鹿児島・平川動物公園で男性飼育員がホワイトタイガーに襲われ死亡 檻の中で首から血を流して倒れているのを別の職員が発見

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年10月8日午後5時過ぎ、鹿児島市の平川動物公園で、「男性飼育員がホワイトタイガーに襲われて意識がない」と119番通報があり、警察・消防が駆けつけたところ、古庄晃さん(40)がホワイトタイガーの檻の中で首から血を流して倒れていたという。古庄さんは救急搬送され、その後死亡が確認された。

・古庄さんは、4頭飼育していたうちの1頭のホワイトタイガーに襲われたと見られており、古庄さんを襲ったホワイトタイガーは、警察・消防の到着時には麻酔銃で眠らされていたという。

鹿児島の動物園
ホワイトタイガー、飼育員襲い心肺停止に

8日午後5時10分ごろ、鹿児島市平川町の鹿児島市平川動物公園の職員から「おりの中で職員がホワイトタイガーに襲われ、意識がない」と消防に通報があった。襲われた男性飼育員(40)は病院に搬送されたが心肺停止の状態。一般客にけがはなかった。

県警などによると、8日午後5時の閉園後にホワイトタイガーの飼育室内で男性が首から血を流して倒れていたのを別の職員が発見、通報した。消防の到着時にはホワイトタイガーも倒れていた。麻酔銃などで眠らせたとみられる。

ホワイトタイガーはトラの白変種で、平川動物公園では4頭が飼育されている。(共同)

【毎日新聞 2018.10.8.】

「ホワイトタイガーに襲われた」 動物園職員の死亡確認【朝日新聞 2018.10.8.】

動物園の人気者だったホワイトタイガーが飼育員を襲う衝撃事故が発生…ネットでは「虎を殺さないで」と訴える声も

↓ベンガルトラの変種と言われているホワイトタイガー。

出典:YouTube

鹿児島市の平川動物公園で、40歳の男性飼育員さんがホワイトタイガーくんに襲われて、心肺停止になっているとのニュースが出ていたにゃけど、さっきに死亡が確認されたとのニュースが報じられたにゃ。

ああ。何とも衝撃的で悲しい事故が起こってしまったね。
ネット上では、心肺停止と報じられていた男性飼育員の身を案じた上で「どうか虎の殺処分だけはやめて欲しい」との声が多く上がっていたけど、残念ながら男性飼育員の死亡が報じられた中、彼を襲った虎の運命が案じられるね。

ちなみに、ホワイトタイガーは、1950年代にインド北東部のベンガル地方で偶然発見されたベンガルトラの白変種と言われており、これがとても神秘的で綺麗な姿をしていたことから、人間によって珍重され、人の手によって親子や兄弟同士などによる近親交配を繰り返してきたらしいんだけど、現在ではこうした不自然な交配によって、様々な障害や身体的な問題を抱えて生まれてくるケースも多いようだ。
そんな中で、福岡県大牟田市の「大牟田市動物園」では、こうした状況を問題視し、現在飼育しているメスのホワイトタイガーの飼育舎前に「今後、ホワイトタイガーは飼育しません」とのパネルを掲示し、一般の人々にこの現状を伝える活動を行なっているとのこと。

今回の事故が何が原因で起こってしまったのか、安全管理に問題はなかったのかなど、様々な疑問点は尽きないけど、動物園の人気者とされているホワイトタイガーにとっても様々な不幸な部分があることや、人間の都合によって行なわれてきた「(動物たちに多大なストレスを与えかねない)観賞用動物に対する不自然で強引な高配の実態」などについても、もっと意識を向けていき、考え直していくことも必要なのかもしれないね。

動物園にいるホワイトタイガーくんたちが、そんな問題がある環境下に置かれていたこと、全然知らなかったにゃぁ~…。
今回飼育員さんを襲ったタイガーくんも何かのストレスを抱えていたのかもしれにゃいし、にゃこももっと色々な知識を持っていかなきゃいけにゃいことを痛感するにゃあ

「様々な知識を身につけていきたい」との意識を持つこと自体がとても素晴らしいことだと思うし、日々発信される様々なニュースや出来事を通じて、ボクたちが知らなかった「様々な世界の裏側」を知り、日々理解を深めていくことが大切だね。

今回はとても悲しく痛ましい事態になってしまったけど、これを機に、ホワイトタイガーが置かれてきた実態や様々な背景について、多くの人が考えていくきっかけになればと思うよ。

おススメ記事&広告

 
Pocket