■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ヘッポコ】政府、自治体からのコロナ検体の受け入れを拒否!変異株が全国で急増し”キャパオーバー”か!?→国レベルの「高精度の調査」が全く出来ない現状に苛立ちの声!

【ヘッポコ】政府、自治体からのコロナ検体の受け入れを拒否!変異株が全国で急増し”キャパオーバー”か!?→国レベルの「高精度の調査」が全く出来ない現状に苛立ちの声!
Pocket

どんなにゅーす?

・熊本県が、新型コロナの変異株に感染した可能性のある検体の一部を国立感染研の確定検査に回していなかったことが判明した。

全国で変異株による感染が急増していることで、政府が検体の受け入れを抑制させていることが原因とみられており、国レベルによる「高精度の検査」が全くできていない現状に、国民から苛立ちの声が上がっている。

熊本県内「変異株が主流」 新型コロナ、県が推定

熊本県は19日、新型コロナウイルスの変異株に感染した可能性のある検体の一部を国立感染症研究所(東京)の確定検査に回していないことを県議会厚生常任委員会に報告した。変異株が全国で急増し、国が検体の受け入れを抑えたためだが、県健康危機管理課は「県内では既に変異株が主流になりつつある」との見方を示した。

厚生労働省は県に対し、コロナ感染者の約40%について変異株感染の可能性を検査するよう要請。さらに3月24日付で、変異株感染が確定した患者の同居家族や職場の同僚らの場合は、経路が明らかとして、検体提出は不要と通知した。

~省略~

県の検査では「N501Y変異」の可能性があるかどうかは分かるものの、英国株や南アフリカ株、ブラジル株などのいずれかは感染症研究所のゲノム(全遺伝情報)解析でないと特定できない。

~省略~

【熊本日日新聞 2021.4.20.】

全国で変異株によるコロナ感染が急増している中、政府が自治体からの検体受け入れを抑制!あまりに「ポンコツ過ぎる政府」によって日本国内はますます「コロナ地獄」に!

出典:国立感染症研究所

現在、日本国内で変異株による新型コロナ感染が急増していますが、そんな中で、国が検体の受け入れを抑制していることが判明しました。
自治体による検査の場合、どうしても精度や解析力に限界がある中で、”頼みの綱”である国立感染研の検査体制さえこのような始末なのですから、このままだと詳しい実態調査もロクにされないまま、日本国内で変異株による感染爆発が加速する可能性があります。

まさに、絵に描いたような「ポンコツ政府」としか言いようがないし、政府だけでなく、大阪や東京を中心に、地方行政においても為政者があまりに無能なせいで「無用な感染爆発」が各地で起こっているように見えて仕方ない。
上の記事は熊本県内のコロナ感染の実情について報じているけど、すでに、全国各地で「変異株」による感染が主流になりつつあり、じきに「古いバージョン」は完全に淘汰されてなくなりそうな感じだね。

まさしく、PCのOSともとてもよく似た「日頃からの頻繁なバージョンアップ」ですね。
以前に「新型コロナとワクチンとの関係は、コンピューターウイルスとセキュリティーソフトとの関係に似ている」とも述べましたが、言うまでもなく、現在接種されているワクチンはじきにまったく効果を発揮しなくなると見て間違いなさそうですし、ウイルスが日々バージョンアップしていけば、同じくワクチンも「バージョンアップ」していかないといけないというわけですね。

全く、実によく考え出された「半永久的な全人類からの富の搾取システム」だし、今の菅政権があまりに無能なお陰でワクチン接種が大幅に遅れているものの、巷では「何やってるんだ!」「早くワクチンを確保・接種しろ!」との怒りの声が多く上がっている状況であり、こうした現状をみる限り、ボクには”暗黒の未来”しか見えない
本来であれば、「何やってるんだ!」「早くにワクチン以外の有効な対策を全力で講じろ!」と怒るべきはずなんだけど…最近の日本社会は、(今まで以上に)何から何まで違和感ばかりだね。

ワクチン接種が進めば、現在よりは(見た目上)感染・発症が抑制されるかもしれませんが、それと引き換えに「非常に大きなもの」を失うことになるはずです。
事態は非常に良くない方向に進んでいますが、そう遠くない未来に、私たち人類にとって「非常に大きな出来事」が起こるのは確実でしょう。

日本においても、「東京五輪(中止)」や「総選挙」など、近いうちに「非常に大きな出来事」が待っているし、この先の日本や世界がどこに向かっていくのかについて、よく見ていくとしよう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事