日米電話首脳会談に”捏造疑惑”が浮上!マスコミ発表「28日22時33分より30分間会談」→22時45分にトランプ氏が「安倍総理に概要を伝えておいた」とツイート!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年4月28日夜に約30分間行なわれたとされる日米電話首脳会談について、”捏造疑惑”が浮上している。

・首相動静によると、22時33分より30分間会談が行なわれたと発表されているものの、トランプ大統領が22時45分に「安倍総理には北朝鮮交渉の経緯を伝えておいた」と、会談を終えたことを示すツイッターを更新実際には、安倍総理はトランプ氏から一方的に概要だけを短く伝えられただけで、矢継ぎ早に電話を切られた可能性が浮上している。

↓大手メディアは「日米電話会談をおよそ30分間行なった」と報道。

日米首脳、南北会談「平和と安定へ歴史的一歩」

韓国と北朝鮮による南北首脳会談を受け、安倍首相は28日夜、トランプ米大統領と約30分間、電話会談を行った。

日米両首脳は、南北首脳が「朝鮮半島の完全な非核化」で合意したことについて、「北東アジアの平和と安定に向けた歴史的な一歩」と歓迎した。また、北朝鮮が非核化などに向けて具体的な行動を取ることが重要だとして、今後の動向を注視することで一致した。

首相が会談後、首相公邸前で記者団に明らかにした。

【読売新聞 2018.4.29.】

首相動静(4月28日)

午後10時33分、トランプ米大統領と電話会談開始。同11時3分、電話会談終了。

【時事通信 2018.4.29.】

↓ところが、22時45分にトランプ大統領がツイッターを更新。
「韓国の文大統領とは長時間、実にいい話し合いをした。事態は非常に上手くいっている。北朝鮮との会談の場所と日時をどうするかを決めているところだ。それから、日本の安倍総理には交渉についての経緯を伝えておいた。」

↓上記のトランプ氏のツイートを見た政治学者のイアン・ブレマー氏のツイート。
「日本は伝えられた(だけ)…彼らは北朝鮮交渉において、完全に”蚊帳の外”にいる。」

日米電話会談の中身は、トランプ氏から一方的に北朝鮮交渉の概要を矢継ぎ早に告げられただけか!?行なわれた時間についても”捏造疑惑”が…!

約30分間行なわれたとされる日米電話首脳会談について、”捏造疑惑”が浮上しています!
ご覧のように、「会談の最中」とされる時間帯に、トランプ氏が「会談を終えた」ことを示すツイートを更新したことから、実際にはものの数分で終わってしまった可能性が出てきています。

政治学者のイアン・ブレマー氏のツイートにも象徴されていますが、まさしく安倍総理は誰がどう見ても”蚊帳の外”の様相になっていますね。

今の安倍総理はもはや「蚊帳の周りをプンプン飛び回るうっとうしい蚊と化している」との評価も多いけど、しまいには、安倍総理の存在感を何とか示すために、会談の時間を”捏造”した疑惑まで出てくる始末だ。

ネット上では、「トランプのツイッターを更新しているのは本人じゃないに決まってる!」などと(願望を)喚いた上で、必死にこの疑惑を否定している安倍サポーターの姿が見られるけど、そもそもこのツイートのトランプの語り口を見ても、日本が完全に「厄介者扱い」になりかかっているのが丸わかりだし、やはり、「お前なんかにかまけている暇はない」とばかりに、トランプにさっさと電話を切られた可能性が高そうだね。

「トランペット」の安倍総理いよいよ”飼い主”に捨てられる時が来たのでしょうか。
安倍総理は今更になって、必死に北朝鮮に日朝会談を呼びかけているものの、頼みの金正恩氏からも徹底的に無視されている状況みたいですし、今や、全世界に安倍総理の無能さとみっともなさがこれでもかと露呈される事態となっています。

公文書の改ざんに続き、首相動静まで改ざんとなれば、もはや「史上最凶のペテン政権」確定だし、まったく、これでもかというほどに安倍政権の本質と実態を露呈する事態となっているね。

おススメ記事&広告

 
Pocket