【扇動・洗脳】北朝鮮のミサイル、「襟裳岬2千キロの沖合に落下」の表現に疑問の声!「正しくは『カムチャッカの南東、日付変更線付近に落下』だろ」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年9月15日に発射された北朝鮮からの弾道ミサイルの落下地点について、「襟裳岬の東、2千キロの沖合に落下」とのマスコミの表現に対し、多くの疑問の声が浮上している。

・その他にも、マスコミの報道の仕方やJアラートの発動などにおいて、不可解な点が複数上がっており、安倍政権が国民を様々な思惑に基づいて扇動・洗脳している実態が浮かび上がってきている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

分析力のあるネットユーザーたちが、安倍政権によるマスコミを利用した国民騙しの洗脳工作を指摘!

↓マスコミが流している北朝鮮のミサイル弾道の図。

出典:日テレNEWS24

↓ネットに続々上がっている、実態に近い北朝鮮ミサイルの弾道。

出典:Twitter(@jucnag)

出典:Twitter( @Shoji_Kaoru)

↓(参考)平面的に概略化させたメルトカルト法と、距離と方位を正しく示す正距方位図法による「平壌→ロサンゼルス」の位置関係の違い。

出典:Twitter(@jucnag)

た、確かに、こうしてマスコミが報じている以外の地形図で見てみると、ミサイルが落下した地点って、ほとんど日本じゃないじゃないのよ!!
やっぱり安倍政権は、色々な悪い企みがあって、私たち日本国民にに北朝鮮の脅威を強く植え付けようとしているってことなのね!

巨額の税金を投じて導入されたJアラートというのも、もはや国民に北朝鮮に対する恐怖心を植え付けるために存在している「洗脳ツール」みたいなものと化しているのが分かるし、そもそも、「日本の上空を通過」という表現も正確ではないということだ。

何度も言ってきたように、安倍政権は米・イスラエルの軍需産業と強固に繋がっている政権であり、まさに、(北朝鮮ともある程度繋がった上で)日本国民に北の脅威を徹底的に植え付けることによって高額な兵器を購入海の向こうの軍需を潤わせ、場合によっては今回の騒動が、(ネオコン戦争屋が企む)大規模な戦争の準備に利用されている可能性があるということだ。
ここに、安倍総理による「(森友&加計などの)国内での不祥事をうやむやにさせたい」という利害も一致した上で、文字通り軍産資本のマスメディアや鉄道会社までをも巻き込んだ壮大な国民洗脳が展開されてきているということだ。

テレビやラジオを視聴していても、芸能人やコメンテーター、そして街頭の一般の人たちも「北朝鮮のミサイルがとても怖い」って一様に言い出しているし、実際に多くの国民が安倍政権と軍産複合体の思惑にまんまと嵌まってしまっている感じだわ。

今回は、相当に巨大な資本勢力が国家や交通インフラまでも巻き込んで行なっている洗脳工作なので、多くの国民がある程度騙されてしまうのも仕方が無いだろう。
しかし、上記のツイートや地図情報などを見ると分かるように、メディア報道一つとっても、至る所に不可解な部分が点在しており、様々な思惑に基づいてボクたちをあの手この手で洗脳しようとしている意図が読み取れる。

まさしくこういう時こそ、↓下のコラムでも紹介したヘルマン・ゲーリングの言葉を今一度思い出す必要があるし、ボクたち国民は、まずは、安倍政権が仕掛けているこれらの壮大な「国民騙し」に気がつく必要がある。

今だから思い出したい、ナチスドイツの軍人ヘルマン・ゲーリングの名言!「戦争を嫌う国民を意のままに操るための”簡単な方法”」

かつての戦争も、こうした軍産複合体や軍事を操る巨大資本による”国民洗脳”によって繰り返されてきたので、ボクたちもまずはこうした最低限の知識を持ち冷静に対処した上で、「抑止力が高まりさらに日本は平和になる」という”メガトン級の大嘘”をついて安保法を強行採決させた安倍政権を今こそ強く批判し、追及することが必要だ。

ここまでは、多くの国民がまんまと術中に嵌まって支持率が大幅アップしてしまっているだけに、もっと私たちが多様な情報を提供した上で、多くの国民に多角的な視点を持ってもらうようにしないといけないわね。

そうだね。幸いネット上でも、高い分析力と見識を持つネットユーザーが数多くいるので、みんなで協力しながら、悪い方向にどんどん引きずられていってしまわないよう何とか食い止めていくことが大事だね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket