■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【プロパガンダ】米大手メディアがウクライナ戦争を強烈に扇動!「第二次以来最大の外国への軍事侵略」との報道も!烏賀陽弘道氏「アメリカのイラク、アフガン侵攻の方が遥かに規模は大きい」

【プロパガンダ】米大手メディアがウクライナ戦争を強烈に扇動!「第二次以来最大の外国への軍事侵略」との報道も!烏賀陽弘道氏「アメリカのイラク、アフガン侵攻の方が遥かに規模は大きい」
Pocket

どんなにゅーす?

・ロシアのウクライナへの侵攻が開始された中、米大手メディアが「ウクライナ戦争」を扇動しロシアを強く非難。早速、欧米のグローバリスト系メディアによるプロパガンダが激化している。

【速報】ロシア軍が首都キエフの発電所を攻撃 ロイター(2022年2月26日)

~省略~

ロイター通信によりますと、ウクライナ軍はキエフにある基地がロシア軍の攻撃を受けたものの、撃退したと伝えました。

地元メディアは、ロシア軍がキエフの発電所を攻撃しようとしているとも報じています。

また、CNNはキエフ市内の様子について、爆発音が夜に何度も続いた後、現在は小康状態にあると伝えました。

~省略~

【YouTube 2022.2.26.】

【ウクライナ発】 ロシア軍が首都に陸上侵攻したらどうなるか

~省略~

大統領府前にウクライナ軍の装甲車が横づけにされていた。ウクライナ軍はロシア軍の前にひとたまりもないだろう。初日の戦闘を見ただけでも明らかだ。

正規軍と正規軍の戦いは早々と決着がつくだろうが、心配なのはその後である。

ゼレンスキー大統領は24日、自国を防衛する意向がある市民は申し出るよう呼び掛けた。希望者全員に武器を提供する方針である。

ヨーロッパの国々がふんだんに弾薬を供与しているが、それが市中に出回るのである。

領土防衛隊(Territorial Defense Forces=非常時の兵員13万)の隊員は少年少女兵まで「ロシア軍が侵攻してきたら撃つ」と迷わずに答える。

オッサンの隊員は「ロシア軍を殺す」と口を揃える。

~省略~

【田中龍作ジャーナル 2022.2.25.】

絶え間なく膨張し続けるグローバリズムの大波と、これに抵抗するプーチンとの対立からウクライナ戦争が勃発!早速大手メディアは煽情的な報道でプーチンへの怒りや憎しみを扇動!

「ウクライナ戦争」について、早速、欧米のメディアがかなり扇情的な報道を繰り返すようになっているわね。
キエフ入りしている田中龍作さんのレポがとても参考になるけど、今のところは、ロシア側は破滅的な事態を避けるべく、比較的抑制的な軍事侵攻にとどめているみたいね。

首都キエフは今のところ、壊滅的な事態は避けられているみたいだし、後は、ウクライナ側の出方次第といったところだろう。
しかし、ウクライナのバックには、言うまでもなくバイデン政権を始めとしたグローバリストが控えており、早速これらの傀儡メディアが世界市民に向けて、実態よりもかなり大幅に誇張した報道を展開しては、プーチンに対しての怒りや憎しみを扇動する報道に徹しているみたいだ。

ウクライナの親ロシア政権が(グローバリストによる謀略で)失脚させられた末にグローバリストの傀儡に挿げ替えられた時点で、このような”全面戦争”に発展するフラグが立ってしまっていたし、結局今回の戦争も、欧米のグローバル資本勢力によって仕掛けられたものということだわ。

さらにいえば、ソ連が崩壊したのもグローバリストによる謀略ってことだし、元々ロシアには、トロツキストなどと呼ばれるグローバルカルトの傀儡勢力が非常に強い影響力を持ってきたからね。
プーチンの立ち位置や存在そのものについては常に多くの謎や不可解な点が付きまとってきたけど、表面的な構図を見ると、プーチンは常に欧米のグローバル資本勢力に強く抵抗し、ロシア国内のグローバリスト勢力を積極的に排除してきた痕跡が見られる。
今回の欧米メディアの動きをみても、この戦争の本質や背景そのものは全力で覆い隠しては、プーチンへの怒りを扇動するばかりの報道で一貫しているし、こうしたマスコミの動きから、この戦争の本質や内情を読み解いていく必要がある。

プーチン氏が戦争を選択したのも、それだけ、欧米のグローバリストが、ウクライナ攻略を手掛かりにプーチン政権の失脚(場合によっては暗殺も)に向けて”本腰”を入れてきたってことだし、やっぱり、トランプ政権の失脚からバイデン政権の誕生まで、全てが有機的に繋がっているうえに、これもまた、あらかじめ仕組まれてきた”計画”だったってことね。

これまで謎に包まれてきたプーチンだったけど、今回の戦争の行方によって、その”正体”が徐々に明らかになっていくかもしれないね。
いずれにしても、これ以上民間人に犠牲者が発生する事態は何としても避けなければならないし、ボクたち一般市民は、これからも「戦争反対」の声をずっと一貫して上げ続けていかないといけないだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事