【なんか怪しい】アパホテルが南京虐殺否定本を全部屋に置いていることをアメリカ人宿泊客が中国サイトで暴露→中国発で大炎上!

Pocket

どんなにゅーす?

アパグループ代表の元谷外志雄氏による「南京虐殺を否定する本」をアパホテルの全室に置いていることを、アメリカ人と中国人の宿泊客が「KatAndSid」の名前で中国の動画サイトにアップして紹介。これが発端になり、中国や日本で大炎上状態になっている。

・話題の動画は中国で7700万回再生に及び、アパホテルに批判が殺到するも、ホテル側は「正しい歴史視点の元に書かれた」などと主張。言論の自由などを理由に、今後もこの本を置き続けると説明している。

スポンサーリンク

中国SNSで炎上したアパホテルが見解 「本は置き続ける」「予約に変化なし」

「アパホテルの全客室に、南京大虐殺を否定する内容を含む書籍が置かれている。中国人はこの事実を知った上で宿泊するかどうか決めるべき」と伝える動画が中国のSNS「微博」に投稿され、2日で7700万再生を超えるなど中国で“炎上”状態になっていることについて、アパホテル親会社のアパグループが1月17日、見解を発表した。

~省略~

問題になった書籍は、アパグループ代表・元谷外志雄さんの著書「本当の日本の歴史 理論近現代史 II」。アパグループのホテルの各客室に置かれており、「南京大虐殺はなかった」などの主張が盛り込まれている。

1月に日本を訪れ、アパホテルに宿泊した米国人大学生が、この書籍を読んで「ショックを受けた」とし、内容を紹介する動画を「微博」に投稿。動画では「彼(アパグループの元谷代表)には自分の本をホテルに置いたり言いたいことを言う権利はあるが、彼の政治的思想を知らない中国人客からお金を取っているのは不誠実」などと語り、「彼の思想を知った上で宿泊するかどうか決めるべき」と訴えた。この動画は2日で7700万再生を超えるなど話題を集め、中国のネットユーザーからアパホテルに批判が集まった。

【Yahoo!ニュース(ITmedia ニュース) 2017.1.17.】

↓話題となっている動画。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

安倍総理が年明けから中国包囲外交をせっせと行なっているこのタイミングでの騒動、これをどう見るか?

これはまた、何ともおかしな炎上騒ぎが突然勃発したわね~。

アパホテルに泊まったアメリカ人宿泊客たちが中国の動画サイトにアップ→日中のネットユーザー同士が激突…さらには火に油を注ぐようなアパグループ側の強硬的な対応
私には、どうもこの一連の騒ぎが「作られたもの」のようにも見えてきちゃうんだけどね。

管理人ボクも一連のいきさつを聞いて、「なんか変だなあ」ととっさに思ってしまったのは確かだ。

おりしも安倍総理は、年明け以降中国との関係を悪化させ、両国に緊張状態を作り出すべく、アジア各国に軍事的な協力関係や防衛装備を売り込みまくっているみたいだけど、このタイミングでまるで計ったかのようなこの騒動だ。

ちなみに、ヤフーのコメント欄を見てみると、これもまるで号令がかかったかのごとく、大挙してアパグループを礼賛・応援するようなメッセージで溢れかえっている状況だよ。

↓ヤフーコメントはアパを賛辞する声が大集結。(ちなみに一番下のコメントで触れている石平氏は、幸福の科学の講演会にもよく出演している人物。)
1

出典:Yahoo!ニュース

 

問題の本を著したアパグループの代表・元谷外志雄氏は安倍総理の後援団体「安晋会」の副会長

管理人問題となっている南京虐殺否定本を書いた元谷外志雄(もとやとしお)氏は、安倍総理の後援団体である安晋会の副会長を務めており、安倍総理を熱烈に支援している他、森喜朗氏やジャパンハンドラーとして有名なアーミテージとも交友があったり、さらには田母神俊雄氏とともに暴力団住吉会系の街宣右翼団体主催の式典にも出席していることが伝えられており、暴力団や田母神氏、幸福の科学、統一教会などのカルト宗教との関係が指摘されている人物だ。

安倍晋三の後援会「安晋会」の副会長であり、またグループ主催の「日本を語るワインの会」には政財界の大物や自衛隊の関係者が参加している。他、ウェーブ産経(産経新聞の愛読者のクラブ)代表幹事、日本李登輝友の会理事、航空自衛隊小松基地金沢友の会会長などを務める。これらの活動から保守派財界人と評価されている。李登輝[3]、金泳三[4]、森喜朗[5]、リチャード・アーミテージ[6]などと対談を行ったことがある。
【ウィキペディア】

