【痛快】千原ジュニアが安倍総理主催の「桜を見る会」辞退を暴露!「知らんおっさんと見たないわ!」「(兄の)せいじやったら、ヒョイヒョイ行く」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年4月7日、「Abema的ニュースショー」(AbemaTV)の中で、お笑いタレントの千原ジュニアさんが、安倍総理が主催する「桜を見る会」に招待されたものの、これを辞退していたことを明らかにした。

・ジュニアさんは「知らんおっさんと見たないわ!と思って断った」とコメント。スタジオが静かな雰囲気に包まれると、「(兄の)せいじやったら、ヒョイヒョイ行くもんな」とコメントし、一転してスタジオが笑いに包まれた。

千原ジュニア、安倍首相主催の“桜を見る会”を辞退 「知らんおっさんと見たないわ」

お笑いタレントの千原ジュニアが、毎年4月に総理大臣主催で行われる「桜を見る会」への誘いを辞退していたことを明かした。

7日に自身がMCを務めるAbemaTV『Abema的ニュースショー』に出演した千原ジュニアが「桜を見る会」への参加辞退を明かしたのは、政府による3度目となる国民栄誉賞の打診を固辞したイチローの話題について議論が及んだ時だった。

~省略~

原田氏の指摘に「確かに」と反応したイチローと同世代の千原ジュニアは「全く違いますけど」と話を切り出すと、「(安倍首相主催の)桜を見る会に今年も声を掛けてもらったのですが、知らんおっさんと見たないわと思って断った。これも世代なんですかね?」と質問。原田氏は「おそらく、そういう特徴はあると思う」と答えた。

スタジオが静かになった次の瞬間、再び口を開いた千原ジュニアは「(兄の)せいじやったら、ヒョイヒョイ行くもんな」と話すと、一転して笑いを誘っていた。

【Yahoo!ニュース(AbemaTIMES) 2019.4.8.】

芸能界に「安倍礼賛思想」が蔓延の中、千原ジュニアがこれをバッサリ切る痛快コメント!その上で「せいじやったら、ヒョイヒョイ行く」と兄への皮肉も!

出典:AbemaTV

これは千原ジュニアさん、とってもカッコいいわっ!!
兄と違って、こんなに毅然と「安倍礼賛」の同調圧力に拒否感を示して、自らのポリシーを貫く人だったなんて思わなかったわっ。

私も、ジュニアさんのことが今まで以上にとってもカッコ良く見えてきましたし、ますますファンになってきてしまいましたですぅ~!

どんな時でも、権力(強いもの)に媚びずに、ハングリー精神を持ちながら自らの生き方を貫く人はとってもカッコいいよね。
かつてなかったくらいにまでマスコミ界や芸能界の中で「安倍政権礼賛」を強制する同調圧力が蔓延している中、ここまで堂々と「知らんおっさんと見たないわ!」と切り捨てているのは、かなりカッコいいし、出世や保身などの”損得勘定”に目もくれずに、自らの信念や生き方を貫こうとする人は、時代を超えて深く尊敬されるものだ。

一方で、兄の千原せいじ氏は、スタジオの共演者にまで呆れられるほどの「安倍シンパ」ぶりを発揮しまくって、まさしく卑しさとかっこ悪さ丸出しだけど、まさに兄と弟で驚くほどの違いだね。
(そんな中で、「せいじやったら、ヒョイヒョイ行く」とのジュニア氏のコメントも秀逸すぎる。)

ほんとに、兄のせいじ氏は超・だっさいし、最近のテレビを見ていると、同じように、強いものに媚びを売りまくって、自らも美味しい汁にありつこうとする卑しい根性を持った芸能人やマスコミ人がかなり目につくようになってしまったわよね。

こうした芸能・マスコミ界の現状を見ても、安倍政権がかつてないまでの「独裁的な権力」を持ってしまっていることがよく分かるし、ネットコメントを見ても、ジュニア氏に対して「総理に失礼だ」などの理由で叩きまくっている声が出てきている。
これこそ、「一般庶民は強いものに大人しく付き従え」という、1%の権力(グローバル資本勢力)目線による「奴隷思想」の蔓延だし、こうした「奴隷思想」が蔓延すればするほど、ボクたち一般市民は「人間らしい」自由で豊かな生活をすることが難しくなっていってしまうことになる。

世の中に名を残している偉人や、普遍的な価値ある作品を残した芸術家など、後世に語り継がれるような偉業を成し遂げた人というのは、ほとんど皆が飽くなきハングリー精神や反骨精神、形に囚われない自由な発想力や思考力を持っていた人物ばかりだし、全ての人を「型」に嵌めようとする「権力礼賛(奴隷)思想」の蔓延は、ボクたちが本来持っているはずの潜在的な能力を殺すことにも繋がる非常に危険なものだ。

みんなも、こうした1%の権力層がボクたちに仕掛けてきている様々な「奴隷化洗脳」に嵌まってしまわないように気をつけて欲しいのと、今回のジュニア氏のように、これらの同調圧力に毅然とNOを唱えている有名人や芸能人をどんどん応援していくことも大切なんじゃないかな。

つまり、今の日本社会は、私たちの潜在的な才能や能力をかえって殺してしまうことに繋がるような、「危険な洗脳」が蔓延してきているってことなんですねぇ。

考え方や行動がみんな同じになってしまったら、それこそ、(権力層にとって)使い捨て状態の「ロボット人間」になってしまうし、こうしたご時世の風潮に異を唱えているような「我が道を貫く芸能人」こそ、ボクたちは大事にして応援するべきなのではと思うよ。

Pocket

 

おススメ記事&広告