■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【危ない動き】山際経済再生相、オミクロンの対応で「行動制限強化」の可能性に言及!乙武洋匡氏「『自由』が制限されるということに、政治家も国民もすっかり鈍感になってしまっている気がする」

【危ない動き】山際経済再生相、オミクロンの対応で「行動制限強化」の可能性に言及!乙武洋匡氏「『自由』が制限されるということに、政治家も国民もすっかり鈍感になってしまっている気がする」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年12月24日、新型コロナウイルスの最新の変異株による「オミクロンパニック」が駆け巡っている中、山際経済再生相が記者会見で「(面的な広がりを見せた場合)行動制限強化を含め機動的に対応する」とコメントした。

・新型コロナ危機を通じて、世界各国で「既存の民主主義システムの破壊」が進められている中、乙武洋匡氏が自身のTwitterで「私たちが最も大切にしてきたはずの「自由」が制限されるということに、政治家も、私たち国民も、すっかり鈍感になってしまっている気がします」と強い懸念を示した。

山際担当相、「面的拡大」なら行動制限も オミクロン株対策―新型コロナ

山際大志郎経済再生担当相は24日の記者会見で、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」への対応について、「面的に広がれば、行動制限強化を含め機動的に対応する」と述べ、感染状況を見極めつつ飲食やイベントなどに関する制限を検討する可能性に言及した。また、年末年始の感染対策に協力を呼び掛けた。

山際氏はオミクロン株について「外国での拡大は相当のスピードで起こることが分かっている」と指摘。

~省略~

【時事通信 2021.12.24.】

ワクチン接種よりも圧倒的に死亡者数が少ないオミクロン株で「行動制限」!?(一方、新型ワクチンは相変わらずゴリ押し)一部では「オミクロン株こそが最良のワクチン」との声まで…!

出典:国立感染研

世界中で実に奇妙な「オミクロンパニック」が展開されている中で、岸田政権が「行動制限の強化」の可能性を示唆しました。
感染者は世界中で相当な数に上っているらしいものの、相変わらず、重症化したり死亡したとの情報が圧倒的に少ないですし、私も乙武氏の上のツイートに強く賛同します。

当サイトでは、オミクロンパニック発生当初から、様々な歪みやヤラセ臭を感じることを述べてきたけど、「プランデミック」の黒幕の一人と目されるあのファウチ氏までもが「楽観視」する発言をしている状況だ。
もちろん、100%油断することは現時点では勧められないし、今後も推移を注意深く見守る必要があるのは言うまでもないけど、現時点では、新型コロナワクチン接種による死者数(日本だけでも21年10月時点で1200人超もが接種後に死亡)とは比べ物にならないほどに少ない状況であり、一部の専門家からは「オミクロン株は非常に優れた生ワクチン」といった声まで出ている状況だ。

以前より、「オミクロンは『モロニック(=馬鹿げたもの)』のアナグラム」といった指摘が出ていましたが、まさにその通りといってもいいような様相になってきましたね。

現在、世界各国はオミクロンの感染をひどく恐れて、既存の民主主義システムをも破壊しようとしている状態であり、さらには、オミクロン株の発症をどうにか防ぐために、オミクロン株よりもよほど辛く苦しい副反応に見舞われては、最悪の場合死亡する事例が頻発しているワクチンの接種を強く推進していくという…まさに今のこの状況はこれ以上ないほどの「モロニック状態(デタラメまみれ)」といえるだろう。
確かに、グローバリストによるウイルス兵器の疑いが極限まで高まっている新型コロナウイルスの感染は出来るだけ防いだ方がいいことには変わりないけど、すでに、コロナウイルスそのものが弱毒化し鎮静化に向かっている状況の中で、これを必要以上に恐怖し「強力な私権制限」および「新型コロナワクチン接種」を常態化させていくことは、民衆にとってあまりにも失うものが多すぎる

新型コロナそのものは確かに私たちにとって脅威の一つですが、全体的な状況を俯瞰する限り、コロナウイルスよりも新型コロナワクチンの方が数段脅威であり、グローバリストに誘導されるがままに「生涯にわたるブースター接種」が義務化されてしまうと、想像を超えるほどの崩壊・破綻(彼らが言う”グレートリセット”)に見舞われ、取り返しが付かないほどのディストピア社会がやってきてしまうことを認識する必要があるでしょう。

とにかく、毒性が低いオミクロンに恐怖するあまりに(かなりの高確率で重大な副反応が発生する)新型コロナワクチンの無制限接種に走ることは避けるべきだし、この異常性やデタラメさを指摘しないままに、引き続きワクチン接種をごり押ししている御用医師らは相当に悪質と言わざるを得ないだろう。
改めて、ボクたちは壮大な「モロニック社会」のただ中にいることを再認識しつつ、あらゆる動きの背後に隠されているものをしっかりと見極めていき、自身の頭で考えて合理的な自己防衛に努めていく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事