【ヤバすぎ】スーパーで猛毒「ソウシハギ」を誤って販売か!?購入者「水炊きにして家族3人で食べた」(三重県)

Pocket

どんなにゅーす?

三重県大台町のスーパー「味彩館キッチン海ものがたり」が、内臓に猛毒を持つ「ソウシハギ」と見られる魚を2匹を販売し、1人が購入したことが判明。購入した男性から「水炊きにして家族3人で食べた」と連絡があったことが分かった。

現在のところ、3人の体調に異変はないとのこと。三重県は職員を派遣し、食べた人の健康状態を調査をしているという。

有毒の魚「ソウシハギ」販売か 食べた3人の体調調査 三重

この問題は、三重県大台町栃原のスーパーマーケット「味彩館キッチン海ものがたり」が、毒のある「ソウシハギ」の可能性がある魚2匹を販売したものです。

このうち回収できていなかった1匹について三重県とスーパーは、購入した人に食べないよう呼びかけていましたが、12日夕方、町外に住む人から「おとといのうちに家族3人で煮て食べた。今のところ体調に問題はない」と連絡があったということです。

これを受けて三重県伊勢保健所は、食べた人の体調について直接確認するため、13日朝から職員を派遣して聞き取り調査を行っています。

今のところ健康被害の報告はないということです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2018.12.13.】

フグ毒(テトロドトキシン)の70倍とも言われる猛毒(パリトキシン)を持つと言われるソウシハギがスーパーで売られた可能性!食べた人たちは現在のところ無事とのこと!

出典:YouTube

↓内臓に猛毒を持つと言われるソウシハギ。

出典:Wikipedia

にゃにゃあ!?
フグ毒の70倍ともいわれるような猛毒を持つお魚がスーパーで販売された可能性があるみたいだにゃ!

ひぃいいいっ!!
それだけでも信じられないような事態ですけどぉ、し、しかも、そのソウシハギさんを買って家族で食べてしまった人がいるなんてぇ~!
おまけに、そんな猛毒のお魚を食べても何の異常もないなんて…その食べた方々は人智を越えた”超人類”ですかぁ~!?

うーむ。ソウシハギと見られる魚を「カワハギ」として販売していたみたいだけど(ちなみに、ちまたではウマヅラハギを「カワハギ」と表示して売っているケースがよく見られる)…この状況を推察する限り、買った人は内臓を食べなかったか(内臓以外は無毒と言われている)たまたま毒を持っていないソウシハギだったかソウシハギ以外の魚だったかのどれかかもしれないね。

近年の研究によって、フグの毒は(小さな貝やヒトデや藻類など)毒素を含むエサを食べることで作られることが分かってきていて、毒のないエサを与えると毒が無いフグが出来上がることが分かってきている。
ソウシハギも、生息域や食べているエサによって毒を持たないものが存在している可能性があり、もしかしたら、売られていたソウシハギもたまたま無毒のものだったのかもしれないね。
(ちなみに、沖縄県や奄美大島では食用魚として扱われているみたいで、内臓を綺麗に取り除いた上でよく食べられているらしい。)

もしそうであれば、今回は本当にラッキーだったけど、上の画像を見る限り内臓ごと売られていたみたいだし、一歩間違えれば大変なことになっていたね。

ちなみに過去には、釣り上げた巨大なソウシハギの写真とともに「これから肝醤油にして食べます」とツイートした釣り人に対し、「絶対ダメ!!」と複数の閲覧者がメッセージを送ったことで、運良く食べずに済んだケースもあったみたいで、よほど調理のプロでも無い限り、この魚は基本的に食べない方が良さそうだ。

つまり、このお魚についてはまだまだ謎が多いということですねぇ。
たまたま毒がなかったのならいいんですどぉ、弱い毒が含まれていた可能性も否定できませんしぃ、海の世界はまだまだ解明されていない謎や不思議がたくさんあるんですねぇ。

おススメ記事&広告

 
Pocket