■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【一体何が】トヨタ・日野・ダイハツが国内全工場の稼働停止!取引先へのサイバー攻撃か!翌日以降の稼働の再開も不明!岸田総理「政府としても実態を確認中」

【一体何が】トヨタ・日野・ダイハツが国内全工場の稼働停止!取引先へのサイバー攻撃か!翌日以降の稼働の再開も不明!岸田総理「政府としても実態を確認中」
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年3月1日、トヨタ自動車とグループ企業の日野自動車とダイハツが、国内の工場全ての稼働を停止させることを明らかにした。

・発表によると、主要取引先の一つである小島プレス工業がサイバー攻撃を受けたとされており、2日以降に稼働を再開できるかどうかは現時点では不明だという。

トヨタ あす国内全工場の稼働停止へ 取引先へのサイバー攻撃で

~省略~

発表によりますと、トヨタ自動車は3月1日、国内のすべての工場にあたる14工場、28ラインの稼働を停止することを決めました。

トヨタの主要な取引先のひとつで、車の内装や外装に関連する部品を製造している愛知県豊田市の小島プレス工業で「システム障害の影響を受けたため」としていますが、関係者によりますと、サイバー攻撃を受けたということです。

この攻撃によって、部品の発注や受注に関するシステムに影響が広がっていて、トヨタとしては、部品の調達に支障が出るおそれがあるため、全工場の稼働停止に踏み切ったものとみられます。

会社が詳しい原因を調査しています。

~省略~

岸田首相「実態を確認させている状況」
岸田総理大臣は、28日夜、総理大臣官邸で記者団に対し「報道で承知している。政府としても実態を確認させている状況だ」と述べました。

また、記者団が、今回のサイバー攻撃がロシアなどと関係あるか質問したのに対し「ロシアとの関係などについても、しっかり確認した上でなければ答えることは難しい」と述べました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2022.2.28.】

日野とダイハツ、3工場停止
システム障害、サイバー攻撃か

日野自動車は28日、サイバー攻撃が原因とみられるシステム障害で古河工場(茨城県古河市)と羽村工場(東京都羽村市)を3月1日に停止すると発表した。ダイハツ工業も京都工場(京都府大山崎町)を停止する。

【共同通信 2022.2.28.】

ウクライナ戦争の影響!?世界の混沌が加速する中、5G・6Gの普及により軍事よりもサイバー戦争が主流へ!

出典:Wikipedia

これはまた前代未聞の事態が発生しました。
トヨタがシステム障害によって全ての稼働を停止するのは史上初めてのことみたいですし、これもウクライナ戦争の影響である可能性が高いのではないでしょうか。

サイバー攻撃を仕掛けた大元は今のところ不明だけど、当然のごとく、ロシア政府の関係者が行なったことを疑う声が噴出しているし、あとは、ロシアに濡れ衣をかけるために、欧米の諜報勢力が仕掛けた可能性もあるだろう。
言うまでもなく、早期の復旧が難しい場合、トヨタだけでなく日本経済全体にも深刻な影響を与えることになるけど、問題は、被害がトヨタ(と日野・ダイハツ)だけにとどまらず、様々な業種の大企業に広がっていく恐れもあることだ。
日本企業のサイバー犯罪対策がどこまで進んでいるのか分からないけど、同じような事例が多くの主要企業で発生した場合、想像を超えるほどの経済被害が発生することになるし、各企業は一刻も早くにサイバー犯罪対策を十分なまでに行なっておくのがいいだろうし、政府もすぐに本格調査に動き、実態把握を早急に行なっていく必要がある。

ロシアとウクライナの停戦交渉が始まりましたが、事態は依然不透明で混沌としていますし、詳細で正確な報道を入手することが極めて難しいことで、現在の情勢を分析したりこの先の予測を行なうのも非常に困難な状態になっています。

ウクライナ戦争そのものは「古い形」の軍事による戦闘だけど、この先の時代は(5Gや6Gの普及が進むにつれて)このような「サイバー世界における戦争」が主流になっていくことが考えられる。
まさに、コロナ危機をきっかけに世界が一気に混沌としてきているし、今回のウクライナ戦争によって、彼らによる「グレートリセット計画」は新たな段階に入ったとみるべきだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事