姿勢を示した。自身の衆院選出馬の可能性については「ありません」と改めて否定した。都内で記者団の質問に答えた。

【Yahoo!ニュース(時事通信) 2017.9.29.】

スポンサーリンク

小池氏を中心とした激しい”情報戦”が展開中!

「民進党と希望の党の合流が決定した」との状況はすでに報道されているとおりですが、両党の交渉がかなり難航しているとの報道が出てきております。
報道では、菅さんや野田さんらが外される可能性大との報道が出てきていますが、その一方で受け入れる可能性を伝える報道も出てきており、情報がかなり錯綜しております。

小池氏自らが情報を攪乱させている印象もあり、状況がはっきりするまでもう少し時間がかかりそうな感じがするね。
そもそも、報道を聞いた感じでは、民進党の前原氏が小池氏によって完全に尻に敷かれてしまっており、議員の命運を小池氏に握られてしまっているような印象を受けるんだけど、これは本当なのかな?

もし、報道の通りに、組織と人員とお金をほしがっている小池氏にコントロールされてしまったのなら、あまりにも前原氏は無能だし、少なからず、民進党側は対等の立場を作った上で戦略的な互恵関係を作るべきだ。
この辺は、小池氏が(自身を強く見せるための)イメージ戦略でこのような報道をさせている可能性もあり、実際の所はまだ見えづらい部分があるね。

小池さんは、もし本格的な権力確保と総理大臣を頭に入れているのだとすれば、野党票が完全に割れてしまうのを防ぐ手を打ってくるはずですから、その辺りを天秤にかけた上で希望の党を拡大させていこうとするはずです。

いずれにしても、小池氏は「多様なスタイルを受け入れる」と言いつつも「沖縄基地容認・安保容認・憲法改正」だけはこだわっているみたいで、この時点で、(安倍総理と同じく)ネオコン系グローバリストが支援しているエージェントであることを強く疑う必要があるのは確かだ。

こうなると、マスコミも小池氏をどんどん推していく報道を繰り返していく可能性が大だし、やはりボクが推測してきたとおりに、(モリカケによってすでに消費期限切れ寸前の)安倍総理から小池氏に「権力の移転」が行なわれる動きが既定路線になっていると見るのがいいだろう。
この先小池氏(ネオコン系グローバリスト)は、「海の向こうへの忠誠度」でメンバーを取捨選択していくことが予想され、どこでその「線引き」をするのかを考慮している段階なんじゃないかな。
まさしく菅元総理などは、脱原発を掲げつつも、一方でTPPや消費増税にやや前向きな姿勢を示した総理だったので、小池氏(グローバリスト)としては、確かに迷うところではあるだろうね。

野党の票割れを招くと安倍勝利野党共闘を徹底させると小池勝利の構図が出来上がりつつありますが、果たしてどうなっていくますでしょうか。

ボクの場合、この「地獄の2択」だったら、面従腹背の反グローバリスト議員を多く国会に送り込める可能性がある「小池氏を中心にした野党大共闘」の方を選ぶけど、どうなっていくのかな。
ここまで話が大きくなった今、小池氏は現実的に勝利する手を打ち出してくることが予想されるので、今後も注意深く見ていくこととしよう。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket