紫野明日香さん、「戦争反対」を意味する衣服を着て国会傍聴しようとするも、職員に制止される!担当者「(9条を意味する)9はダメだが、1や5ならOK」

Pocket

どんなにゅーす?

・女優の紫野明日香さんが、「戦争反対」を意味する「NO WAR」や憲法9条を意味する「NO.9」と書かれたTシャツを着て国会を傍聴しようとしたところ、「示威行為に当たる」として職員に入場を拒否されたことを明かし、ネット上で大きな話題になっている。

・紫野さんは、何故ダメなのかを聞いたところ、職員は「9を付けているから」「NO WARとも書かれている」と指摘。その上で「1や5ならOK」と言われたことも明かし、この事態にネット上では驚きや恐怖感を抱く声が上がっている。

「憲法尊重」「戦争反対」すらも、「示威行動」「危険行為」とみなされる安倍政権下での日本!

出典:Twitter(@asunokaori)

はあぁっ!?
今や「戦争反対」って意見を発するだけでも、「示威行動」として危険視される世の中になっているっていうの!?
いよいよ、安倍政権によって社会が本格的におかしくなってきた感じだわっ!!

まさか「9」を示す数字をあしらった服やアクセサリーを付けているだけで国会入場を拒絶されるとは、いよいよ凄いことになってきたね。
しかも「戦争に反対」することなんて、普通に考えれば政治的主張でも何でも無いし、これが「示威行動」と問題視されるのなら、いよいよ戦争資本が徹底支配する軍事独裁政権にまっしぐらだぞ。

そして、ネット上でも声が上がっていたけど、こうした「9条を思わせるもののみが禁止(1条や5条ならOK)」というのも、一体いつからこうなっているのか、ずっと昔からこうなのか?についても非常に気になる。

どちらにしても、安倍政権は、戦争放棄を定めた憲法9条を病的なまでに敵視、警戒しており、これだけでも戦争資本勢力の傀儡政権であるのを自ら告白しているようなものだ。

こんな風潮がどんどん社会に広がっていったら、いよいよ巷で「戦争反対」を唱えただけでも、いきなり逮捕されたり選挙権を剥奪されるような世の中になっていっちゃうじゃないのよ!
やっぱり、安倍政権は、骨の髄からカルトそのものなんだわっ!!

ネットでも声が上がっていたけど、一体どこまでがダメでどこからが大丈夫なのか、例えば、麻雀の平和(ピンフ)の役のイラストをあしらったものはどうなのか、なども気になるし、いよいよ、9条破棄を含めた”憲法改悪”を目論んでいる安倍総理を異様に崇め、おべっかを使う風潮は、着実に政官全体に広がってきた様子だぞ。
(さらにいえば、こうした「戦争反対」すらも「示威的・政治的発言」としてカテゴライズしていくことで、国民がこれらについて話題すること自体に圧力をかけ、一般市民側の一切の発言力や言論の自由を奪ってしまおうとしている思惑すら感じてしまう。)

そのままこの政権をのさばらせてしまうと、ますますそこに張り付いているカルト宗教集団も膨張していき、いよいよ(彼らが悲願を抱いている)大日本帝国の再来になってくるし、もっともっと国民が現実をよりはっきりと理解・認識し、この状況に危機感を持つ必要があるんじゃないかな。

おススメ記事&広告

 
Pocket