■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【終わってる】菅総理が、史上最悪のトンデモ言い間違い!菅「感染拡大を最優先に…」!緊急事態宣言延長&拡大で「菅退陣説」も本格浮上!

【終わってる】菅総理が、史上最悪のトンデモ言い間違い!菅「感染拡大を最優先に…」!緊急事態宣言延長&拡大で「菅退陣説」も本格浮上!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年8月17日、日本列島が世界的にも最悪レベルの新型コロナ感染爆発に見舞われているを受け、菅総理が緊急事態宣言の延長・拡大を決定し記者会見を開催。その場で、過去最悪レベルの言い間違いを連発させた。

・菅総理は、「タリバンの首都、カブール…」や、「カニ政権は機能しなくなり…今後の情熱は、依然として不透明であります」などの言い間違いを連発させ、しまいには「感染拡大を最優先にしながら…」などと発言。9月上旬での「菅総理退陣説」も浮上するなど、菅政権の終焉が本格的に取り沙汰されるようになっている。

菅首相「感染拡大を最優先に…」記者会見で連発“言い間違え”に怒りと呆れの声、ネット大炎上!

~省略~

政府が「緊急事態宣言」と「まん延防止等重点措置」の追加・延長を決めた17日夜。終わりの見えないコロナ禍に国民が苛立ちを覚える中、ネット上で一時、怒りと呆れの声であふれたのが、首相官邸で会見した菅首相の発言に対してだった。というのも、菅首相はこの日も用意された原稿を読み飛ばしたり、言い間違えたりする場面が度々みられたからだ。

「タリバンの首都、カブール…」

「カニ政権は機能しなくなり…今後の情熱は、依然として不透明であります」

「感染拡大を最優先にしながら…」

菅首相は囲み取材でも「人流」を「人口」と言うなど、誤りが目立ち、ネット上では<まずは一度、原稿の中身を自分で理解してから発表するべき><読み間違えや疲れているというレベルじゃない><AIスピーカーの方がまだマシなのでは>などと大炎上したのだ。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.8.18.】

菅首相に9.7退陣説…「緊急事態宣言」延長で解散できず“再選戦略”も吹き飛ぶ

~省略~

菅首相は、9月29日に予定されている「自民党総裁選」の前に「解散・総選挙」を行い、リスクの高い総裁選は無投票で乗り切る戦略を描いていた。しかし、「緊急事態宣言」が9月12日まで延長されたことで、9月中の「解散」は、ほぼ不可能になった。

このままでは、先に総裁選を迎えることになる。総裁選が実施されたら、秋に総選挙を控えている自民党議員の多くは「菅首相では選挙の顔にならない」と考えているだけに、菅首相は敗北する可能性がある。

そこで政界では、「菅首相は総裁選に出馬しないのではないか」と、「9.7退陣説」が浮上している。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.8.18.】

事実、「わざと感染爆発を促している」ようにしか見えない菅総理が、ついつい「本当のこと」をポロリ!?

出典:YouTube

菅総理の信じられないような(頭の悪すぎる)読み間違えがますますエスカレートしてきているわっ!!
中でも、「感染拡大を最優先にしながら…」の発言は完全に聞き捨てならないし、これはむしろ、「言い間違えではない」のではないかしらっ!?

ネット上でも、「『本当のこと』をつい口走ってしまったのでは?」との声が噴出しているし、当サイトでも、これまで「安倍&菅政権はわざと日本をコロナウイルスまみれにしようとしているようにしか見えない」と指摘し続けてきたからね。

そして、この度、「緊急事態宣言の延長と宣言地域の大幅な拡大」によって、菅政権が解散宣言する可能性がほぼゼロになったことを受けて、「菅退陣説」が本格的に浮上してきた感じだ。
確かに、この、世界的にも最悪レベルのコロナ感染大爆発によって、(ただでさえだだ下がり状態の)支持率がさらに大きく下がる可能性が高くなっているし、菅政権が選挙に勝てる要素があるのだとしたら、「(ここ1・2週間の間に)コロナ感染爆発をたちどころにストップさせ、多くの国民の不安と恐怖を一掃させた上で一斉に緊急事態を解除。日本国民にかつての自由や平穏をもたらせたうえで満を持して解散宣言」…これしかないだろう。
でも、(現状を見る限り)このような展開になる可能性はゼロどころかマイナス100だし、むしろ、現在よりもさらに酷い感染爆発が日本の広範囲に拡大し、菅政権に対する国民の不信感や怒りがますます膨らんでいく未来しか見えていないのが実際のところだ。

どこをどう考えても、菅政権が解散を打てる要素がどこにもないし、それどころか、来月にも菅政権が完全に倒れる可能性が、今回の「緊急事態宣言延長&拡大」で一気に現実味を帯び始めてきたわね!

泣いても笑っても、衆院総選挙は強制的に今秋に開催されることになるし、「東京五輪の成功で支持率大幅回復」の目論見が大失敗に終わった今、菅政権存続の未来はほぼなくなったとみていいのではないかな。
そうなると、今度の衆院総選挙は、野党にとっては躍進する大きなチャンスが出てくるし、「自民一強の”地獄”」を今度こそ終わらせるために、野党は出来得る限り万全の体制をもって(日本の存亡を占う)非常に重要な選挙に備える必要があるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事