■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【冗談にもならない】都民ファと合流、国民・玉木代表が上念司氏に出馬要請!?「上念さんが国民民主党で出馬していただくのが一番」「供託金、全部出します」!

【冗談にもならない】都民ファと合流、国民・玉木代表が上念司氏に出馬要請!?「上念さんが国民民主党で出馬していただくのが一番」「供託金、全部出します」!
Pocket

どんなにゅーす?

・都民ファーストの会との合流方針が報じられた国民民主・玉木代表が、MBSラジオの番組内で(コアな安倍シンパとして知られる)上念司氏を賛美、「やっぱり国民民主党で出馬していただくのが一番」「参院選挙に出ていただきたいですね」「供託金、全部出します」などと発言したことに、多くの批判が集まっている。

「希望の党」騒動の反省は? 国民民主党・玉木雄一郎が節操なさすぎ! 都民ファースト、維新、ネトウヨに媚び、安倍応援団の上念司に出馬要請まで…

~省略~

いや、玉木代表のご機嫌取りは、連合に対してだけではない。なんと、極右界隈にまで尻尾を振ろうと、最近もネトウヨ文化人に対して「選挙に出ていただきたい」などとラブコールを送ったばかりなのだ。

それは1月11日放送の『上泉雄一のええなぁ!』(MBSラジオ)に玉木代表が電話出演した際のこと。同番組には火曜レギュラーとして安倍応援団のネトウヨ経済評論家である上念司氏が出演しているのだが、番組中、玉木代表はこんな発言を繰り返したのだ。

「上念さんが、やっぱり国民民主党で出馬していただくのが一番」
「上念さんに参院選挙に出ていただきたいですね」
「供託金、全部出します」
「全国比例で出るってことが一番」

言っておくが、上念氏といえば安倍晋三・元首相と対談するなど安倍政権を応援したり、『NEWS23』(TBS)で安保法案の危険性を指摘していたアンカー・岸井成格氏を番組降板に追いやった圧力団体「放送法遵守を求める視聴者の会」の設立にも参画(現在は内紛の末に「放送法遵守を求める新・視聴者の会」に改称)したり、加計問題の際には「モリカケは朝日案件」「(前川喜平氏は)嘘つき」などと断言するだけではなく、文書を作成した文科省職員についてのあきらかなデマをSNSやラジオ番組で垂れ流してきたような人物。

~省略~

さらに、玉木代表は維新とも距離を縮めているが、昨年末の臨時国会でおこなわれた衆院憲法審査会では、維新や自民といった改憲勢力と軌を一にし、「緊急時に任期の特例を定める議論は速やかにおこなう必要がある。感染が抑えられているいまだからこそ、国家統治の基本的な在り方を静かな環境で議論していきたい」などと緊急事態条項の創設に同調。玉木代表は衆院選直後に「憲法審査会では維新と国民民主党は緊急事態条項の創設を強く主張してきた」とするTwitterユーザーの投稿に対し、わざわざ〈緊急事態条項はそうでもないですよ〉と返信していたにもかかわらず、だ。

~省略~

【リテラ 2022.1.14.】

これまで数多くのデマを流布してきた加計学園客員教授(安倍シンパ)の上念氏に、国民玉木代表が出馬オファー!

出典:Twitter(@tamakiyuichiro)

国民民主党がますます”胡散臭い動き”を加速させているわっ!!
小池都知事の都民ファと合流する話だけでもゴメンなのに、あまつさえ、これまで数々のデマを流布してきた筋金入りの安倍シンパの上念氏に出馬をオファーするなんてっ!!

どこまで本気なのか知らないけど、公人中の公人(国会議員)である以上、もし冗談だとしても言ってはいけない冗談だろう。
なんせ、上念氏は、ケント・ギルバート(モルモン教の宣教師)と同じく、(安倍氏と兄弟の噂もある)加計孝太郎理事長の学園(岡山理科大)の客員教授を務めているし、長州閥勢力やグローバリストとの繋がりも色濃いからね。
ネット上では、玉木氏の一連の「怪しげな動き」に対して概ね冷めた声が多いけど、なんせ、国民民主は先の衆院選で(下馬評を覆して)議席を伸ばしているからね。
現在、グローバル資本勢力による「改憲勢力強大化」の裏工作が行なわれている中、国民民主もこの先維新とともにさらに勢力を大きくしていって、(ワクチン義務化のための)憲法改悪を強行するにあたってのキー政党に躍り出ていく危険がぬぐえない

おまけに、連合も裏で強く支援しているみたいですし、万が一にも、次の参院選で正式に上念氏が出馬した上で国民&都民ファの勢力が躍進してしまえば、それこそ最悪の事態だわっ!!

なんだか、ネット上で玉木氏のファンを名乗る声や国民民主を応援する声が急に増えてきている(また新たなネット工作が始まったか?)し、維新だけでなく、国民民主や都民ファの動きについても、ひときわ警戒感を持ってみていく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事