↓田母神氏(真ん中)と共に暴力団住吉会系団体主催の行事に出席。(右から住吉一家日野六代目会長の阿形充規、2番目がアパ会長元谷氏。)

出典:てきとう

↓各部屋に置かれているというアパグループ発行の雑誌「AppleTown」。戦争の必要性を訴えているかのような見出しに驚かされる。

出典:twitpic

せなちゃん素ssaaさらに、アパグループは2007年に耐震偽装問題を引き起こしていて、これに関する疑惑や謎も未だにくすぶっているわ。
マスコミがこのアパに関する問題を大きく報じずにうやむやのままに終わってしまったのは、安倍総理の権力や圧力が背景にあるとも言われているわね。

姉歯建築士を発端とした耐震偽装問題は、死者も出たくらいにとてつもなく深い闇が介在している問題だけど、この話を詳しく書いていくと、かなりの複雑で難しい内容になってしまうのでここでは割愛するわ…。
とにかく、アパグループと安倍総理は切っても切れないほどの深い関係であることは確かね。

アパグループでの偽装問題

2007年
1月25日 – 京都市の設計事務所が構造計算を担当したアパホテル2棟に、国交省の定める耐震基準の70%程度の耐震性しかないことを発表した。京都市はこの2棟の使用禁止命令を出しているが、このホテルを設計したM設計士は「京都市の計算が間違っていて、私どもの計算には自信がある」と構造計算書の偽造を否定している。
同日、アパグループはCEO・元谷外志雄とアパホテル社長・元谷芙美子が会見を開き、「このようなことになって申し訳ありませんでした」と釈明した。なお、同じ設計事務所によるアパグループの他の2棟のマンション物件について、前年にイーホームズ社長の藤田東吾が「偽装がある」と安倍晋三総理大臣に告発しようとして追い返された旨を直訴状に記載していた。アパグループは会見にて、「藤田を名誉毀損で告訴する」としていたが、実際に告訴し法廷闘争になることは無かった。

【ウィキペディア】

マスコミが「アパ」耐震偽装を報道しない理由

 

まとめ

せなちゃん素ssaaこうしたアパと安倍政権との蜜月の関係、ネット工作員が大量出動している事態、そして中国との緊張をせっせと植えつけているタイミングでの、この騒動
こういう複数の「点」を並べてみても、一定の不自然さは否めないわね。

管理人アパホテルがこうした自らが著した本を部屋に置いていたのは、少なくとも7年以上前からみたいで、一部の人たちの間では話題になっていたみたいだけど、ボクも知らなかったし、今まであまり公には知られていなったかと思う。

これだけの情報では確たる判断は難しいけど、中国との摩擦と緊張状態をあらゆるチャンネルから盛り上げていくために、安倍政権や幸福の科学、統一教会などと繋がる「海の向こうの黒幕」が、こうした茶番劇を企画した可能性はあるかもしれないね。

そして、ニュース女子のDHCもそうだけど、この件も「普通」のビジネス目的の企業体なのなら、こういう形でマイナスイメージや客離れを誘発するような対応を行なうことは考えづらく、やはり、これも「黒幕」が関係企業に資金提供をすることで、このような炎上やヘイト、民族対立などを盛り立てている可能性が考えられるね。

どちらにしても、最近ことに書いてきているように、特にここ最近はCIAと繋がるカルト宗教や反社会勢力が非常に激しく日本国内で蠢き、ヘイトや差別、アジア諸国との緊張状態をあらゆる方面から活発に工作していることが考えられるので、この動きはかなり警戒していく必要がありそうだ。

せなちゃん素ssaa本当に、安倍さんが総理になってからというもの、異常にこうしたカルトたちが妙に元気になってきちゃってるわね~。
まったく、気色が悪い事態だわ。

中国との対立を強烈に作り出そうとしている「黒幕(ネオコンシオニスト)」の今後の動きについて、気をつけて見ていかなきゃいけないわね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket

