【ヤバすぎ】沖縄知事選、自公・佐喜真陣営がなり構わぬ選挙運動!田中龍作氏「『佐喜眞って書きました』のウソは通用しない。写メで撮影させるから」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年9月30日に投開票を控える沖縄県知事選において、自公候補の佐喜真淳氏を勝利させようと、度を超えた”異常”な選挙運動が展開されていることがネット上で指摘されている。

・ジャーナリストの田中龍作氏は、「学会だけじゃない。自民党も企業ぐるみで期日前投票に行かせている。『佐喜眞って書きました』のウソは通用しない。写メで撮影させるから。」とツイート。創価学会や自民党に近い企業が組織力をフル動員させながら、学会員や従業員を期日前投票に行かせている実態が浮かび上がっている。

【沖縄県知事選挙】自民党「玉城は射程に入った、逆転できる」

自民党の最新情勢調査が官邸筋から流れてきた。「玉城44」「佐喜眞35」で、玉城デニー候補が佐喜眞淳候補を9ポイントリードした。この数字に自民党選対本部は「玉城は射程に入った」「十分に逆転できる」と踏んだようだ。

圧倒的な知名度で告示前は優勢が伝えられた玉城だが、幕が上がってからは苦戦しつつある。理由は選対の ぬるさ である。市民選対の体裁を取りながら複数の政党が入り、統一性を欠いているのだ。

【田中龍作ジャーナル 2018.9.17.】

「やや先行」情報の市民候補・玉城陣営に対し、安倍シンパ佐喜真陣営が(宗教・企業の)組織をフル動員!投票用紙を「写メ」させてまで投票を強要しているとの情報も!

沖縄県知事選がいよいよ混沌とした事態になってきているようです。
「接戦」「やや先行」と報じられている、市民候補の玉城氏に対し、権力・既得権候補の佐喜真陣営は持ち前の宗教・企業の組織をフル動員
しまいには、投票用紙を写メさせてまで、佐喜真氏への投票を強要しているとの情報までも出てきています。

ネット上でも怒りの声が殺到しているけど、これが事実であればとんでもないことだろう。
選挙において誰に投票したのかは、言うまでもなく誰にも教える必要は無いし、特定候補の投票を強要したり、誰に投票したのかを無理矢理報告させるのは、「秘密投票」を定めている憲法15条および公選法に違反している可能性が大だ。

この件についての問い合わせに対して、選管側は厳正に対処することを表面的には明言しているものの、(前にも話したけど)佐喜真陣営は、実質的に日本を支配している権力層(グローバル資本・日米安保マフィア・既得権層・長州閥系特権階級)が送り出している候補のため、半ば、選管や警察も見て見ぬふりで、どんなズルでもまかり通ってしまいやすい状況だからね。
これだけでも、玉城候補は相当に大きなハンデを抱えたような状態なので、まさしく、これを跳ね返すほどの市民側の結束力と行動力が求められる状況だ。

玉城さんを貶める目的で作られた悪質デマサイトは、大手ネットメディアがこれを詳しく報じたことでそそくさと閉鎖・逃亡したようですが、佐喜真陣営は、これにも懲りずに様々な汚い手段で有権者を騙しながら、法令違反ももろともせずに非合法な選挙運動を展開していく可能性が大です。

表向き「民主的な選挙制度」が敷かれている中、7割以上の市民側が大きく一致団結すれば、これらの小手先のインチキやズルもなかなか通用しづらくなるのも確かだ。
玉城陣営は、出来うる限りの力と結束力を発揮させて、県民の心に大きく訴えかける選挙戦を徹底させる必要があるし、ボクたちも細かな情報発信を通じて、少しでも玉城氏当選の後押しが出来るように、出来うることを根気強く続けていこう。

はい!私も気持ちを引き締めて頑張っていこうと思いますっ。

おススメ記事&広告

 
Pocket