■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

「KAZU1」不明事故、ロシア側に不明者が漂流か!?露側から海上保安庁に連絡!「ライフジャケットを着用した漂流者を発見したが、悪天候により見失った」

「KAZU1」不明事故、ロシア側に不明者が漂流か!?露側から海上保安庁に連絡!「ライフジャケットを着用した漂流者を発見したが、悪天候により見失った」
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年4月28日、知床の遊覧船「KAZU1」不明事故について、ロシア国境警備局から海上保安庁に「ライフジャケットを着用した漂流者を発見したが、悪天候により引き揚げられずに見失った」との連絡があったことが判明。29日に海上保安庁が明らかにした。

・また、ロシア側がリュックサックを見つけて引き揚げており、その中には、これまでに発見された乗船者の名義の銀行カードが入っていたといい、一部の乗員乗客がロシア側に流されている可能性が高まっている。

ロシア、国後島の西沖で「遭難者見失った」 リュックのみ引き上げる

北海道の知床半島沖で26人が乗った観光船「KAZUⅠ(カズワン)」が行方不明となった事故で、第1管区海上保安本部は29日、ロシア国境警備局から1管本部宛てに28日夕、「ロシア警備艦が漂流者を発見したが、荒天のため引き揚げられず見失った」とファクスで連絡があったと発表した。

~省略~

一方でロシア側はリュックサックを見つけて引きあげており、その中には、これまでに発見された乗船者の名義の銀行カードが入っていたという。

【朝日新聞 2022.4.29.】

出典:FNNプライムオンライン

岸田政権が(先人が懸命に築いてきた)日露関係をぶち壊した中、ロシアから「漂流者を見つけたが悪天候で見失った」「リュックサックを引き上げた」と連絡が…!

「KAZU1」不明事故について、私たちも乗員乗客の方がロシア側に流されてしまっている可能性を心配していましたが、やはりその可能性が高そうですね…。
岸田総理が戦後に先人が苦心して築いてきた日露関係を完全にぶち壊してしまった中、(この連絡内容が本当であれば)岸田政権は自らの悪政を認めつつロシア側に感謝の意を述べなければならないでしょう。

確かに、このロシアからの連絡が全て本当かどうかは確かめようがないけど、少なくとも、岸田政権がウクライナ戦争において(ジャパンハンドラーからの脅しに屈服することなく)ロシアへの対応を慎重に行なっていれば(優れた調整能力を発揮していれば)、不明者の捜索において本格的な協力を取り付けることが出来ていたはずだ。
ウクライナ戦争の本質や実態をろくに知ろうともせずに(いや、知っててあえてやってるのかもしれないけど)欧米に完全にお追従した上で「ロシアによる戦争犯罪」と一方的に非難し、向こう見ずな過激な対露制裁を吹っ掛けてしまったことで、今や断交の危機にまで発展してしまっている中で、いくら日本側が「捜索に協力してくれ」と強く要求しようとも、まともにロシア側がこれに応じることなどまず有り得ないと考えるべきだ。

あるいは、捜査に協力する代わりに厳しい要求を突き付けてくる可能性もあるでしょうし、岸田政権の悪政と外交の大失敗によって、遭難者の方々の捜索に大きな障壁が立ちはだかっていることは間違いないでしょう。
私たちは、これまで一貫して、岸田政権による過激で強行的な対露政策を強く批判しながら、「隣国」である以上、国民の命や暮らしを最優先にしたひときわ慎重な対応を行なうべきと指摘し続けてきましたが、早速、こうしたメチャクチャな岸田外交の弊害が私たち国民に多く降りかかってきています

どうもここのところ、自民党政権を批判してきた人々の間でも岸田政権に対する批判の声が弱くなってきているように感じるけど、早くも「自民党のお家芸」とも言える売国性がむき出しになっているうえに日本国民の命や生活が戦後かつてなかったまでに大きく脅かされている今こそ、怒りと抗議の声を最大限あげるべきだ。

大手の世論調査で強行的な対露制裁に賛同する声が多数を占めてしまっている中、この先も岸田政権はますます常軌を逸した過激な対露政策に突き進んでは、最悪ロシアとの断交や(ここに憲法改悪も加わって)深刻な軍事脅威に見舞われる危険すら大きく高まっています
とにかくも、一日も早くに全ての不明者が見つかることを強く願っていますし、岸田政権は、今こそ自政権の重大な失策を真摯に認めたうえで、ロシアに対し本格的な捜索協力を仰ぐべき状況にあることは間違いないでしょう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事