国民民主・玉木代表が”安倍改憲”に同調!?「私は生まれ変わった。我々も改憲議論を進めていく」→ネットは大炎上に!

Pocket

どんなにゅーす?

国民民主の玉木代表が、安倍政権が腐心している改憲について同調するような発言を始めており、ネットを中心に批判が殺到している。

・玉木氏は、安倍総理からの呼びかけに応える形で、「私は生まれ変わった。我々としても憲法改正議論を進めていくし、首相にもぶつける」と発言し、安倍総理が用意した”土俵”に乗ることを表明したものの、ネット上だけでなく、国民民主の所属議員からも反対の声が上がっている。

玉木国民民主代表「安倍首相と会談を」=改憲論議に前向き

国民民主党の玉木雄一郎代表は25日、インターネット放送「文化人放送局」の番組で、憲法改正に向けた国会での議論に応じるとともに、安倍晋三首相に党首会談を申し入れる考えを表明した。首相は参院選で、自民、公明両党と改憲に前向きな日本維新の会などの改憲勢力で発議に必要な3分の2を割り込んだことを踏まえ、国民民主に協力を呼び掛けている。玉木氏の発言はこれに呼応した形だ。

玉木氏は「私は生まれ変わった。われわれとしても憲法改正議論を進めていくし、首相にもぶつける」と強調。

~省略~

【時事通信 2019.7.25.】

 

国民・玉木代表、選挙が終わった途端に、国民の大多数が求めていない「改憲論議」に前向きな姿勢見せ始める!

玉木さんったら、選挙が終わった途端に、早速、安倍総理が異常なまでに腐心している「改憲論議」に同調するような動きを見せ始めちゃって…一体どういうつもりなのよっ!?

これを見ても、安保法の強行採決に続いて、日本の憲法をどうにか”改悪”させようとするパワーが、海を越えて「かなり大きな規模」でかかってきていることがよく分かるね。
玉木氏も、相当強く”その筋”から脅されていることが考えられるし、今回の参院選で自公維で3分の2を維持できなかったのを受けて、ここに国民民主などの野党勢力を加えて、どうにか「3分の2」を確保しようとする動きが強まってきたとみるのがいいだろう。

これまでも述べてきたことだけど、やはり、与党のみならず、野党の中にも着実にグローバリズムが浸透してきており、与野党間において「見せかけの対立(裏ではグローバリズムを通じて繋がり合っている)」の構図が明確になってきている。
これは、今後も全く油断できないし、この流れをどうにか止めるには、考えられる限り、(みたところ明確に対立している)共産やれいわの勢力を大きくしていくしかないんじゃないかな。

ほんとに、次から次へと「おかしな動き」が出てきているわね…。
この日本が、どんどん「グローバリストからの襲撃と侵略」に遭っている現実を肌で感じるわ。

もしかしたら、玉木氏は、支持がゼロになって国民民主が完全に消えてでも、安倍改憲の動きを推し進める”役割”をまっとうするつもりなのかもしれないね。
この流れを完全に絶ち切っていくのはなかなか大変だし、この先こそ、いよいよ日本国民の「真の底力」が試されていくことになりそうだ。

Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事