■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ワクチン予約システム】菅政権、同じ趣旨の報道を行なった日経に対しては完全に”ダンマリ”!岸防衛相も安倍前総理も朝日・毎日のみを名指しして徹底恫喝!

【ワクチン予約システム】菅政権、同じ趣旨の報道を行なった日経に対しては完全に”ダンマリ”!岸防衛相も安倍前総理も朝日・毎日のみを名指しして徹底恫喝!
Pocket

どんなにゅーす?

・ワクチン大規模接種センターの予約システムにおける重大な欠陥を朝日出版や毎日新聞が報じ、これに岸防衛相や安倍前総理らが名指しで強く非難、防衛省が各社に抗議文を送りつけた中、同様の問題を報じた日経新聞と日経BPについては、一切の非難や抗議をしていない上に、防衛省も日経に対しては抗議文を送っていなかったことが判明した。

・菅政権による報道機関ごとの明らかな「扱いの差」について、ネット上で訝しがる声が多く上がっている。

「ワクチン予約システムに欠陥」~この報道は犯罪?不適切?~メディアへの抗議や批判を検証する

~省略~

朝日・毎日系メディアのみに批判・抗議

この不備については、ネットメディアでは日経BP社の日経クロステック、朝日新聞出版が運営するAERA.dotが、新聞では毎日新聞、日経新聞の2紙が電子版と紙面で、17日から18日にかけて相次いで報じた。

すると、防衛省が18日、朝日新聞出版と毎日新聞の2社に抗議文を送付。岸防衛相は、記者会見で両社について「悪質な行為であり、極めて遺憾だ」と述べ、同氏のTwitterでも両社を名指しして、同様の批判を行った。

ワクチンの調整を担当する河野太郎行政改革相も、「65歳以上でない方が面白半分に予約を取って、65歳以上の方の予約を邪魔し、それを誇っているかのような報道があった」とし、報道が「面白半分」の妨害行為であるかのような発言をした。

さらに岸防衛相の実兄である安倍晋三前首相も、Twitterに「朝日、毎日は極めて悪質な妨害愉快犯と言える。防衛省の抗議に両社がどう答えるか注目」と投稿した。

ネットには、「これは犯罪だ」「防衛省は刑事告訴すればよい」などと朝日、毎日両社を非難する声があふれた。「テロ行為だ」などという過激な物言いまで飛び出す始末だ。

おかしなことに、非難の対象になるのは朝日、毎日ばかりで、同趣旨の記事が掲載されている日経クロステック、日経新聞についての言及はない。日経BP社と日経新聞社によれば、両社とも同省からの抗議や申し入れは受けていない、という(太字部分は5月20日に追記)。朝日、毎日の両メディアを毛嫌い・目の敵にしている人たちが、「ここぞ」とばかりに大声を上げたのだろう。

~省略~

【Yahoo!ニュース(江川紹子) 2021.5.20.】

菅政権、CSIS(ジャパンハンドリングの総本山)と深い協力関係にある日経新聞に対しては、一切非難も抗議もせず!岸防衛相も安倍前総理も全く触れず!

日経・CSISバーチャル・シンクタンク

~省略~

米CSISと日本の連携の経緯

日本経済新聞社と米CSIS(戦略国際問題研究所)は、「日経・CSISシンポジウム」と呼ばれる、日米関係や両国の未来に関する、様々なテーマのシンポジウムを共同で不定期に行っていた。テーマは政治や外交をはじめ、過去にはアメリカからジョセフ・ナイやマイケル・グリーンも招かれ[1]、軍事とロボット工学の結びつきの可能性についてや、日米中の今後の関係についても議論された。この「日経・CSISシンポジウム」は、2010年10月で第7回を迎えている[2]。

~省略~

【Wikipedia(日経・CSISバーチャル・シンクタンク)】

出典:日経新聞

「ワクチン大規模接種センター」の予約システムの重大な欠陥を報じた朝日・毎日さんに対して、岸防衛相や安倍前総理が鬼の首を取ったように恫喝した上に、防衛省が抗議文を送りつけていた件だけど、これとほとんど同じ内容を報じていた日経さんに対しては、全く名前を出していないどころか抗議文すら送っていなかったことが判明したわ。
上の記事を読む限り、日経の記者さんも同じように架空の番号を入力して予約システムの脆弱さを検証しているようけど、どうも菅政権は日経さんだけ「別格・特別扱い」しているみたいね。

ネット上では、この件を指摘した江川紹子氏のツイートに対して「単に日経はそこまで詳しく報じなかったからだろ」「おかしな妄想をするな!」などと叩くリプが送り付けられているけど、朝日・毎日と同じように予約システムにアクセスして実際に検証しているにもかかわらず、それなのに朝日や毎日だけに対して「サーバーに多大な負担を掛けた」などとトンデモなイチャモンをつけている始末だし、これは明らかにおかしいだろう。

とにかくも、自民政権が、朝日新聞や毎日新聞に対しては、常に攻撃的で強気な対応(ネット工作員に対しても炎上や非難を扇動)が出来ている一方で、日経(や読売も)に対しては普段から安易に非難することができない状況にあるのは、これらのマスコミはとりわけグローバリストと非常に深い関係があることが影響していると考えるべきだ。
読売新聞は昔から米CIAと深い関係を持ってきたけど、日経新聞はご覧のように米CSISと非常に深い協力関係を持っており、さらにいえば、ロスチャイルド財閥などのグローバル金融勢力深い関係を持つ雑誌・エコノミストの邦訳版を出版するなど、国際銀行家グループとも密な繋がりがある「日本きっての上級マスコミ」ともいえる。

↓「グローバリストによる計画が事細かに予告・暗示されている」といわれてきた、エコノミストの「世界はこうなる」の邦訳版を出版してきた日経BP。

出典:Amazon

朝日や毎日さんも結局のところはグローバル資本勢力の下部組織みたいなもんですけど、どうも、大手マスコミの中でも「ランク」みたいなものがあるみたいですし、とりわけCSISや国際金融資本と繋がりが色濃い日経さんに対しては、自民党や日本政府はどうしても大きく出られないところがあるみたいね。

これまでも、自民政権が日経を表立って痛烈に非難しているところを見たことがないし、今回の一件を通じて、改めて、自民政権が米国のジャパンハンドラーやグローバル資本勢力の「ご本尊」に対して全く頭が上がらない実情があることが露呈したといえそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事