2 Comments on 【なんか怪しい】アパホテルが南京虐殺否定本を全部屋に置いていることをアメリカ人宿泊客が中国サイトで暴露→中国発で大炎上!

  1. アホホテル……もといアパホテルの歴史修正本、私も宿泊した際に目撃しました。
    今まで色々なビジネスホテルに宿泊してきましたが、はっきり言って、こんな政治色丸出しの本を各部屋に配置しているのはアパだけです。不愉快に思う客もいるだろうに、企業のイメージダウンにつながりかねない本を堂々と置いているのは、正直理解できませんでした。クレームまでつけるのは、さすがに大人気ないと思いやめておきましたが……
    その意味で、今回の騒動はある意味で起こるべくして起こったとも言えます。
    ただ、さすがに「なぜ、今頃になって炎上?」という点についてまでは考えが及びませんでした。対立を煽ることで利益を得る連中が背後で蠢いている……なるほど、と思います。韓国の少女像の問題と、構図は同じなのですね。
    グローバリストやらネオコン戦争屋云々といった話は、ややもすると「陰謀論にすぎない」と一笑に付されるきらいがありますが、もしかしたら「陰謀論にすぎない」という認識を広めておくことそのものが彼らの狙いだったのでは?と最近は思っています。
    (そういえば、アメリカ大統領選挙でトランプ氏を支持した人々のことも、マスコミは「陰謀論に惑わされた教養のない人たち」というイメージで語ろうとしていたように思います)

    • ちはやさん

      >アホホテル……もといアパホテルの歴史修正本、私も宿泊した際に目撃しました。

      おお、実際にこれらの本を宿泊された際に目にされたのですね!
      ボクはアパの実態を前から知っていましたので、意図的に(意地でも)泊まることを避けてきましたが、ここまで堂々と本を置いていることにビックリです。

      >対立を煽ることで利益を得る連中が背後で蠢いている……なるほど、と思います。韓国の少女像の問題と、構図は同じなのですね。

      ボクはニュースを聞いたとたんに、「こりゃあ妙にタイムリーすぎる!」と思ったのですが、昔から本を置いていたのであれば、なおさら「何故このタイミングで?」と思ってしまったのです。

      (これははっきりとは分かりませんが)告発者の動画も、やけに周到にというか、完全な個人や素人が作ったもののように見えないように感じたのもちょっと気になりますし、韓国の件と同じく、稲田大臣の奇妙な靖国参拝から突然、安倍政権の動きとシンクロしながら中韓との対立を煽るニュースが多すぎなのがかなり気になっています。

      >グローバリストやらネオコン戦争屋云々といった話は、ややもすると「陰謀論にすぎない」と一笑に付されるきらいがありますが、もしかしたら「陰謀論にすぎない」という認識を広めておくことそのものが彼らの狙いだったのでは?と最近は思っています。

      一見表には見えていない(隠された)世界に対して、「陰謀論」「思い込み」で片付けてしまうのは簡単ですし、見えないものを「陰謀論」というカテゴリーで収めてしまうことで、人は「推理すること」「考えること」をやめてしまい、やがて巨大な資本に支配されたメディアが出す表面的なニュースだけに囚われ、思考停止の連鎖に陥っていきます。

      考えることや推理をしていくプロセスにおいて、時に見立てを誤ることもあれば、実際には考えすぎだったケースも多くあるかと思います。
      「ある人々」はそれをしきりにはやし立て、「陰謀脳」などと大いに馬鹿にしたりもするでしょう。

      しかし、企業マスコミが報じていない「情報」や「見えない世界」を存在することを知り、多面的な視野で物事を考え、常に想像し、推理し続けることこそが「最も大事なこと」で、それこそが、”思考停止の渦”から脱却する重要なプロセスなのではとボクは考えています。

      最初は見立てを誤ることも多くあるかもしれませんが、常にこの作業を繰り返していくことで、徐々に人間が本来持っている感覚が戻っていき、やがてぼんやりと、今まで見えていなかったものが見えてくるようになってくるはずです。
      そして、資本主義というものの本質や、あらゆる人たちの思惑や目的も理解できるようになってくるはずです。

      このサイトでは、多くの人達がそうした「能力」を取り戻すことが出来るよう、そのきっかけ作りのお手伝いが出来ればとの思いでサイトを立ち上げ、運営しております。
      是非とも、今後もこのサイトのスタンスを一つの参考にされ、ご自身で大いに世の中で起こっていることに興味を持ち、貪欲に情報を集め、より深く考えていっていただければ、本当に嬉しいです!(^0^)

Comments are closed.